日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:レンズのこと ( 12 ) タグの人気記事


2016年 11月 26日

真逆な虹

雨上がりでもないのに「虹」?
そうなんです。虹が現れるのです。

a0330864_14305546.jpg

 通常「虹」といわれるものは太陽とスクリーン(通常など雨粒)の反射角が40~50度にあるときに現れる現象です。
波長の長さで虹は一般的に上向きに凸になっている。波長の短いものを内側に、波長が長いものは外側に円弧を描くものですが、カメラに写り込む虹は真逆の凹に弧をを描きます。

 カメラの現象だけではなく自然界においても同じような現象がまれに起こります。イギリスのリバプールで凹になっている虹が観測された。アークというのは弓形や円弧といった意味で、その言葉どおり、環天頂アークは空の一番てっぺんである「天頂」を中心とした環に沿うように、観測者の目には下側が凸になった円弧状になって現れる。
 自然界でおきる現象は非常に珍しく、特定の角度から光が差し込まないと現れることは無い。自然界に起こる真逆な虹は特定の角度(22度)で、高さ約2万~2万5千フィート(飛行機の巡航高度の2~2.5倍の高さ)にある小さく束ねた薄雲を日光が通った場合にのみ現れる。また見る人の位置によっても変わってくるため、見ることができた人は非常に運がいい。他にも、光の強さ・観測者の位置・大気の状況で大きく左右されるため、実際に見るのはかなり難しそうです。
 ケンブリッジ大学の宇宙物理学の博士も「60年間生きてきたが、初めて見た」とコメントしており、どれだけ珍しいものなのか分かります。通常の反射角より大きく,出現高度角は約46度以上、これはかなり高い場所である。人間の目の視野は横に比べて縦が狭いこともあって、環天頂アークが出現していても、それに気付かないことが多い。

 環天頂アークは晴れた日に出るので厳密に言うと虹じゃなくハロ(ハレーション)と呼ばれる現象のひとつ。晴れた日の頭上に出る虹のようなもののことです。彩雲と間違われることもありますが別物。地震の前兆でもありません。円弧の外側から数えた色順(波長が短い紫は円の内側で広がるにつれ波長の長い赤)などは虹と一緒です。

 今回(昨日の作品とあわせて)の写りこみは円弧の内側方向からレンズに光が入っています。しかしレンズを通した光は一点で像を結び、スクリーンに映し出される映像は上下逆になっています。(小学校の理科で学びましたね)
 カメラを上下、アオリを効かせるとわずかな角度で虹を写し込むことができます。しかし、現代のカメラレンズでこの現象を起こさせるのはまず無理でしょう。幾重にも重ね作られたレンズはこの現象を無くすために改良されたものです。オールドレンズだからこそ映し出される画像です。このようなレンズに出逢えたときには「集めてよかった」って自分を納得させるのです。笑)

a0330864_14310608.jpg

さて、しばらく紅葉の作品が続きます。良かったら見ていってください。


遜 龍明




by fotografkei | 2016-11-26 15:09 | カメラのこと
2016年 11月 09日

秋に触れて

今日は風が強く、冷え込む一日となりました。

a0330864_19382543.jpg

ハロが強いレンズでしょ。
canon 100mm f3.5Lというオールドレンズです。1950年後半世に出たレンズ。
マウントはライカLマウント、口径34mmという胴鏡の細長いレンズなんです。

a0330864_19383866.jpg

a0330864_19384469.jpg

開放で撮影してもf3.5とピントの山が比較的掴みやすい。
それでもってボケの感じが好きですね。

a0330864_19385518.jpg

今日は上空の風の流れが速く画角を決めているうちに陰ってしまう。
ちょっとイラつく半日でした。
こちらでは紅葉本番は今月末、まだ、まだ!

