膵臓癌闘病記 今年もコアジサシコロニー

おはようございます。すこぶる元気。
毎日のように撮影に出かけています。病のことほとんど頭に描くことはありません。

・起床 04:00am 病を患ってから21:00には消灯眠りにつく。
・体温 36.3℃
・体重 61.3kg 退院時と比べると1.5kg増えた。
・排便 1普通量。昨晩下剤を服用した効果大。
・体の赤い発疹はほぼ消えた。
さほど食べていない。炭水化物(白米・食パン)が影響しているのかな? といっても食パンなら厚切り1枚、白米は1回100gも食していない。

昨晩はサラダとからし豆腐、マグロの刺身少々、白米抜き。毎日撮影で運動しているためもあるかも、、、明日は美術展の当番。ちょっと朝寝ができそう。
毎日の撮影で若干疲れが出たのかな、ベッドから起き上がるのに眠気眼。少し休みを取る必要がある。


昨日は「コアジサシ」のコロニーへ行ってきました。すでに雛は孵り、じっとしていない。
a0330864_04564150.jpg

a0330864_04565572.jpg

それでも母親の傍で戯れている。

a0330864_04563188.jpg

あんた、いつになったら餌をとってくるのよ。とばかりに♀は夫に対して催促。

a0330864_04570264.jpg

雛は母親のお腹の下にもぐり身を守る。

a0330864_04564738.jpg

♂は獲物をゲットして戻ってくるが自分の家族の居場所がわからず何度も上空を先回。獲物は一夜干のよう。

造成地にもかかわらず国土交通省は保護に努める。たて看板で注意を促す。確かのこのコアジサシは年々数を減らし、準絶滅危惧(NT)指定。
今のところ絶滅する危険性は無いが、生息地に変化があると将来危急種(VU)に移行指定される危険性がある。

今日は「サンコウチョウ」の様子を見てきます。情報ではまだ抱卵中とあるが日々変化があるので決定的瞬間は毎回通うか確かな情報が頼りだ。




遜 龍明

Commented at 2018-06-13 17:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fotografkei at 2018-06-13 19:14
17:31さん、こんばんは
同じ鳥を撮影される方に癌を患った方がいます。力はその方からいただいていますよ。
いまはじっとしていることはしないようにしています。太陽から免疫力を、
鳥から命を、とにかく先のことはわかりません。まだまだ片付けなければいけないことがあります。
何でも楽しんでやる! この一言に尽きます。あとは抗がん剤治療とうまく付き合うこと。
副作用にも負けない気持ちでおります。死を受け入れて天命を待つ。
家族に残すべき金員は手をつけず、家族の負担にならないよう笑顔で接するようにしています。
すばらしいコメントありがとうございました。
Commented by mochizuki13aki13 at 2018-06-13 21:34
家の姉も、乳がんからの転移で、肺・大腸等々に転移して先日50回目の抗がん剤だそうな。。。人間必ず死ぬのだから、明るく愉快にと笑うようにしているそうです。 あまりお役に立てないコメント失礼しました。
Commented by fotografkei at 2018-06-14 05:43
mochizukiさん、おはようございます。ご無沙汰いたしております。
ありがたいコメント感謝します。50回目という数を聞くと私にも励みになります。
薬が良くなってきましたし、組み合わせが幾通りもありますから、生存が伸びましたね。
私もポジティブにしがらみを捨てて楽しくやっております。
これからが勝負と笑顔だけは絶やさないように接しています。
お姉さまもポジティヴな方ですね。身内の方も安心されるでしょう。私もそうありたいと務めます。
名前
URL
削除用パスワード
by fotografkei | 2018-06-13 05:30 | 鳥写真 | Comments(4)

膵臓ガンとわかって闘病生活の記録


by 遜 龍明