タグ:OLYMPUS 75-300 ( 5 ) タグの人気記事


2016年 06月 18日

ちょっと撮影に、



a0330864_20513928.jpg

依頼写真の撮影です。
ベリーダンス、中近東からアラブ地方に伝わるダンス。
おなか周りを気にする私は撮るだけではなく、習わなくては・・・

プロフィール写真から想像してみてください。
「だれですか、前かがみにトイレに駆け込むのは」



遜 龍明







by fotografkei | 2016-06-18 20:54 | アート写真 | Comments(6)
2016年 03月 26日

冷静と情熱の間



カタクリの花園
a0330864_10190696.jpg

被写界深度が深いので丸く穴のあいた極々透明なP板を当てています。

a0330864_10191981.jpg


a0330864_10191282.jpg


比較的この3枚がイメージ通りの色が出たような・・・

今日はまた花粉の状態が最悪!
外出は控えよう!!!



遜 龍明




by fotografkei | 2016-03-26 10:24 | 花写真 | Comments(4)
2016年 03月 25日

今年初撮り(サクラ)



今日はサクラ初撮り、
ってまだほとんど咲いていないけど、、、

a0330864_21505509.jpg

目的はカタクリの花、
思った色が出ていないので今一つ納得がいかない!

a0330864_21503224.jpg

ついでのサクラがメインって?

a0330864_21504702.jpg

良い光だったんだよね。
スポット測光で背景を暗く、
空を背景、ハイキーに
春らしいなぁ
ちょっと寒かったけど。

今日は花粉もさほどでなく、
2重のマスクで防御、
でも目はどうすることもできなく、泪でピント合わせが・・・


遜 龍明






by fotografkei | 2016-03-25 21:57 | 花写真 | Comments(6)
2016年 02月 27日

梅メジロ



a0330864_18052117.jpg

早く春よ来い!
まだ寒い風の中、メジロと戯れてきました。

a0330864_18052925.jpg

時折ひょうきんなポーズを魅せてくれる。
「春はもうすぐだよ~」

a0330864_18053987.jpg

ジョウビタキのお嬢さんも、
梅もそろそろ終わりかな?

しだれ梅はまだ蕾だけど、十五の乙女、
また逢いに来るとしよう。



遜 龍明






by fotografkei | 2016-02-27 18:15 | スナップ | Comments(4)
2016年 02月 25日

久しぶりにオリンパスのレンズ



舞台撮影に活躍してくれていたパナソニック Gx7、しばらく眠っていたオリンパス・ズイコー75~300mmの組み合わせ、持ち歩くに軽く便利。
普段使っているキャノン600mmf4と1Dxはとても重くて持ち歩くには不便(歳)になりました。
a0330864_20153922.jpg

購入以来防湿庫で眠っていたレンズ、日干しに持ちだしてみた。もともとカメラの画素数は1,600万画素。マイクロフォーサーズ、ドイツのライカとパナソニック・オリンパスが共同開発した撮像素子、いずれもマウントに互換性があり交換しての使用が可能。
メカニカルにデジタルズーム4倍が備わり、アスペクト比と記録画素比を指定すれば4,800mm(EXテレコン使用時)の極超望遠となる。

a0330864_20154963.jpg

意味不明? ですな。
レンズのテレ端が300mm、マイクロフォーサーズの撮像素子はフルサイズ換算2倍、さらにデジタルズームで4倍、さらにさらにEXテレコンで2倍。
300X2X4X2の4,800mmとなるのであります。
EXテレコンは記録画素数が400万画素と少なくなるので決して解像度に満足いくものではありません。しかし、その半分の2,400mm、画素数は4:3のアスペクト比で1,588万画素が可能となるのです。
たとえば写真を全紙に引き延ばすとして求めらるデーター量は最低1,000万画素、出力解像度は400dpiあれば十分プリントできるのであります。

a0330864_20160509.jpg

かなり離れた被写体もこのように、

a0330864_20155796.jpg

かなり満足いくものである。

a0330864_20403800.jpg

2,400mmとなれば画角が狭くなるので動体撮影が難しくなるが、ゼロではない。

a0330864_20161200.jpg

今回撮影した画像はすべてノントリミング。最短撮影距離から選んで撮影してみた。

オリンパスのこのレンズはすぐれものと聞いてはいたが、パナソニックの100~300より勝っている(個人の感想です)
レンズに求められるのはコリメータ測量(カメラレンズや測量機器の製造、調整に使うためのもので、無限遠にある一点の光が光源であるとみなせる光線群を作るもの。光学系を構成するレンズやミラーを正確に傾きなく組み付けたり、焦点の位置を調整するために使う機械)がしっかりしていることや、レンズ構成(焦点の調整や表示通りの焦点距離となるように調整することである。またどの被写体に対しても無限遠から近距離までにピントが合う必要がある)

以上のような点からかなり勝っているレンズと思われる。といっても偶然にも私の購入したレンズが当たりなのかもしれない。また遠景でのオートフォーカスの迷いが少なく、シャープな動きが感じてとれる。
600mmf4レンズを購入した折、1Dxとの組み合わせでコリメータ測量をしている。昨年購入した7DmarkⅡで遠景での撮影は少々甘いと感ずるが、人それぞれ受け取りようが違うであろうから確証づけることは避けるとする。

3月に発売されるパナソニックの100~400mmのレンズ、いかがなものか? このレンズライカのエルマーと銘打ってライカカメラ社が認定した測定機器と品質保証システムによって生産されているとあるが、今一つ手が出ない。価格が中途半端な気がするのは私だけだろうか?


遜 龍明




by fotografkei | 2016-02-25 21:37 | カメラのこと | Comments(0)