タグ:デジスコ ( 208 ) タグの人気記事

OLYMPUS OM-D E-M1mark2とフィールドスコープのセッティング

OLYMPUS OM-D E-M1mark2とデジスコとの相性がいまひとつ、撮影中にフリーズを起こしたり、真っ白・真っ黒な写真が出来上がってしまうそんな症状でお困りの方もお見えになると思います。一旦カメラ側で設定が変更されフリーズしてしまうのはAE(自動露出カメラまたは自動露出機能)がかなりシビアに改良されているようです。

ss1/1600 絞りf7.1 ev-3.7 ISO-320
a0330864_07583294.jpg

メーカーとも電話でやり取りするも解決せず、技術者とメールでやり取りいたしましたが、やはりデジスコとの組み合わせを考えには入れていないのはもちろんのこと。レンズの前にテレコン(スコープのこと)を通してカメラに光を通すと正確な露出が得られないことが原因でしょう。
しかし、今度のOLYMPUS OM-D E-M1mark2 はすばらしいスペックであるとここで推奨します。

ss1/1600 絞りf7.1 ev-3.7 ISO-320
a0330864_07583943.jpg

シャッタースピード優先や絞り優先で設定した場合、ISOの設定を従来の方法(固定)では標準露出を解析するカメラ側に異常が出るとフリーズを起こしてしまうようです。また白飛び、黒つぶれなど一旦シャッターをOFFからONにしないと解除されないといった状態です。

ss1/1250 絞り f7.1 ev-3.7 ISO-400
a0330864_07584625.jpg

ついぞ私は同じ機種を2台購入し、レンズもシグマの19mm f2.8に交換しても症状は顕著に現れます。
そこで、そんな症状を改善する方法を見つけました。そのセッティングをご紹介します。

・システムはSWAROVSKI STX85 OLYMPUS OM-D E-M1mark2 M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
・モード設定は「M」
・シャッタースピードと絞りを任意に設定する。
・ISOオート、私は上限を6400に設定。画質優先される方は上限を低くされるといいでしょう。
・まず露出補正を0.0で若緑の木や葉を撮影(撮影後の画像はほぼ真っ白)
・FnレバーのAEL/AFLボタンを「2」にするとフロントダイアルで露出補正が変更できます。
・同じ若緑(グレー18%でも同じ標準露出を得ることが出来ます)の被写体を撮影し、見ため標準露出になるようにフロンダイアルを回転させ露出補正をマイナス側に設定してください。おそらくスコープによってその露出補正は替わってくると思います。
・ちょうど良い画像が得られたら、表示された露出補正が標準露出(プラスマイナス0.0)とカメラは認識するようです。

ss1/1250 絞りf7.1 ev-3.7 ISO-400
a0330864_07585203.jpg

通常私は絞りf4.0もしくはf5.6で撮影します。今回は陽炎立ち、フォーカスが迷いますのでf7.1で撮影してあります。
Fnレバーを「1」に切り替えればSSと絞りをフロントダイアル・リアダイアルでファインダーを覗きながら替えることができます。少し慣れていただければファインダーから目を離さなくても設定変更は可能です。
今回ご紹介申し上げたのはあくまでも私の見解ですべてが解決されるわけではありません。セッティングが安定してから約4000枚のシャッターを切っていますがまったく問題なく撮影することが出来ました。

もう一点、連写を繰り返していますとかなり電池に熱を持ち、各ボタンの反応がフリーズします。例えば撮影後画像を確認しようが「再生ボタン」の反応がありません。これから夏に向かって少々心配がありますが、ここは騙し騙しお付き合いするほか無いようです。私は予備電池を2個持ち、時折入れ替えています。飛翔写真を撮影しようとすればどうしても連写が多く、電池に熱を持ちやすいという症状は避けられないでしょう。

今回ご紹介しましたものは本の一例、今後補足が必要であればそのつど報告いたしたいと思います。なお今回はコメント欄を開放します。しかしコメントは公開いたしませんので質問等あれば安心して書き込んでいただいて結構です。知る限り回答は記事にしてまいります。




遜 龍明




            
by fotografkei | 2017-06-17 09:06 | カメラのこと | Comments(0)

今日でチョウゲンボウの撮影は終了!

