恋の季節?

今日2度目の発信です。
水鳥はそろそろ恋の季節、カルガモ(軽鴨)は「軽の池」(奈良県橿原市大軽周辺とする説もあり)で、
夏季も含めて見られたカモであったことに由来すると考えられている。

鳥綱カモ目カモ科マガモ属に分類される鳥類。翼長オス25.4-27.6cm、メス24.3-26cm、雌雄見た目では判別不可。

a0330864_21422123.jpg

a0330864_21423276.jpg

a0330864_21424371.jpg

お熱い仲053.gif

a0330864_21425148.jpg

a0330864_21425956.jpg

a0330864_21432200.jpg


文献によると繁殖期前期(交尾から栄巣地の探索程度まで)はつがいで行動するが、メスが抱卵・育雛を行っている間、オスは概ねオスだけの群れを形成する。
繁殖期が終わると、まずメス親とヒナとの関係が消失する。その後は不透明であるが、越冬期前には、雌雄で構成される大群を形成する。

そのうちに雌の後を雄が付いて回り、他の雄を近づけないようにけん制する。
その頃には雄と雌の見分けがつくのです。037.gif



by fotografkei | 2014-12-27 21:49 | 水鳥

野鳥撮影を主に発信しています。


by 遜 龍明