映画の中でスチル写真を学ぶ

スチール写真「スチル写真(スティル写真)」、単にスチル(still)とは、動きのない写真のことである。
通常、ある一瞬を1枚の画像に撮影したものであるが、長時間露出や連続写真もスチルである。
スチルに対して、動きのある映画はシネ (cine)、シネマ (cinema)、ムービー (movie) とよばれる。

写真もムービーも見る側にとって、製作者・脚本家の意図としたものの集約である。
「1枚の写真」、それは物語の1カット。動きのある映画のスチル写真。

a0330864_07574475.jpg

a0330864_07575035.jpg

映画の1シーンの撮影は、映画原版からの抜き出しではなく、専属のカメラマンによりおこなわれる。この場合、映画のスタッフクレジットは「スチル」「スチール」と表記され、スタッフの呼称はスチルカメラマンである。

a0330864_07583041.jpg

a0330864_07583980.jpg

a0330864_07584580.jpg

カメラを持って撮影に出かけた時、すでに映画は始まっているのです。
撮影場所においてカメラマンは流れる時間の中でストーリーを描き、感動する場面を1カットに収める。
その1カットは単に1枚の写真ではなく、サクセスストーリー(success story)を切り撮るスチルカメラマン。
successとは成功、storyとは物語、
カワセミの写真も物語の中の1シーン、私は常にストーリーを頭に描き作品を残すよう心掛けている。
近年どんなに写りの良い写真もストーリーの1カットでない限り廃棄するようにしている。
感動する写真とは出来の良いスチル写真ではないだろうか?


by Capa

Commented by kyuujitunituki at 2015-05-23 10:01
Capa様、おはようございます。
何時も温かい、励ましのコメントをありがとうございます。
私の鼻も褒められすぎで、鼻高々になり明日は阿蘇根子岳の天狗岩にでも行ってこようかと
思いました(笑
プロの方には失礼ですが、ここれ程、鳥の躍動する瞬間を納めることができるとは素晴らしすぎです。
どんな撮影姿で撮られているか、一日おつきの人になって勉強したいと思うくらいです。
三脚もちなら何とかできそうですからね(笑
楽しい瞬間を考えながら撮り続けたいと思います。
ありがとうございました。
Commented by fucanon at 2015-05-23 21:12
こんばんは、
流石ですね、どれも素晴らしいの一言で感動しております
ストーリーを考えながら、確かにCapaさんの作品にはどれもすとーりーが宿っていますね
私は撮るのが精一杯、いつになったらCapaさんのように感動を与える写真が撮れるのでしょう
意識を変えないといつまでも撮るだけで終わってしまうのでしょうね
名前
URL
削除用パスワード
by fotografkei | 2015-05-23 08:20 | Comments(2)

癌です。でも元気です。たぶん鳥撮影が私をポジティヴに!


by 遜 龍明