膵臓がん闘病記 副作用のない毎日

おはようございます。 膵臓がんオヤジです。
いつものように、、、

起床 05:00 スッキリ眼が覚める。
体温 36.3℃
体重 61.5kg
血圧 上128 下82 脈拍数 89

第1回投与日より2.5kg体重が増えた。この頃食べるものが増えたからなぁ~、特に甘いものは控えているが、体が「ほしい」と囁くのですが、ここは少しで我慢。
すでに1コース目の休養日に入っている。やがて1ヶ月。
調べてみた。
第一回投与日 アレルギー反応、 吐き気、嘔吐(お うと)、 血管痛、発熱、便秘
一週間以内 疲れやすさ、だるさ、食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢
一~二週間後 口内炎、下痢、食欲不振、胃もたれ
三~四週間後 脱毛、皮膚の角化やしみ、手足のしびれ、膀胱(ぼうこう)炎

このように語られているが、脱毛以外便秘と軽い下痢症状以外何一つ現れていない。いけないのは食欲旺盛。まだ06:00だというのにお腹がすいてたまらない。

先日同じ4bの膵臓がんをご主人を持たれる方から、「おそらく副作用が現れないのは抗がん剤が効いている証拠。ご主人もそうでした。」
ご主人は先週抗がん剤1年経験され手術にいたったと聞いております。術後良好。
私もそうなるようポジティヴに過ごしたい。その方のブログに勇気付けられています。

昨日は大好きなトンカツを食べに行きました。家族そろっての食事会。メニューを見ると麦飯にとろろ、なんと私の大好物。お変わりしてしまいました。
無論トンカツも完食。生き甲斐を感じるってこのことでしょうね。まさかお替りするなんて、、、
食べられるって、幸せですよ。つくづく感じます。若干時間がたてば心配事も、、、ありません。順調に消化。

昨日は大事をとって撮影休息日。一昨日のササゴイを、

a0330864_06043666.jpg

a0330864_06044480.jpg

a0330864_06045092.jpg

a0330864_06045785.jpg

悠々食事をしていますが、何せ小さな体に大きな魚、飲み込むまでに時間のかかること。

a0330864_06051037.jpg

突如侵入者現る。ここは自分の狩場。たやすく他人(他鳥)に渡すわけには行きません。
a0330864_06051668.jpg

追いやれば一安心。
a0330864_06052665.jpg

また捕食しました。1回の飛来に2~3匹のオイカワを捕食します。
なんだかなぁ、まるで私を見ているようで、、、

I hope that today will be a wonderful day for you.
My heart friend, smileskysea, is already sending a smile and a peaceful life.



遜 龍明

名前
URL
削除用パスワード
by fotografkei | 2018-07-01 06:30 | 鳥写真 | Comments(0)

膵臓ガンとわかって闘病生活の記録、しかし、膵臓癌で余命1年と宣告された私でも生きる喜び、「カメラと共に」が私にはある。


by 遜 龍明