今日を最後に出かけました。チョウゲンボウは来期までお別れ、
もうすでに旅たった個体もあり、親が給餌する機会も少なくなりました。
とにかく暑い! 梅雨に入りそうですからちょうど良かった。

a0330864_19505785.jpg

子育てにおいてしっかり狩をしてくれたお父さん。

a0330864_19555945.jpg

子供をカラスから守ってくれたお母さん。

a0330864_19510600.jpg

やっと逢えた子供たち、

ところでOlmpus OM-d EM1 mark2 のシャッター回数を調べるとしましょう。
操作
1.「MENU」ボタンを押したままで電源ON
2.「MENU」ボタンを離す
3.「MENU」ボタンを再度押す(MENUが表示される)
4.表示されたMENUで、「セットアップメニュー」→「モニター調整」を「OK」ボタンを押す
5.「モニター調整」画面で「OK」ボタンを押す
6.黒背景の画面に下記が表示されます
 OLYINPUS
 E-M1MarkⅡ
 01010101

7.この画面の状態で「INFO」ボタンを押す
8.十字キー「上→下→左→右」→シャッター→十字キー「上」の順に押す
(間違えたら「INFO」ボタンを再度押す)
9.PAGE 1が表示されます
10.十字キー「右」を押してPAGE 2画面が表示されます
11.黒背景の画面に下記が表示されます(数値は参考値)
PAGE 2
MS:0013217 シャッター回数、(私の場合)
S:000000 ストロボ発光数
C:000000 クリーニングモード数
U:000814 ダストリダクション数
V:000000 ライブビュー数
B:008665 手ぶれ補正数

L:000000 

2代目はチョウゲンボウを撮影した回数。13,217回シャッターを押しているんですね。35日間撮り続けたんです。意外に少ない!!!

a0330864_19511611.jpg

おそらくイナゴでしょう。もらった所を・・・シャッターから手を離したすぐでした。残念!

さて、明日からどこへ、カワセミも来ないし、、、
サンコウチョウですね。ただ今抱卵中!
明日は尾張旭市美術展の搬入日、今年は我がクラブ出展なし。当然私も、、、出品する作品がない!
全紙に焼いた候補はあるのですがどうも気乗りがしない。7月の芸術展は出品いたします。またご案内いたしますね。



遜 龍明




by fotografkei | 2017-06-10 20:12 | カメラのこと

兄妹

出かけました。もちろんいつものフィールド。
兄妹2羽が戯れていました。

a0330864_20191177.jpg

なかよしだもんねぇ~!

a0330864_20192387.jpg

少し食べさせて、(やめろよ~)

a0330864_20281084.jpg

やめろってぇ~の、、、

a0330864_20193383.jpg

すこしだけぇ~

a0330864_20194490.jpg


a0330864_20195144.jpg

・・・・・

a0330864_20195830.jpg

俺かじってど~すんの、やめろってば!!!


by fotografkei | 2017-06-09 20:34 | 猛禽類

いつくしむ心

今日はあいにくの雨、カメラの設定を変えたことでかなり画質はよくなったと思います。
あわせてピントが迷わなくなりました。露出の迷いも無く安定しています。(偶然かもしれませんが)
しかしこの天気ではかなりISO感度が上がりますのでデジスコの出番はいまひとつ。

a0330864_09121532.jpg

私が現地に着く前、親から餌をもらったばかりで寝ています。

a0330864_09122286.jpg

時折目を覚まし、辺りをうかがうヒナ。何番仔かな?

a0330864_09122950.jpg

ヒナの上、橋桁からじっと見守る♀親、カメラの位置を少しでも移動するとじっと見つめられる。
ヒナを守る親の愛情。深いですね。こうした子育ては♀の役目。
♂は時折狩りに出かける。これも大変であるが、それ以上に母親のほうが愛情深い。

ふと私の現役時代を思い出すのです。お給料は家に入れても夜は遅く、朝は早い!
めったに子供の起きている顔を見たことがない。♂(男)は♀(女房)には勝てないのです。って私だけですか?
・・・・・



遜 龍明




by fotografkei | 2017-06-08 09:27 | 猛禽類

子育て

今日も2時間ほど出かけてみました。小雨降るなか車のハッチバックを傘代わり、

a0330864_16442149.jpg

a0330864_16441466.jpg

ヒナのもとに出前、なんだかなぁ~、とにかくお母さんは大変です。

a0330864_16442805.jpg

おなかをすかして泣きじゃくるヒナへ、

a0330864_16443706.jpg

どの世界も同じですね。♀がヒナに獲物をちぎって口移し、すばらしい場面に出逢えました。
しかし天気が、、、ISO感度が高くノイズだらけ。
でもめったに見られませんから、それに被写体まで100m超え、クルミの木に隠れるヒナ、
さすがにデジスコでも、、、焦点距離3,000mmノントリです。



遜 龍明




by fotografkei | 2017-06-07 17:00 | 猛禽類

収穫無きも一日

今日はいつもより出勤が遅く、通勤時間に入ってしまいました。
今朝もう1羽巣立ったようです。

a0330864_17110114.jpg

お父さんは子育て中餌運びでじっと見ることは出来ません。
ようやく餌運びも一段落。マッタリしています。

a0330864_17111798.jpg

この女の子が一番子、目と鼻先にいました。まだ産毛が残っています。
飛翔はまだぎこちなく、橋桁にぶつかっては地に落ちます。
それでも親はじっと見守っています。

給餌は子供の近くに落としたり、飛べるようになると親と並んで餌を受けます。
現在5羽が巣立ちました。しかし、まだもう1羽いるようです。
もう2週間もすると旅たってしまいます。日々成長するヒナは日本から離れるもの、日本に留まるもの、
中部以南では冬鳥として見られることがあります。今年は巣立ちが10日ほど遅れました。



