<   2018年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

昨日はケモの日

昨日は
ケモ(抗がん剤治療、延命治療とも言うのです)の日
血液検査の結果投与OK! なぜかほころびるのです、顔が、、、
2投1休が私にはあっているようです。骨髄抑制があるので今回は白血球が基準値を少し下回りました。
でも、投与OK!
帰宅途中○牛で牛丼大盛りに卵、味噌汁、計670円
満足して帰宅しましたが少々胃がチクリ、チクリ。夜の食事は抜きです。

ミサゴを待つ間カルガモさん到着。着水成功。
a0330864_00351447.jpg

a0330864_00352495.jpg

a0330864_00353288.jpg

a0330864_00354399.jpg

来る時は知らせてほしいなぁ、あわてて照準機を合わせて連写。何とかものになりました。

昨日昼食後胃が痛む状態。でも撮影を終えて帰宅。
ベッドになだれ込む。どうもお腹も変。
吐き気は無いがケモを前にして何たる事。
検温、36.5℃ 熱は無い。
トイレに3度駆け込むがスッキリしない。この際胃腸薬。だめ30分たっても1時間たっても変化無し。
これは毎年経験する胃腸風邪に症状が似ている。といっても今は事情が、、、
もう一度私の常備薬日野百草丸9粒、不思議ですね1時間もたたないうちに楽に、トイレへ行けばお決まりの下痢。
スッキリしました。検温、変わらず。胃もスッキリして副作用でないことを喜ぶ。

今日担当医に一連を話すと「胃腸風邪ですね。百草丸飲んでもいいですよ」
安心した。
ケモ2回目がすんだので11/13日までは骨髄抑制が収まるでしょう。
その代わりといってはなんですが今週一週間が一番白血球の数が減るので気をつけなきゃ。

しかし抗がん剤投与の当日はまったく眠れない。いつものことだから・・・・・
朝まで、、、しかしこうも頭が覚醒するのも不思議だね。
なんでも抗がん剤を投与中薬が固まらないようにステロイドも同時に投与。それが不眠症の原因だとか、
どんまいどんまい、眠くなったら寝れば良い。朝まで付き合うなら明日寝よう。



遜 龍明





by fotografkei | 2018-10-31 01:23 | 鳥写真 | Comments(2)

お約束事

おはようございます。
今日は眠くて仕方がありません。秋深し毛布を探る季節かな。

わが市の市民展が今日から会期1週間で行われます。
嬉しいことに「クラブ写遊アサヒ」から市長賞が選ばれました。
事務局長の私は自分のことのように嬉しくてたまりません。その喜びは数年前に私が受賞した時のことがよみがえってきます。
市長賞は今回で2例目となります。他各賞を受賞された方も含め、すばらしいクラブと自負しております。

もうひとつ、オリンパス鳥コンテスト(超望遠編)に入賞しました私の作品が10/26から東京で展示されています。
一般公開までは作品を公開することはできませんでしたが、もういいでしょう。

「うるさい」←クリックしてください。

中国から毎年春になると飛来する「ギンムクドリ」、非常に珍しい鳥のひとつです。
今年で6年、来年は逢えるかな? 日本でも数箇所でしか目撃情報がありません。
数日通いました。最後と思われる今期、すばらしい出逢いがありました。

どんな鳥でも数重ねて出逢うことで思わぬシーンに巡り合えます。それが私を鳥撮影に夢中にさせた経緯です。
ミサゴもその一例。同じようなシーンでもただひとつとして同じショットはありません。

今日は市民展初日。朝一番で駆けつけようと思っております。



遜 龍明






by fotografkei | 2018-10-28 09:05 | その他 | Comments(8)

子連れ狼

10/23パナソニックDC-G9のファームアップ
オートフォーカス性能の改善
・AFCモードでAF追従した際の背景に抜ける現象を改善しました。

早速ファームアップ後のテスト。やはり背景にAFが引っ張られるのは改善されていないような気がするんだけどなぁ、、、
撮影は1回、ミサゴの飛来は一日1回だからまだまだ研究の余地あり。

a0330864_06531102.jpg

頭のほぼ真上でロックオン。尾羽でブレーキをかけている。
その後、ダイブから空抜けまでピンボケ量産、また、秒間20枚の電子シャッターでは50枚しかバッファーに貯められない。
肝心のダイブまでにシャッターが切れなくなってしまう。

a0330864_06532314.jpg

ここはもとのメカシャッターに戻すしかないようだ。秒間9枚のメカシャッターであれば80枚まで貯められるのでダイブと水面からの飛び出しが撮ることができる。

a0330864_06532908.jpg

a0330864_06533843.jpg

しかし、メカシャッターとなるとファインダーを覗いての撮影が難しくなる。画像が点滅するので焦点距離を伸ばすと被写体が画角から外れてしまう。
照準機便りの撮影になるのかなぁ、まだまだ課題は多く残っているようだ。

a0330864_06531858.jpg

ところでここ数日狩りに来る固体は子連れ、親と思われる固体が狩をした後、子供と思われる固体が絡んでくるシーンが見られる。今回は何とかそんなシーンを撮ることができた。