明日は中区にありますワキタギャラリーの搬入日。
16日までの会期で写真展が行われます。
お近くの方はどうぞお越しください。お待ちしております。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-11-09 20:05 | スナップ
2016年 08月 25日

カメラレンズテスト


a0330864_17103406.jpg

今日は新しく取り付けたTA4-2のカプラーでLEICAのレンズテスト
システムはスコープがSWAROVSKI STX85
カメラはPANASONIC DMC-GX8
レンズはLEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

a0330864_17104039.jpg

Panasonic GX8は有効画素数2030万画素、アスペクト比3:2ではやはりケラレが出る。
しかし、2倍EXテレコンおよび4K動画に設定すれば有効画素数830万画素になるためケラレは出なくなる。

830万画素が今では前期の代物? そう思われる方もおられると思いますが、
デジタル化されてハイビジョンムービーが200万画素、4K動画はその4倍で800万画素。
十分耐えられる画像である。新しいカメラは35mmフルサイズで2400万画素、はたまた3000万画素、
詰め込めるだけ詰め込むなどの手が加えられているが、本当にそこまで必要だろうか?
私は疑問に思うのです。。。

a0330864_17105027.jpg

作品はすべてノントリ、ともすれば被写体が画角からはみ出してしまう。
今のシステムで焦点距離1250mmでは少々長すぎる。
が、しばらくはこのシステムでがんばってみます。実に贅沢な悩みである。

そうそう、なぜLEICAのレンズにこだわるかであるが、マイクロフォーサーズマウントで明るいレンズは今現在開放f1.4がLEICAだけである。
f1.4といっても実際はもっと暗くなるのである。3/4のサイズをもつフォーサーズはそのサイズから焦点距離が2倍になってしまう。
今回のレンズは25mmf1.4。つまり焦点距離は2倍の50mm、f値は2段絞ってf2.8になるのである。デジスコの弱点であるカメラレンズの前にデジタルスコープをつけることでかなりISOが高感度となる。それだけノイズが増えるわけであるが、スコープの性能やカメラ、はたまたカメラレンズをやりくりして撮影しなくてはならない。OLYMPUSの25mmf1.8が相性がよく優れものであるが、絞りは中途半端な3.5、限りなくf4.0に近いのである。通常の一眼カメラからすれば1段の違いはさほど気にすることも無いが、(本当かなぁ)デジスコの場合ISOが倍になるのは勘弁してほしい。少しでも低感度で撮影したいと思うのは私だけではないはず、、、



遜 龍明





by fotografkei | 2016-08-25 17:47 | カメラのこと
2016年 08月 24日

Leica(マイクロフォーサーズ)のレンズとデジスコ




私はこの夏から縁あってデジスコに変更、レンズとの相性にあって悩むこと然り、
カメラはPanasonic Gx8
スコープはSwaroski STX25-60X85
レンズLeica 25mm f1.4 (Panasonic)に変更
接続はデジスコドットコムのカプラーTA-4を使用(46mm→58mmSTEP UPリング)

a0330864_14005252.jpg

上記のセットのままではケラレが顕著に現れる。
Leicaのレンズは前玉が球状に大きくせり出ている。おそらく広角域の角度が広いため通常の50mmレンズよりスコープとカメラレンズとの幅が広くケラレが生じるものと思われる。(デジスコ撮影をされていない方には何が何だかちんぷんかんぷんですね)
そこで考えたのはSTEP UPリングを外し、直接カメラレンズをカプラーに押し込んでみた。
そのままではカプラーの径のほうが大きいため固定できない。カプラーの内径に1mmほどのクッションゴムを当ててみた。何とかぐらつきがないほどに固定。しかしネジで固定されていない分カメラを固定する必要がある。

a0330864_13103798.jpg

このようにカメラとスコープは一体化している。
カメラレンズとスコープのレンズはお互い干渉なく接合できる(カメラレンズの面にグリスを少々、接合して見たがスコープにグリスが付くことはなかった)

a0330864_14010352.jpg

ケラレも無く満足いく作品
Av2.8
SS1/1000
ISO1250
Ev-0.7
焦点距離2500mm(被写体まで目測15m)
スポット測光

a0330864_14011593.jpg

Av2.8
SS1/500
ISO6400
Ev+1.0
焦点距離1250mm(被写体まで目測5m)
スポット測光

一昨日カプラーTA4-2(TA4より2mm間隔が短い)を注文して見た。
今日届いたので早速交換。あいにくの天気であるためカワセミの撮影はできないが、窓から調子を見る限り全域ケラレが確認できない。
ただし、アスペクト比3:2ではスコープのズーム域で若干のケラレが見られる。
私はもともと3:2が嫌いで、いつも4:3で撮影している。まったく問題ない。
今回「でじすこや」冨野店長には大変お気づかいいただきTA4-2のカプラーの情報を頂きました。ブログにてお礼申し上げます。
これで明日にでもカワセミの撮影に行ってきます。また情報更新いたします。なぜLeicaのレンズにこだわるか? 次回書いてみます。