遜 龍明



by fotografkei | 2017-06-06 17:39 | その他

今年もコシアカツバメ

今日はチョウゲンボウのヒナを見て「コシアカツバメ」撮って来ました。
小高い山の上、日差しは強くても爽やかな風が、、、

a0330864_19102300.jpg

3年ぶりかな? また逢えました。

a0330864_19103017.jpg

雌雄同色、どちらが♂か♀・・・わからない。

a0330864_19103615.jpg

でも、どちらかといえば・・・かも、、、

a0330864_19104231.jpg

コシアカの由来、羽を広げるとツバメとの見分けが

a0330864_19105397.jpg

まだ雛は孵ったばかりかな?しきりに餌を運んでいます。
そうかと思えば飛来したばかりか壊れた巣を修繕してそのときを待ちます。



遜 龍明



by fotografkei | 2017-06-05 19:18 | 小型野鳥

ついに逢えたチョウゲンボウのヒナ

通い詰めて1ヶ月と1日、ついに逢えました。

a0330864_19323665.jpg

産毛の残るこの姿、でもいわれなきゃわからないよね。
続いて巣立ちの様子を、、、

a0330864_19315644.jpg

a0330864_19320222.jpg

a0330864_19320870.jpg

a0330864_19321922.jpg

a0330864_19322736.jpg

よく撮れた、かって?
そう、時間の問題。今日は日曜日だから早く出掛けようと、、、現地7時少々前。
すでに多くのカメラマンがカメラを向けていました。
巣から尻尾が見え隠れ、ひょっとしたら???
07:37am ついに飛び降りました。私自身緊張していましたからファインダーを覗きながら様子を伺っていたんです。
羽が見えたのでとにかく連写。ついに巣立ちを撮ることができました。
ここは、1ヶ月通い詰めた甲斐がありました。
10時頃にはカメラマンが倍に膨れ上がり、それはそれは50名は下らなかったでしょう。いやそれ以上かも、、、
念願がかないました。これで終わりじゃないんですよ。
一旦巣立ちしたら飛べるようになって親の近くに止まって餌をもらう準備、
その後自分で芝生に下りて捕食。そして旅たつのです。
5~6羽と見られるが飛べるまでに四足に捕食されてしまいます。何匹残るのかな?
撮影後おなじみさんとは握手! 健闘を称えあいました。



遜 龍明





by fotografkei | 2017-06-04 19:51 | 猛禽類

コミスジに逢った

コミスジに逢った。特に珍しいわけではないが胴が玉虫色に光って綺麗だった。
a0330864_20534192.jpg

今日は森の中へ、サンコウチョウを狙いに行ったのだが逢えなかった。

オニヤンマ
a0330864_20535059.jpg

a0330864_20535704.jpg

幼少の頃オニヤンマやギンヤンマを追いかけていたっけ、

ところでチョウゲンボウは今日もヒナが出なかったようだ。
a0330864_20540808.jpg

何やってんですかね。

a0330864_20541450.jpg

そろそろ雛の姿を撮ってみたいのですがね。

a0330864_20541953.jpg

カメラマンガ多くレンズを向けてもヒナは出てこないですよね。
明日日曜日は多くのカメラマンでごった返すでしょうね。
で、行かないんですか? いえ、行ってきます。



遜 龍明





by fotografkei | 2017-06-03 21:04 | その他

撮影のない日

今日は撮影のない日、長い一日である。
5/31の撮影から、チョウゲンボウが遠く茂みで蠢くカナヘビを捕獲する。

a0330864_21223003.jpg

どう見ても100m以上はなれた所から見つけて滑空するかのように忍び寄り捕まえるのです。

a0330864_21223769.jpg

どう見てもトカゲとは違う、カネヘビの特徴である尻尾が体長の2/3を占める。
ニホンカナヘビでしょう。

a0330864_21224423.jpg

これは自分へのご褒美、ヒナにはスズメがあてがわれる。

a0330864_21225325.jpg

今日現在チョウゲンボウのヒナは巣立ちしていない。しかし巣の中で体を入れ替えているようだ。
もうすぐ巣立ちするでしょう。
明日か? 明後日か? ぜひとも巣立ちに立ち会いたいものだ。

a0330864_21315128.jpg

そうそう、♀が飛び出し、空中でひねりを入れたかと思ったら「トンボ」を捕獲したんです。
よく見るとトンボを頭から食べている。しかし目が良い、猛禽といわれる所以。



遜 龍明



by fotografkei | 2017-06-02 21:38 | 猛禽類

野鳥撮影を主に発信しています。


by 遜 龍明
プロフィールを見る