日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:デジスコ ( 162 ) タグの人気記事


2016年 07月 07日

やりました。

デジスコでカワセミの飛翔姿を撮り収めることが出来ました。
秒間40コマの連続写真です。(ノントリ画像です)

a0330864_20312226.jpg

a0330864_20313639.jpg

a0330864_20314516.jpg

a0330864_20315300.jpg

a0330864_20320463.jpg

a0330864_20321653.jpg


先輩から教えていただいたテクニック。
感謝!

で、どんなテクニックか? って、
それは秘密。
今回はすべて画角に収まりました。焦点距離は1,250mm
まだまだヒット率は低いので練習あるのみ、、、
やはりチャレンジって楽しいものです。



遜 龍明







by fotografkei | 2016-07-07 04:58 | SWAROVSKI | Comments(2)
2016年 07月 06日

ハイキーな乙女



ハイキーに撮って見ました。私のイメージはこんな感じかな?
a0330864_15071162.jpg

a0330864_15072509.jpg

別名「水の花」「芙蓉」この呼び名はいかにも可憐。

a0330864_18435525.jpg

a0330864_18440454.jpg

a0330864_18440930.jpg

本来「蓮華」、仏教における「ハス」の象徴的用法。泥から生え気高く咲く花、まっすぐに大きく広がり水を弾く凛とした葉の姿が、俗世の欲にまみれず清らかに生きることの象徴のようにとらえられた。
いずれにしろ美しいものは美しいのである。



遜 龍明




by fotografkei | 2016-07-06 06:41 | 花写真 | Comments(2)
2016年 07月 05日

大賀ハス



今日も朝からギンギラギンの太陽、
天気予報とは裏腹
もしやして梅雨明け・・・、早すぎるよね。

a0330864_06312539.jpg

行ってきました「大賀ハス」
風もなく、しかし殺人的暑さ。

a0330864_06313917.jpg

今朝は少々頭痛???

a0330864_06314970.jpg

何度ファインダーを覗いても同じような構図。
感性の乏しさが思いやられる。

a0330864_06320283.jpg

炎天下の撮影は2時間半ほどで終えた。
汗が目にしみ、一気にタオルで拭き取りたくとも「めがね」
あ~、も~、ってイラつくこと然り。
大量の水分補給、そんな想いの作品です。

今日は父親の定期健診
ほぼ半日、待合室で読書(実のところ転寝)


遜 龍明





by fotografkei | 2016-07-05 06:51 | SWAROVSKI | Comments(3)
2016年 07月 04日

ナイスキャッチ



a0330864_06301745.jpg

a0330864_06302328.jpg

a0330864_06305007.jpg

デジスコで何とか飛びものが撮れた。
両眼視、むずかしい!!!
左目で照準器、右目でファインダーを覗いて被写体を捉える。

a0330864_06304191.jpg

それだけではなく左手でピントリングを回し、右手でレリーズ。シャッターを切るのです。
視野から被写体が消えるが常時。ピントが合うなんてまぐれ。

a0330864_06294595.jpg

ズーム(焦点距離は固定1,250mm)は最短でも画角が狭いので収めるのが大変。
撮れたらラッキー、カメラ側のレンズを短くすれば画角が広くなるので、、、
だめだまたレンズがほしくなる。病気!
つける薬はないようだ・・・

今日は写真教室、ハスの名所へ・・・ 朝から照りつける太陽に腰が引ける。


遜 龍明





by fotografkei | 2016-07-04 06:49 | SWAROVSKI | Comments(2)
2016年 07月 03日

忘れられた華



a0330864_07553789.jpg

カワセミばかりに気を取られ、花写真が枯れてしまいそうです。

a0330864_07554496.jpg

先回撮影した作品が、ところで明日は写真教室、
ハスで有名なところへ出かけます。「大賀ハス」
古代に夢を馳せて撮ってきます。

a0330864_07555205.jpg

スイレンはそろそろ終盤かな、
今年は次期も良くすばらしい姿を魅せてくれました。

今年は「ひまわり」も撮ってみたい。
1970年公開された映画「ひまわり」。イタリア・フランス・ソ連合作、
ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニが主演の戦争映画。
最後は画面いっぱい咲くひまわり、このシーンは忘れられません。
46年経った今でも脳裏にはっきり焼きついています。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-07-03 08:08 | 花写真 | Comments(0)
2016年 07月 02日

