タグ:α7 ( 122 ) タグの人気記事


2017年 02月 09日

先人の知恵(功績)20170209

今日は天気も悪く雪が混じる一日となった。
こんな日だからこそ自分の写真と見詰め合うことが出来る。

その前に、ブログの更新。思いつくと真っ先に手がけないと気が済まない私。

先日「トヨタ産業技術記念館」へ撮影に出かけた。
豊田といえばトヨタ、といえばトヨタ自動車なのであります。
しかしトヨタ自動車を語る前に「豊田(濁音)」を知らなくては、、、と思うのであります。
この件(くだり)はこうだ。

トヨタ自動車の創始者は「豊田喜一郎氏」。ご存知のとおり。
その父親である「豊田佐吉氏」、農家の生まれで後の豊田紡織機械の生みの親と言ってもいいだろう。
豊田佐吉は東洋のエジソン。古くからある機織機を自動織機にまで研究開発した人物。研究に研究を重ね、改良して一大会社を築き上げたのであります。織機の縦糸を両足を交互に踏むことで交差させ、人の手で横糸を右から左、左から右へと通すドラマに出てくるような機織機はご存知のとおり、その横糸の操作を自動化させたことで特許取得は有名な話しである。研究に研究を重ねすべての工程を機械化したことでも名を馳せた。

佐吉氏は1911年(明治44年) -現在の名古屋市西区則武新町(現在のトヨタ産業技術記念館の地)に、自動織機の発明完成の足場を築くために、独立自営の豊田自動織布工場を設立した。1918年(大正 7年) - 豊田自働紡織工場を株式会社化し、豊田紡織株式会社を設立。1920年(大正9年)、建坪約1万坪の大紡織工場が完成した。

a0330864_12374302.jpg

佐吉は「障子を開けてみよ。外は広いぞ」と語ったと伝えられている。東洋の発明王といわれた佐吉氏から生まれたのが前に紹介した豊田喜一郎氏なのであります。
喜一郎氏はやはり発明王の子供なんですな。世界の「トヨタ」を産んだんであります。前置きが長くなりましたがこれからが本題なのであります。

時は1930年代、日本は世界五大国の一角を占める列強といえど、同盟国のドイツやイタリア、イギリスやアメリカ合衆国、フランスなどに比べて自家用車の普及や舗装道路の整備状況は劣っており、乗用車の最大のユーザー層はタクシーやハイヤー業者であった。
そして、この時代のハイヤーやタクシーは、比較的廉価でかつ実用上の耐久性が高い排気量3,000ccから4,000ccクラスのアメリカ製大衆車が広く用いられていた。その中でも多数を占めるのは、フォードとシボレー(ゼネラルモーターズ)の2大ブランドで、両社は1920年代中後半に日本に進出し国内でノックダウン生産を行い(「日本フォード(横浜フォード)・「日本GM(大阪シボレー)」、日本市場に深く浸透していた。

a0330864_12374943.jpg

喜一郎氏は、昭和9年(1934年)、豊田自動織機製作所構内の片隅をお借りして「材料試験室」とともに「試作工場」を建設したんであります。同地は自動織機の研究開発のために創設した試験工場の場所としてトヨタグループ発祥の地であるとともに、(株)豊田自動織機製作所及びトヨタ自動車工業(株)の設立の地でもあったのです。
トヨダ・AA型乗用車(のちトヨタ・AA型乗用車)は、豊田喜一郎を中心とする豊田自動織機製作所自動車部(のちのトヨタ自動車の前身)が、1935年の試作車「A1型」を改良して、1936年に完成させた乗用車。

a0330864_12375626.jpg

どうです。この柔らかなライン。何についても美しいと言うのは人の心を惹くものであります。
手作り、このラインを金床や木槌、金槌で作り上げるのですから日本人の繊細な遺伝子がいつの時代も語られるのであります。

a0330864_12380359.jpg

どうですこの輝き、一点の曇りもなく流線型な姿が生まれたのであります。
今年で81年と言う歴史を刻んだんであります。しかし佐吉氏の血を受け継いだ喜一郎氏が世界をまたに駆ける「トヨタ」を生み出すのは消して偶然ではなく、そうなる運命だったんでしょうな。並の人間ではここまで行き着くことは出来なかったでしょう。とおもう。

1938年、工場のために田畑を移すのを避けたいという思いから、愛知県西加茂郡挙母町(現・豊田市)の荒地だった58万坪の土地を取得し、自動車工場を建設した。偉い方は考え方も違う。
現豊田市中心部の挙母(ころも)は、近代以前三河国加茂郡に属し、江戸時代には挙母藩内藤氏2万石の城下町であった。1951年には挙母市(ころもし)として市制を敷いたが、1959年1月1日に豊田市に改名された。トヨタ自動車の影響が相当強かったと思われる。
豊田市は正しくを清音で「とよた」である。ただし、市名の由来であるトヨタグループの創始者豊田佐吉や一族の姓は「とよだ」と濁音である。

