タグ:アート写真 ( 32 ) タグの人気記事

収束と拡散

拡散(虚像)
a0330864_20275744.jpg


収束と拡散(実像と虚像)
a0330864_20280441.jpg


ではこの写真は見ているあなたからは、実像?それとも虚像?



遜 龍明





by fotografkei | 2017-08-13 06:21 | アート写真

ファッション

水辺のランウェイ
a0330864_07315789.jpg


seat reserved
a0330864_07320980.jpg


昨日は写真展に行ってきました。熱気に満ちあふれる 作品、
ちょっとだけ雨。噎せ返るような暑さ、
暑さに中てられ気分が優れない。同行した方には失礼であるが先に帰宅。
体が火照ってベッドの上では違和感で眠れない。シャワーで汗を流す、
何時頃だろうか、夜の食事も摂らず今朝まで眠る。
自分の不甲斐無さにウンザリする。



遜 龍明




by fotografkei | 2017-08-12 07:46 | アート写真

パフォーマー

a0330864_06511063.jpg

とある美術館で、

a0330864_20412564.jpg

出番を待つ

a0330864_06512101.jpg

つい踊りたくなる

光が安定しない外での撮影。一瞬に影が消えてしまう。
光と影、どちらが欠けてもコーヒーが不味い。



遜 龍明




by fotografkei | 2017-08-11 07:13 | アート写真

中山道を行くラスト

さて、中山道の旅もいよいよ帰路。と、ハンドルを握って「いけぇねぇ~、忘れているわ」

a0330864_11075964.jpg

木曽の大橋。美しい総檜造りの太鼓橋、橋脚を持たない橋としては日本有数の大きさ。

a0330864_11080757.jpg

a0330864_11082110.jpg

これを渡れば広大な芝生公園(水辺公園)が拡がります。木曽川の水で遊ぶ鯉

a0330864_11083046.jpg

いよいよ浦島太郎伝説で有名な「寝覚ノ床」現着09:55am。
浦島太郎伝説は日本各所に存在するが、ここ寝覚の床には、浦島太郎が竜宮城から帰ってきた後の伝説が残っている。浦島太郎は竜宮城から地上へ帰るが、まわりの風景は変わっており、知人もおらず、旅に出ることにした。旅の途中、木曽川の風景の美しい里にたどり着き、竜宮の美しさを思い出し、乙姫にもらった玉手箱をあけた。玉手箱からは白煙が出て、白髪の翁になってしまう。浦島太郎には、今までの出来事がまるで「夢」であったかのように思われ、300年の年月から目が覚めたかのように思われた。このことから、この里を「寝覚め」、岩が床のようであったことから「床」、すなわち「寝覚の床」と呼ぶようになったという。(ちょっと歴史をお借りしました)
a0330864_11083919.jpg

a0330864_11084768.jpg

少々旅の疲れ、車で1時間半ほど寝てしまいました。まったく、私の前世は浦島太郎かも、、、

a0330864_11090672.jpg

民宿のオーナーから教えていただいた蕎麦の太巻き、そりゃ食べなきゃ、とばかりに時間待ち。目覚めたのがちょうど11:40am

a0330864_11085603.jpg

さすが長野のお蕎麦。私は麺類がほかに類を見ない大好物。1枚お替りをしてしまいました。
朝食をお茶碗1杯で良かった。美味しくいただきました。

とまぁ、無事帰宅しました。来年はですね。神奈川県にあります「箱根ガラスの美術館」へ行こうと予定しています。ヴェネチアン・グラス専門の美術館。イタリアンレストランでカンッーネの演奏をメインに目論んでいるんですがね、、、 来年の目標が出来てプチ生き甲斐を感じるのです。



遜 龍明




by fotografkei | 2017-07-16 11:50 | スナップ

中山道を行くその3 奈良井宿

いよいよ奈良井宿到着。16:11pm
宿に荷物を置いて夜の食事まで約2時間、歩いてきました。

a0330864_08372460.jpg

a0330864_08373338.jpg

a0330864_08374198.jpg

古さを求めてレンズを向けてみたが、やはりわたしの心に強く刺さるイメージが欠けている。何だろうね。
江戸時代後期に活躍した渓斎 英泉(けいさい えいせん)の浮世絵にも描かれている。「木曽街道六十九次」では歌川広重と合作している。中山道六十九次のうち34番目の宿場とある。
天保14年(1843年)の『中山道宿村大概帳』によれば、奈良井宿の宿内家数は409軒、うち本陣(江戸時代以降の宿場で大名や旗本、幕府役人、勅使、宮、門跡などが使用した宿舎)1軒、脇本陣(本陣だけでは泊まりきれない場合や、藩同士が鉢合わせになった場合に格式が低い藩の宿として利用される)1軒、旅籠5軒で宿内人口は2,155人とある。江戸時代から曲げ物、櫛、漆器などの木工業が盛んで、旅の土産物として人気があった。

