ミヤマホオジロ狙いで行ってきました。

今日はゆっくり起床
のどが痛い??
まさか、こんなに元気なのに・・・
外に出れば治る!
というわけで、お約束通りミヤマホオジロに逢ってきました。

シロハラ♂
a0330864_16302373.jpg

スズメ目ツグミ科。全長 24cm。背面は暗オリーブ褐色,喉は暗灰色,腹は白い。ロシア沿海地方,ハバロフスク地方,中国東北部と,朝鮮半島などに繁殖分布し,日本や朝鮮半島,中国南東部で越冬する冬鳥。雌雄同色であるが雌は顔や腹が白っぽい。

ミヤマホオジロ♂
a0330864_16293853.jpg

スズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類される鳥類、夏季に中華人民共和国や朝鮮半島、ウスリーなどで繁殖し、冬季には中華人民共和国南部や日本、台湾へ南下し越冬する冬鳥。

ミヤマホオジロ♀
a0330864_16295423.jpg

全長が約16 cm、翼開長が約21 cm。雌雄ともに頭頂の羽毛が伸長(冠羽)する。尾羽の色彩は褐色で、外側の2枚ずつに白い斑紋が入る。

同♂
a0330864_16292032.jpg


アオジ
a0330864_16300873.jpg

同じくホオジロ科の鳥。翼長7cm。極東地方および中国西南部に分布し,日本では本州中部以北の低木林で繁殖し,冬は温暖地の林ややぶにすむ。地上または低い枝に皿形の巣を作り,草の種子や昆虫を食べる。
体色から観ておそらく♂の個体、この写真から雌雄確実なる判別は不可能。

359ショットほどシャッターを切ったが結局RAW現像したのは20ショット。ほとんどがごみ箱行きでした。キャッチライトが入って、全体の雰囲気が伝わる作品だけを残した。
あすは・・・、(薬を飲んで早く就寝)
起きたら考えます。
今日は熱燗にしておいたほうが無難ですな。蒸留水でうがいをして・・・



by fotografkei | 2015-01-08 17:07 | 小型野鳥

野鳥撮影を主に発信しています。


by 遜 龍明