トヨタ自動車の「トヨタ」は、創業者豊田佐吉の苗字、「豊田(トヨダ)」に由来します。じつは、初期の乗用車に添えられたエンブレムは、漢字の読みをそのままローマ字で表記した「TOYODA」でした。しかし、この会社名であり、かつブランド名であった「トヨダ」は、1936年に行われた「トヨダ・マーク」の懸賞募集を経て「トヨタ」へと変わることになります。

1938年にトヨタはのちの豊田市(清音)へ移転し、1959年豊田市(清音)に市名が変わったと言うのも何かの縁でしょうかね。相当なる影響でしょう。

いや~歴史って楽しいですね。


さて、ブログ更新は終わったので写真の整理へと移ります。


遜 龍明




by fotografkei | 2017-02-09 14:19 | その他
2017年 01月 20日

雨日記20170120

曇りのち雨、
昼を過ぎても雨らしき素振りも無い。

一日損した気持ち。

a0330864_19121635.jpg

今年の課題「雨」
何も雨に限ったわけ無く、漢字に雨が入っていれば良し。
雪・露・霜・霧・・・
かえってありすぎてむずかしい。
演歌じゃないけどロマンチックな作品を撮ってみたい。



遜 龍明





by fotografkei | 2017-01-20 19:16 | スナップ
2016年 12月 02日

頂点

写真をアップロードしていて気がついた。
12月なんだ!
急にソワソワ、

a0330864_18240872.jpg

a0330864_18241586.jpg

今日一週間ぶりに尋ねた公園、南京はぜの葉が見事に落ちていた。
黄身を帯びた葉もすでに枯れ枝。早い、

a0330864_18240016.jpg

a0330864_18242534.jpg

何かと事が早まる12月。
おろおろしていられない。

a0330864_18243482.jpg

今年もあと少し、何事も無く日を送りたいものである。
かなり空気が乾燥している。鼻がスースー、
風邪を引かないようにしなくては、両親の介護をする立場。
事は重大である。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-12-02 18:32 | スナップ
2016年 11月 30日

落葉

落葉が始まった。
道路は黄色い絨毯、あるけば「サク、サク」と軽やかな音。

a0330864_17584349.jpg

早く紅葉を発信しないと時期遅れ、

a0330864_17585028.jpg

そういえばすれ違う人の服が重ね着、
冬だ!

a0330864_17585720.jpg

明日から12月だものね、師走。
ぴ~んと来ないなぁ。

a0330864_17590368.jpg

一ヶ月もしたらお正月。
って現役を離れた私にはあまり実感が湧いてこない。
未だ風邪を引くことなく元気。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-11-30 18:05 | スナップ
2016年 11月 28日

筆舌に尽くし難い

a0330864_18551764.jpg

この暖かい贈り物を見れば言葉を失う。

言葉が無くともカメラを向けるその姿が語っている。

a0330864_18552339.jpg

ファインダーを覗くと光の動きが見える。

ほんの僅かだが秋の息吹を指で感じる。

いまだ!

a0330864_18552928.jpg

こんなすばらしい贈り物があるだろうか、

一時とも姿を留めない色、

だからいつになってもこの色を求めてレンズを向ける。




遜 龍明






by fotografkei | 2016-11-28 19:08 | スナップ
2016年 11月 27日

秋麗

a0330864_13415110.jpg

カメラの設定を色温度で切撮ってみた。紅葉をハイキーに表現する方法もあるが、
寒さが増すこの時期、観て暖かいほうが合っているような、

a0330864_13415855.jpg

燃えるモミジの色はその日の気分でアンダーになったりハイキーになったり、
真っ赤に色づくモミジの中に、光がすっと差し込むその様はなんとも言いがたい。

「ほっこり」?
そうかもしれない。

a0330864_13420864.jpg

この時期もう少し南に移動しないと燃えるモミジは拝めないかな?
機会があったらもう一度被写体として切撮ってみたい。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-11-27 13:49 | スナップ
2016年 11月 26日

真逆な虹

雨上がりでもないのに「虹」?
そうなんです。虹が現れるのです。

a0330864_14305546.jpg

 通常「虹」といわれるものは太陽とスクリーン(通常など雨粒)の反射角が40~50度にあるときに現れる現象です。
波長の長さで虹は一般的に上向きに凸になっている。波長の短いものを内側に、波長が長いものは外側に円弧を描くものですが、カメラに写り込む虹は真逆の凹に弧をを描きます。