a0330864_08375107.jpg

a0330864_08380363.jpg

a0330864_08381851.jpg

さてさて、私ごと町並みの撮影もさることながら、空を見上げればすばらしい雲の造形美。普通に撮っていてはそのすばらしさが表現できない。そこでカメラの機能の一つ「ドラマチックトーンモノクロ」で切撮ってみた。雲が主役で町並みが脇役。えっ、邪道じゃないかって?
いいんです。旅先の紹介は二の次。感動したぶんだけ切撮れば、、、、

a0330864_08382732.jpg

a0330864_08383637.jpg

どうも私「雲フェチ」になったようです。建物の陰なる部分を表現しようとすれば空は真っ白、雲が写らない。今のカメラは遊び心満載。
画像加工ソフトに頼らなくても自分が感動した部分をカメラひとつで表現できるのは頼もしい。後は自分の感性をどう磨くかであり、その被写体を見つける楽しみが増えたわけだ。

食事までまだ少し時間があるようで、次なるカットに続くのです。



遜 龍明




by fotografkei | 2017-07-14 09:17 | スナップ

幻想

今日も撮影はありません。
花粉症2年目の私、辛い!
昨年始めて花粉症の症状を診る。もともと慢性鼻炎を持っているものですから、軽く考えていたんです。

a0330864_19422649.jpg

しかし2年目の今年は外に出られないんです。
3/19厳重なマスクをしていつもの東屋、カワセミに逢ってきたのですが、
目だけはどうしようもないです。
その夜、目が痒く鼻づまり、
翌朝目が開けられない。目脂で、、、

今日は耳鼻科へ出向き薬を替えてもらいました。
今年の花粉は遅くから症状が出ましたのでいつになったら???
閉め切った部屋で、ん~~~、ストレスが溜まる。


遜 龍明



by fotografkei | 2017-03-24 19:51 | アート写真

謹賀新年

a0330864_10064955.jpg



遜 龍明



by fotografkei | 2017-01-01 10:08 | その他

ときめき

今年も残るところ3週間を切ったんだ。
年末? ん~、昔のようなときめきが無い。

a0330864_15563489.jpg

若い頃は良かったよね。
クリスマスプレゼント、彼女とのデート、
うひゃ~、思い出してしまいました。

a0330864_15562642.jpg

寒空の下、心がときめいてなんとなく寒さを感じなかったっけ、

しかし~~~
孫も大きくなるとだめだね、昔のようなときめきが無くて・・・

昨晩は両親とすき焼き鍋を囲んだ。
少しのお酒、酔いました♪
すき焼きの肉、ちょっと贅沢に、
うまかった。
久しぶりのお酒で眠れず、朝起きてみれば昨日階段から落ちたため体中が痛い!
何かと考えさせられる一日であった。笑)



遜 龍明




by fotografkei | 2016-12-11 16:10 | アート写真

マッタリ仕事

先日街撮り行ってきました。
歳はとりたくないね。歩きすぎた!
もともと腰の弱い私、左右の足の長さも違うし、(あれって、足?)
短足は認めます。

a0330864_12235043.jpg

体重を落とさないと負担が大きい。
あと5kg、落ちない。
好きなマヨネーズ、しばらく口にしていないなぁ、
今になって野菜中心、

今朝、落ちた。
階段から、
見事!お尻で下まで、、、
バリアフリーの階段。効果なし。

家族の心配顔、
私、「あははっ、やってしまいました。ドンマイ・ドンマイ」
今になって肩や手首が痛い。頭を打たなかっただけ良かったと思わなきゃ、


遜 龍明




by fotografkei | 2016-12-10 12:35 | アート写真

秋麗

a0330864_13415110.jpg

カメラの設定を色温度で切撮ってみた。紅葉をハイキーに表現する方法もあるが、
寒さが増すこの時期、観て暖かいほうが合っているような、

a0330864_13415855.jpg

燃えるモミジの色はその日の気分でアンダーになったりハイキーになったり、
真っ赤に色づくモミジの中に、光がすっと差し込むその様はなんとも言いがたい。

「ほっこり」?
そうかもしれない。

a0330864_13420864.jpg

この時期もう少し南に移動しないと燃えるモミジは拝めないかな?
機会があったらもう一度被写体として切撮ってみたい。



遜 龍明




by fotografkei | 2016-11-27 13:49 | スナップ

野鳥撮影を主に発信しています。


by 遜 龍明
プロフィールを見る