遜 龍明







by fotografkei | 2016-08-24 15:13 | SWAROVSKI | Comments(2)
2016年 07月 20日

Just for you



a0330864_21364005.jpg


今回の作品はノントリでUPしています。
パナソニックミラーレスにスワロスキーのデジタルスコープ。
レンズはオリンパスのf1.8 25mm短焦点を使っています。
焦点距離は25mmX2X2(EXテレコン2倍)X30倍 つまり3,000mmで撮影しています。
データを見ると
補正-2/3 f1.8 SS1/1000 ISO12,800

以外にISOが高い、それはデジタルスコープが描き出す画像が暗いので
明るいレンズを使っても追いつかないのであります。

しかし心配後無用、レンズの性能とカメラの性能がデジタルスコープの弱点をカヴァーしています。
ただしマニュアルフォーカスおよびピーキング機能を利用しないことにはピントが合いません。
開放f1.8ですから非常に被写界深度が浅い。まして焦点距離が長いので勝ること被写界深度が浅くなるのです。
しかしボケは一眼では表せない表現力です。

a0330864_21530929.jpg

トンボが木から飛び去る瞬間だって撮ることのできる機能。

画素数は3328X2496ピクセル、830万画素。データ量は23.7MB
画像を圧縮せず出力解像度を400dpi、TIFF画像で印刷すれば全紙も問題ないですね。

今日も暑い一日が始まるんだろうな。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-07-20 05:34 | カメラのこと
2016年 02月 25日

久しぶりにオリンパスのレンズ



舞台撮影に活躍してくれていたパナソニック Gx7、しばらく眠っていたオリンパス・ズイコー75~300mmの組み合わせ、持ち歩くに軽く便利。
普段使っているキャノン600mmf4と1Dxはとても重くて持ち歩くには不便(歳)になりました。
a0330864_20153922.jpg

購入以来防湿庫で眠っていたレンズ、日干しに持ちだしてみた。もともとカメラの画素数は1,600万画素。マイクロフォーサーズ、ドイツのライカとパナソニック・オリンパスが共同開発した撮像素子、いずれもマウントに互換性があり交換しての使用が可能。
メカニカルにデジタルズーム4倍が備わり、アスペクト比と記録画素比を指定すれば4,800mm(EXテレコン使用時)の極超望遠となる。

a0330864_20154963.jpg

意味不明? ですな。
レンズのテレ端が300mm、マイクロフォーサーズの撮像素子はフルサイズ換算2倍、さらにデジタルズームで4倍、さらにさらにEXテレコンで2倍。
300X2X4X2の4,800mmとなるのであります。
EXテレコンは記録画素数が400万画素と少なくなるので決して解像度に満足いくものではありません。しかし、その半分の2,400mm、画素数は4:3のアスペクト比で1,588万画素が可能となるのです。
たとえば写真を全紙に引き延ばすとして求めらるデーター量は最低1,000万画素、出力解像度は400dpiあれば十分プリントできるのであります。

a0330864_20160509.jpg

かなり離れた被写体もこのように、

a0330864_20155796.jpg

かなり満足いくものである。

a0330864_20403800.jpg

2,400mmとなれば画角が狭くなるので動体撮影が難しくなるが、ゼロではない。

a0330864_20161200.jpg

今回撮影した画像はすべてノントリミング。最短撮影距離から選んで撮影してみた。

オリンパスのこのレンズはすぐれものと聞いてはいたが、パナソニックの100~300より勝っている(個人の感想です)
レンズに求められるのはコリメータ測量(カメラレンズや測量機器の製造、調整に使うためのもので、無限遠にある一点の光が光源であるとみなせる光線群を作るもの。光学系を構成するレンズやミラーを正確に傾きなく組み付けたり、焦点の位置を調整するために使う機械)がしっかりしていることや、レンズ構成(焦点の調整や表示通りの焦点距離となるように調整することである。またどの被写体に対しても無限遠から近距離までにピントが合う必要がある)