今日は古き友人との再会。あいにくの天気ではあるがカメラ談義に勤しんできます。



遜 龍明




by fotografkei | 2018-10-27 07:16 | 鳥写真 | Comments(0)
昨日はケモの日、2投1休になって白血球が見事基準値内に回復していた。
何の問題もなく抗がん剤投与。お昼はカツどんを食べてやりました。

a0330864_19201402.jpg

月曜日に撮影した分ですが、風も無く池は凪、
今年初見のオオバン

a0330864_19202362.jpg

雲ひとつ無い空にはダイサギが優雅に飛んでいった。

a0330864_19204158.jpg

それでもミサゴは13:36pm飛び込んでくれました。
湖面が少し波立たないと水面を泳ぐブラックバスが警戒して逃げてしまう。

a0330864_19205988.jpg

ミサゴがこの池で狩りをするのは何も私たちカメラマンだけが知っているわけではないようです。
偶然に双眼鏡を覗く男性が写っていました。

そういえば、池の周りを散歩する方たちは口をそろえたように「今日来た?」
って声をかけてくださる。

今日も行ってきましたがダイブするところがスタンス位置からかなり遠いため作品にはならないようだ。
明日も出かけます。なぜかミサゴは何度撮影しても飽きの来ない鳥です。ファインダーには一生懸命上空から魚を探す目、
羽ばたけば魚に気づかれ逃げでしまう。滑空の状態から突如羽ばたきして急降下をしたかと思うと一気にロックオン。その速さはともすればカメラが追いつかない。
毎回同じような作品ですが撮影している私はワクワク感で通ってしまう。この池での狩りは今月までかな? 
農業ため池の多いわが市では狩場を見つけるのはさほど難しくは無い。情報が入ればまた出かけるんだろうな。別の池に、、、



遜 龍明




by fotografkei | 2018-10-24 19:44 | 闘病 | Comments(0)

作品展のお知らせ

作品展の知らせ

その1 わが市尾張旭市の市民展が行われます。

期間:10月28日(日) ~ 11月 4日(日)10:00~17:00 (最終日は16:00まで)
会場 スカイワードあさひ 1階・4階・5階

私も出品しております。絵画のような写真「奈良井宿」の思い出を切り撮っています。

a0330864_14491885.jpg

お近くの方はぜひご来場をお待ちしております。

その2
第7回 写愉展
プロ写真家 蜂須賀秀紀氏を師とする門下生のクラブです。
2科に所属するクラブ員の集まりである写愉会はユニークな作品の集まりです。
写愉会では課題を決めクラブ員が1年間撮り集めた中からの作品。
また、自由課題ではそれぞれこだわりを持った作品が大判ロール紙に印刷された作品は毎回来場者の関心のひとつです。
ぜひご来場いただきご観覧ください。(私は鳥写真「食」を画題とし展示しております)

a0330864_15012097.jpg
会期11月9日(金) ~ 11月14日(水)
会場 フォトシティーワキタギャラリーA.B
名古屋市中区大須交差点近隣




遜 龍明







by fotografkei | 2018-10-23 15:07 | その他 | Comments(2)

明日はケモ

明日は2週間ぶりにケモ、体調はすこぶる良し、
明日はケモ先生に質問。足の痺れ、肌荒れ、歩行中両足の膝が抜ける? 
今日も撮影後駐車場へ通じる歩道で視界が一瞬変わる。
どうしたことかまったく意識もせず突如膝の力が抜け転ぶ。帰宅後自宅の階段を下りている途中。一番最後を踏み外す。
そのまま廊下に転げ落ちた。頭を打たなくて幸いであった。
体がどんどん老いていくようで情け無い。「老い」ってこういうことなのだろうか?

またミサゴ? 
a0330864_20550690.jpg

a0330864_20551510.jpg

a0330864_20552380.jpg

a0330864_20553277.jpg

a0330864_20554058.jpg

a0330864_20554889.jpg

a0330864_20560339.jpg

a0330864_20561312.jpg


そうなんです。今日はカワセミも撮影したが思うところに出てくれない。
冬鳥の情報もないし、さすがミサゴのフィールドには多くのカメラマン。
「鳥が来ないんだなぁ~」
私はこれでいいですよ。家から車で5分。
しかし足の痺れで長時間の運転は禁物。人様に迷惑をかけては申し訳ない。
今度出かけるときは装備を背中に背負うことをやめ、カートに乗せて引っ張るかな?
どんどん思わぬ副作用が出てくるような、不安は隠せない。
受け入れがたい。



