常滑やきもの散歩道をゆく

今日は常滑市にあります「やきもの散歩道」を訪ねてきました。
常滑焼は日本六古窯の一つ(他は瀬戸、越前、信楽、丹波、備前の五つ)に数えられ、
この中でも常滑焼は最も古く最大の規模である。登り窯や黒板塀、「土管坂」などの情緒ある風景が見られる。
江戸時代後期に復興した常滑焼は、幕末に中国から導入された技術で斜面に連房式登り窯が作られ、大量生産が開始された。明治時代以降、陶管(陶製土管)やタイルの生産が開始され、常滑の陶管は全国の上下水道管のシェアの大部分を占めるなど、産業資材や衛生陶器の分野において全国屈指の生産地となる。

a0330864_20222292.jpg

a0330864_20222878.jpg

a0330864_20223480.jpg

a0330864_20224138.jpg

a0330864_20224832.jpg


今日は太陽が肌を焦がす半日でしたが、海に面した丘陵地、風が心地よく素晴らしい撮影日和となりました。
カメラ:SONY α7
レンズ:CANON f1.2/50mm
露出はf1.2,2.0,5.6の3つで撮影。
古き良き街並みをモノクロで切り撮ってみました。


by Capa

Commented by kyuujitunituki at 2015-06-06 20:58
Capa様、こんばんは。
銀黒瓦とバックの建物の今昔のギャップが良いですね。
歴史と現代を感じながら歩かれたようですね。
お忙しい中、歴史という時間を感じてこられたようですね。
明日が早いのでこの辺で失礼します。
新しいツバメの巣、一軒はほぼ完成・もう一軒は明日完成予定です。
名前
URL
削除用パスワード
by fotografkei | 2015-06-06 20:31 | Comments(1)

癌です。でも元気です。たぶん鳥撮影が私をポジティヴに!


by 遜 龍明