 カメラの現象だけではなく自然界においても同じような現象がまれに起こります。イギリスのリバプールで凹になっている虹が観測された。アークというのは弓形や円弧といった意味で、その言葉どおり、環天頂アークは空の一番てっぺんである「天頂」を中心とした環に沿うように、観測者の目には下側が凸になった円弧状になって現れる。
 自然界でおきる現象は非常に珍しく、特定の角度から光が差し込まないと現れることは無い。自然界に起こる真逆な虹は特定の角度(22度)で、高さ約2万~2万5千フィート(飛行機の巡航高度の2~2.5倍の高さ)にある小さく束ねた薄雲を日光が通った場合にのみ現れる。また見る人の位置によっても変わってくるため、見ることができた人は非常に運がいい。他にも、光の強さ・観測者の位置・大気の状況で大きく左右されるため、実際に見るのはかなり難しそうです。
 ケンブリッジ大学の宇宙物理学の博士も「60年間生きてきたが、初めて見た」とコメントしており、どれだけ珍しいものなのか分かります。通常の反射角より大きく,出現高度角は約46度以上、これはかなり高い場所である。人間の目の視野は横に比べて縦が狭いこともあって、環天頂アークが出現していても、それに気付かないことが多い。

 環天頂アークは晴れた日に出るので厳密に言うと虹じゃなくハロ(ハレーション)と呼ばれる現象のひとつ。晴れた日の頭上に出る虹のようなもののことです。彩雲と間違われることもありますが別物。地震の前兆でもありません。円弧の外側から数えた色順(波長が短い紫は円の内側で広がるにつれ波長の長い赤)などは虹と一緒です。

 今回(昨日の作品とあわせて)の写りこみは円弧の内側方向からレンズに光が入っています。しかしレンズを通した光は一点で像を結び、スクリーンに映し出される映像は上下逆になっています。(小学校の理科で学びましたね)
 カメラを上下、アオリを効かせるとわずかな角度で虹を写し込むことができます。しかし、現代のカメラレンズでこの現象を起こさせるのはまず無理でしょう。幾重にも重ね作られたレンズはこの現象を無くすために改良されたものです。オールドレンズだからこそ映し出される画像です。このようなレンズに出逢えたときには「集めてよかった」って自分を納得させるのです。笑)

a0330864_14310608.jpg

さて、しばらく紅葉の作品が続きます。良かったら見ていってください。


遜 龍明




by fotografkei | 2016-11-26 15:09 | カメラのこと
2016年 11月 25日

遅れた紅葉

今日は少々遅すぎた紅葉、以外に早まったのであります。

a0330864_17102430.jpg

まだまだと思っていたのですが、いやいやどうして、少々遅れを取りました。

a0330864_17103241.jpg

お供をしたのはsony α7にロシアンレンズ。
1950年前半旧ソ連クラスノゴルスク機械工場で製造されたold lensであります。
Jupiter-8 50mm f2 ツアイス ゾナーのコピーだそうな、

a0330864_17105389.jpg

絞れば結構まともな画像ですが、開放で撮るとハロが顕著に現れ、
入射角によっては「虹」が現れる、結構気に入っているレンズなのです。

a0330864_17104427.jpg

また条件によってはトンネルエフェクトも、

a0330864_17110131.jpg

実に楽しいレンズなのであります。
この時代のレンズは終戦まもなくドイツからツァイスの技術者を捕虜として国営工場でコピーを製造させていた為、比較的マシなレンズが多いと聞きます。
60年後半からは自国で製造するようになって粗悪品が大量生産された。故障が多く使い物にならない品物ばかり。
昨今レンズ沼から這い出た自分であるが、面白いと聞くと財布の紐が緩む。これは治癒せぬ病。旨く付き合うしかないようです。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-11-25 17:38 | スナップ
2016年 10月 13日

autumn 最終章




たった4編の短編集

秋はしらずしらずに現れ、気がつかないうちに寒い冬。

a0330864_12590298.jpg

その時間は人それぞれ、

長くもあり、短くもある。

a0330864_12590963.jpg

だから秋って物悲しいのかな、

a0330864_12591538.jpg

「秋」って色々な人生に喩えられる、

恋愛だってそう、

まるで秋のように目の前に現れ、去ってゆく。

a0330864_12595129.jpg

読書の秋? 食欲の秋?

いやいやそんな物質的なものではなく、

それは心の中に潜む感傷的なものだ。

人生の、

繰り返される物語とよく似ている。

いつまでも浸っていたいと思っても相手から去ってゆく恋のようなもの

だから「秋」って物悲しい。



遜 龍明




by fotografkei | 2016-10-13 13:15 | 花写真
2016年 10月 10日

autumn 第3章 清楚




園に一際目立つ白い薔薇

かがんで見上げれば光の中に溶け込んでしまうような純白

a0330864_21472518.jpg


飾りけがなく、清らかなこと

東郷青児の甘美な女性像、竹久夢二の儚い女性像も良い

描かれる美しさに引けをとらないその姿は「清楚」そのものである。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-10-10 07:48 | OLd Lens