以上のような点からかなり勝っているレンズと思われる。といっても偶然にも私の購入したレンズが当たりなのかもしれない。また遠景でのオートフォーカスの迷いが少なく、シャープな動きが感じてとれる。
600mmf4レンズを購入した折、1Dxとの組み合わせでコリメータ測量をしている。昨年購入した7DmarkⅡで遠景での撮影は少々甘いと感ずるが、人それぞれ受け取りようが違うであろうから確証づけることは避けるとする。

3月に発売されるパナソニックの100~400mmのレンズ、いかがなものか? このレンズライカのエルマーと銘打ってライカカメラ社が認定した測定機器と品質保証システムによって生産されているとあるが、今一つ手が出ない。価格が中途半端な気がするのは私だけだろうか?


遜 龍明




by fotografkei | 2016-02-25 21:37 | カメラのこと | Comments(0)
2016年 02月 09日

廃屋

金髪に頭を染め(じゃなかった。徹底的脱色・脱色)、KーPOPでリズムをとる変なおじさんです。
ライブにも出かけます。(息子の紹介でね)

a0330864_21011161.jpg

ИНДУСТАР-10(FED-INDUSTER)1:3.5/50
このレンズ斜光で撮ると表現力が変わる。輪郭線にハロが、逆光ではかなりのハロ、順光ではかなりまとも、
ウクライナで製作され、外観はエルマーそっくりな枕胴式、作りは3群4枚のテッサータイプ。
旧ソ連は実におかしなレンズを作ってくれる。おかしなおじさんにはぴったり!

今日は足助まで「中馬のお雛さま」を撮りに行ってきました。

a0330864_21011918.jpg

あいにくの天気でしたが私には好都合。
廃屋を中心に撮ってきました。

a0330864_21012619.jpg

こんな作品をとった時はK-POPをガンガン鳴らし、テンションを上げます。
えっ、BGMとそぐわないって?
そうなんです。そんな時にひらめきが、、、

演歌? 還暦と共におさらばしました。


by Capa




by fotografkei | 2016-02-09 21:27 | 建物 | Comments(2)
2015年 08月 23日

クセ玉です。

今回は標準ズームレンズの元祖、「ヨンサンハチロク」(あるいは「よんさんぱーろく」)の愛称で親しまれたニコンのレンズ。

a0330864_10490857.jpg

昭和38(1963)年に発売されたこのレンズは、ニッコールレンズとしては「Auto NIKKOR Telephoto-Zoom 85~250mm F4~4.5」、「Auto NIKKOR Telephoto-Zoom 200~600mm F9.5~10.5」という二本の望遠ズームに続く三本目のズームレンズであり、国産で初めて世に出た標準ズームレンズである。

今回手に入れたZoom-NIKKOR・C Auto 1:3.5 f=43-86mmは、その第一世代のレンズをマルチコート化したもので、昭和49年(1974)に発売された第二世代であります。

a0330864_10492368.jpg

絞り開放で撮影してみると、トンネルエフェクトや周辺の解像低下が見られる。さらにディストーション(歪曲)が顕著に表れる。広角側では樽型、望遠側で糸巻き型に大きく発生しており、2枚目写真の左にある支柱が樽型に歪んで見られるのがわかるだろうか?
絞り込んでスナップ撮影をしている分にはそれほどでもない。当時としては収差補正がしっかりしている。また逆光では1枚目写真のようにハロ(ハレーション)がかなりきつい。しかし、それも楽しみの一つと考える。


by Capa




同じような作品ですが観ていただけますか?