遜 龍明

by fotografkei | 2018-10-22 21:20 | 闘病 | Comments(2)

ミサゴの水切り

ミサゴは水面から飛び上がると必ず「水切り」行動を行うのです。
いつの時点かは不明。体を震わせ、羽毛についた水滴を振り払うのです。
偶然にもそんな姿がありました。連続写真でアップしますね。

a0330864_14343534.jpg

a0330864_14344227.jpg

a0330864_14344909.jpg

a0330864_14345770.jpg

a0330864_14350471.jpg

a0330864_14351002.jpg


もっと近影であれば飛沫が写り込むんでしょうが何せ遠いものですから、
これでも784mmで撮っているんですが、大空を舞うミサゴ。

いつもミサゴの作品ばかりで申し訳ないです。出かけられる撮影地は限られています。
週が明けると火曜日にはケモです。空気が乾燥し、マスクは欠かせない。
乾燥肌は保湿剤でなんとなくですが改善されたような・・・、
でも、半日の撮影から帰って来ると疲れて更新まで至らないのが現況です。
でも、でも元気です。
こうして撮影した作品がアップできるのは幸せなのかも、、、、
今日と明日は撮影を控えます。(血液検査の結果、骨髄抑制が心配で待つ身の辛さ)

寒くなってきました。皆様には健康であられますように!!!



遜 龍明





by fotografkei | 2018-10-21 14:52 | 鳥写真 | Comments(0)
先日長久手市にあるトヨタ博物館へ行ってきた。
a0330864_17053332.jpg

ド~ンとお出迎え、1955年発売のトヨペットクラウン。私若干5歳
それでもって撮影したカメラは1981年発売となった38歳、若いねぇ。
フィルムはかれこれ10年冷蔵庫に眠った代物。写りは何の変哲もなし。
コダックのフィルムがごっそり眠っている。そんなことはどうでもいいことだ。

a0330864_17054403.jpg

さすがのトヨタ、センスが良い。

a0330864_17055257.jpg

a0330864_17055991.jpg

a0330864_17060678.jpg

車よりポスターに目を奪われる。

今回会いたかったのは
a0330864_17061618.jpg

a0330864_17062541.jpg

そう2000GT! 色あせていない。
当時の2000GTの価格は238万円で、トヨタ自動車の高級車であるクラウンが2台、大衆車のカローラが6台買える程に高価であった。1967年(昭和42年)当時の日本における大卒者の初任給がおおむね2万6000円前後であったから、21世紀初頭の日本においては1500万円から2000万円程度の感覚にも相当する、一般の人々にとっては高嶺の花、超高額車であった。

早く冷蔵庫のフィルムを消化しなくては、、、



遜 龍明






by fotografkei | 2018-10-20 17:39 | スナップ | Comments(2)
私ですか、元気です。この頃朝寝坊するんです。今日も起きたのは08:10am
寒くなってきましたからね。布団から出られない!103.png

今日はミサゴが意外に早く飛来し、午後からはカワセミフィールドへ
こちらも午前中はよく出てくれたそうです。ちょっとばかりパシャリ!

a0330864_18243668.jpg

a0330864_18244418.jpg

食べる
a0330864_18245145.jpg

食べる
a0330864_18245878.jpg

食べる
a0330864_18250876.jpg

当然!
a0330864_18251768.jpg

カワセミも秋に耽っているんでしょうか? 秋満喫。

てなわけで私も赤く実った柿を見つめながら涙!
そんなわけは無い。
熟れた柿に傷がついていないということはメジロが今年来ていないのかな?
「柿メジロ」今年は縁がないようです。



遜 龍明




by fotografkei | 2018-10-19 18:42 | 鳥写真 | Comments(4)

不思議な一枚

ようやくミサゴに逢えました。1週間ぶりです。タイミングが悪いとか天候が悪いとかいろいろありましたが、
逢えてよかった。

a0330864_15391887.jpg

比較的近くで飛び込んでくれましたのでラッキーです。

a0330864_15392770.jpg

ありふれたカットですね。

a0330864_15393642.jpg

この大きさの魚であれば明日までミサゴの空腹を満たすでしょう。

次のカットが問題の不思議な1枚です。
a0330864_15394538.jpg

ミサゴの顔は後ろ上空を見上げています。 ん~!

ある程度高度を上げたところですごいスピードで別のミサゴとニアミス。
残念ながらそこは目視。予測もしていませんでした。
皆さんもシャッターを切っていなかったようです。
しかし、魚を捕獲したミサゴは早くから気にしていたんですね。
ひょっとすると今年生まれた2世が親から餌がもらえるとでも思ったのでしょうか?
憶測に過ぎませんが、ここ何年もミサゴを撮影していて始めてみる光景でした。
さぁ、今日は早々に引き上げてきました。



遜 龍明




by fotografkei | 2018-10-17 15:53 | 鳥写真 | Comments(0)