笑わせてくれました。



午前中家の仕事を済ませフィールドへ、
一向にカワセミは現れない。
a0330864_19133102.jpg

暑いさなか私も気が長いもんです。

a0330864_19133952.jpg

15:30pm、やってきました。
魅せてくれました。この後魚を落としたのです。

a0330864_19134403.jpg

残念そうに見下ろすカワセミ。
もちろん落ちた魚を拾いに、、、

a0330864_19135167.jpg

完食したのであります。
数回ダイブ、魚2匹を食して飛んでいきました。
待った甲斐はありましたね。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-07-02 07:00 | SWAROVSKI | Comments(2)
2016年 07月 01日

ツバメの給餌2



続きです。

しばし給餌の休憩、
a0330864_07531584.jpg


三羽の若は親が飛んでくるのがわかるのか、この後激しく羽ばたきを行います。
a0330864_07532369.jpg


給餌の順番は若の羽ばたきの大きさでわかるようです
a0330864_07532975.jpg


順番を間違えたのか、もらえるはずの若が親の頭を・・・、
a0330864_07533466.jpg

こんな風景を見られるなんて素敵ですね。
今日も預かっていたデータを返却にカワセミの池に出かけます。
どんなドラマが待っているのでしょう。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-07-01 08:02 | SWAROVSKI | Comments(0)
2016年 06月 30日

ツバメの給餌



今日は予想に反して雨上がり、しかし湿度が高い!
a0330864_15473587.jpg

昨日手に入れたオリンパス25mmf1.8とデジスコの相性をテスト。

a0330864_15474190.jpg

焦点距離が5mm伸びただけでファインダーに入る画像が大きい。
って、そんなに違うわけがない。(250mm伸びたのは大きい)

a0330864_15474737.jpg

カワセミの出が思わしくないところに「ツバメの給餌」
良いものを撮らせてもらいました。

a0330864_15475384.jpg

a0330864_15480089.jpg

a0330864_15480510.jpg

明日は天気も回復、カワセミの飛来はどうか?
再度テストを兼ねていつもの池に・・・



遜 龍明








by fotografkei | 2016-06-30 16:27 | SWAROVSKI | Comments(2)
2016年 06月 29日

憂鬱



今日は朝から曇りです。さほど湿気もなく許せるかな?
月曜日の在庫です。

a0330864_08243596.jpg

a0330864_08244232.jpg

まだ頭を見れば幼鳥、羽を広げて飛ぶ練習かな?
時折親鳥が飛来して近くから見守っている。
午前中は泣き声が激しかったので給餌が見られたかも、花の撮影に夢中、
来年はアオサギ目当てで出かけてみよう。

a0330864_08244823.jpg

シオカラトンボ、
そろそろ婚姻の季節かな? 2匹が並んで飛ぶ行動が見られた。
絞りがf1.7では被写界深度が浅すぎ、後方の羽が若干ボケている。
AFに頼らずMFでピーキングで確認。

そろそろ在庫が、明日も天気は期待できず金曜日はカワセミの池に出かけてみよう。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-06-29 08:34 | SWAROVSKI | Comments(2)
2016年 06月 28日

デジスコで花撮影(光と影)




a0330864_10255487.jpg

今回もデジスコで花撮影、
「光と影」を表現してみました。

a0330864_10262227.jpg

a0330864_10263000.jpg

a0330864_10263699.jpg


こちら中部地方は雨のち曇り、以外に爽やかで少々寒さも感じる。
こんな天気だから外出を控えています。



遜 龍明






by fotografkei | 2016-06-28 10:30 | SWAROVSKI | Comments(2)