by fotografkei | 2015-08-23 11:39 | OLd Lens | Comments(4)
2015年 07月 20日

芸術展初日

始まりました。

a0330864_17454094.jpg

今日は芸術展初日、多くの方にご高覧いただきました。
古き友人も神奈川県から駆け付けてくれました。
本日が初対面、えっ、
そうなんです。私がブログを始めたころからお付き合いしている方です。
かれこれ7~8年、病を患った頃暖かい眼で勇気づけてくれました。
嬉しいスタートでした。


ところで、今回使用したロシアンレンズ、Carl ZeissのトポゴンをコピーしたORION-15、6.0/28mm、その写りは極めて満足の行くものである。
ORIONレンズは1960年~1964年の期間に生産された。KMZ(クラスノゴルスク機械工場; Krasnogorsk Mekanicheski Zavod)がOrion-15
の生産をGOI(政府光学研究所 / Government Optical Institute)から引き継ぎ、Kiev(キエフ用(旧Contax互換)とFED用(Leica M39互換)の
2種を再リリースしている。1963年頃からはZOMZ(ザゴルスク光学機械工場; Zagorsky Optiko-Mechanichesy Zavod)がレンズの生産を引き
継いでいる。本体は生産工場のマークからザゴルスク光学機械工場で生産されたものとみられる。わずか2年の生産につき玉数が少ないレンズ。
描写は極めて繊細で、歪みもほとんどなく、トンネルエフェクトが何ともいえず私好みのレンズです。


by Capa






by fotografkei | 2015-07-20 18:14 | OLd Lens | Comments(4)
2015年 07月 15日

半世紀前のレンズ

私が良く使用するレンズに CANON 1:1.2/50mm 
このレンズはすでに半世紀になろうとしている。開放f1.2、とても明るいレンズなのです。

a0330864_08221157.jpg

f2.8で撮影。非常に柔らかい表現となっています。

 開放で撮る場合は奥行きのある被写体はハロとボケが非常に強いレンズですが、f2.8より絞ると大口径レンズとは思えない描写です。レンズ構成にはいくつかのタイプがありますが、他のレンズがゾナー変形なのに対しキヤノンはガウスタイプですから描写は現在のレンズに一番近いともいえます。

ゾナー形式
 エルノスター(トリプレットタイプレンズの1枚目と2枚目の間に凸メニスカスレンズ(群)を配置したレンズ)タイプの2番目の凸レンズと3番目の凹レンズとの間を低屈折率のレンズでつなぎ、貼り合わせたレンズ。ツァイス・イコンのベルテレが開発したエルノスタータイプのレンズは構成(群)枚数が多く、それと比例して表面反射によって失われる光量が多かったため、ビネット効果(四隅が暗くなる現象)が現れた。

ガウス形式
 現在の一眼レフ用標準レンズの型式としては最もポピュラーなタイプ。ガウス(K.F.Gauss)の望遠鏡対物レンズ(凹凸2枚の組み合わせ)を、絞りをはさんで対称的に向かい合うように配置したものがガウスタイプの基本型です。


 もともとカメラレンズはトリプレットといって、その名の通り3”を意味する接頭語「トリ」という名前からわかるように、トリプレットとは3枚構成の レンズのことを指す。H.D・テーラーが1893年に開発した3枚のガラスを使ったレンズが、 トリプレットタイプの始まりです。
 今風のレンズは非球面のレンズ等を含め、複数のレンズを鏡胴に組み込んだもので、色収差、画像のゆがみ、ひずみを補正していわゆる写りの良いレンズです。しかしレンズを重ねれば光の透過が阻害され、暗くなります。明るくしようとすればレンズに表面加工を施し、非常に高価なレンズになります。

 しかし、昨今綺麗すぎるその写りに飽きが来たカメラ愛好家は古いレンズで面白い写りのするレンズ(これをクセ玉といいます)を使うようになったのです。何を隠そう私もそうです。そしてレンズ沼(次から次へとレンズがほしくなる病)に嵌っていくのです。笑)


 まだまだほしいレンズは幾つも、次から次へと候補が上がり、ネットサーフしています。しかし、ブームなのかプレミアがついてきました。そうそう手が出なくなったのが現状です。ますます火の手は上がりそうです。


by Capa


by fotografkei | 2015-07-15 09:09 | OLd Lens | Comments(4)