日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 01月 26日

カワセミ、スローなブギ

今日は久しぶりにいつものフィールドへ、
天気予報は昼から雨、040.gif
予報通りです。しかし、日差しも柔らかくお気に召す作品が撮れました。

a0330864_20300438.jpg

a0330864_20301013.jpg

ん~、なんだ?
a0330864_20301724.jpg

a0330864_20302300.jpg

これはシャッタースピードを1/80で撮影したものです。
840mmの超望遠でSS1/80ですから面白い画像が、
a0330864_20302912.jpg

a0330864_20303768.jpg

動きを止めずにわざとブラしてみました。
でもある部分は、ほら、足は木にしっかりと止(留)まっています。
動きが
表現できていますか?

えっ、邪道ですって?
良いじゃないですか、私本人は楽しんでいます。
硬いことは抜きにして、思った通りに作品を作ることが楽しむ秘訣です。
またそんな試みを考えているのも楽しい時間です。




# by fotografkei | 2015-01-26 20:36 | カワセミ | Comments(4)
2015年 01月 25日

撮影休みの日です

今日日曜日は撮影を休みました。
在庫から・・・

a0330864_18210533.jpg

a0330864_18211043.jpg

a0330864_18211698.jpg


突如カワセミの頭をかすめたんでしょう。あわてる姿が滑稽
a0330864_18212256.jpg

a0330864_18212794.jpg

a0330864_18213600.jpg

「なんだ~、アーびっくりした」
a0330864_18214203.jpg


おまけ
ここでもカワアイサがすぐ近くに来てくれます。しかし、雄の姿は見ませんね。
a0330864_18240100.jpg


明日も会合のため撮影はありません。
と言っても天気予報では2日ほど雨模様。
またお会いしましょう。




# by fotografkei | 2015-01-25 18:27 | カワセミ | Comments(4)
2015年 01月 23日

ミサゴ 風が強く狩りができない!

今日は朝早くから飛び出し、
期待していたが徐々に風が強く、
カメラが倒れそうで始終三脚を支えていた。

a0330864_19320067.jpg

どうしたことか、ミコアイサがすぐ近くまで、めったに無いことだよ。
a0330864_19320792.jpg


ミサゴは頭上を旋回するも波立った湖面で魚が見えないのだろう。
なんども木止まりをしながら飛び出し、
a0330864_19322250.jpg

a0330864_19322856.jpg

見る限り昨日も食べていないと思われる。
現地入りしたのが08:30am
もうすでにいつもの止まり木には姿がなかった。
a0330864_19323912.jpg

間もなく戻ってくるが、すぐ飛び立つ
a0330864_19324609.jpg

12:00pm カメラをしまう。
しかしミサゴはいつもの止まり木で寂しそう
自然界は厳しいのである。


明日も、出かけます。
しばらく仕事が入っていない
私は懐がさみしいのです
2月からは文化協会の仕事で私用の撮影は制限されるかな?
いやいや、めげませんよ・・・



# by fotografkei | 2015-01-23 19:42 | ミサゴ | Comments(0)
2015年 01月 22日

「オオタカ」か「ハイタカ」はたまた「ツミ」

猛禽類は尾羽や縞模様、大きさ色などで識別するのであるが、とにかく小さい(カメラと被写体に距離がある)
時折審議を醸し出す。

a0330864_19121661.jpg

この写真は1/18に撮影されたハイタカ、カワセミを追いかけて捕獲しようとしていたが失敗。
運よく木止まりを撮影することができた。

a0330864_19120542.jpg

これは1/20に撮影された「ツミ」と思われる猛禽類。
動物界脊索動物門鳥綱タカ目タカ科ハイタカ属に分類される鳥。
夏季に中華人民共和国東部や日本、朝鮮半島で繁殖し、冬季は中華人民共和国南部や東南アジアに南下して越冬する。日本では基亜種が温暖な地域では周年生息(留鳥)するが、寒冷地では冬季に南下(夏鳥)することもある。
全長オス27cm、メス30cm。翼開長50-63cm。体重75-160g。漢字表記の雀は「小さい」の意で、和名はスズメタカが変化したメスに対しての呼称に由来する。下面は白い羽毛で覆われる。
鷹狩りにおいては古くからオスをエッサイ(悦哉)と呼称し、都市部では緑化に伴い、繁殖例も増加している。しかし開発による生息地の破壊により全体の生息数は減少している。

a0330864_19121182.jpg

昨日アップしたオオタカ、しかし、胸に赤みが帯びていることからおそらくハイタカではなかろうか?
オオタカとハイタカは、この赤みがあるかないかで見分けるようであるが、「ツミ」は胸から腹にかけて流れるような縦の縞模様。飛んでいる鳥を見分けるこれは至難の業である。





# by fotografkei | 2015-01-22 19:36 | 猛禽類 | Comments(0)
2015年 01月 21日

ただ何となく半日が

今日も天気がおもわしくない朝出かけてきました。
風もなく、太陽は柔らかく、暖かい半日
なぜこんな日にサプライズがないのか・・・041.gif

a0330864_19432199.jpg

08:00am 現着
a0330864_19432864.jpg

08:45am ミサゴを見送る・・・
a0330864_19433690.jpg

はるか遠くにカケスを発見。あっはは、単なる証拠写真。

突如、オシドリの群れを発見、なかなかピントが合わない
a0330864_19434203.jpg

a0330864_19440496.jpg

そうです。オオタカが現れたのです。
a0330864_19442069.jpg

a0330864_19443089.jpg

オオタカとカラスのバトル
a0330864_19443600.jpg

このあと、カラスの集団が今度はオオタカを狙う。
a0330864_19444314.jpg

残念ながら逆光のため証拠写真残せず
a0330864_19445198.jpg

オオタカは去ってゆくのです。

えっ、ミサゴ?
飛んで行ったまま帰ってきません。
12:00pmカメラをしまう。
帰宅して美容院へ行ってきました。
なぜ男なのに美容院?
そう、私の頭は美容院でやってもらうのです。
約4時間、またイメチェン・・・
・・・・・
脱色は時間がかかるんだよね。それから色染め、
満足!

明日は雨模様、金曜日もね。
体を休めます。




# by fotografkei | 2015-01-21 19:59 | ミサゴ | Comments(6)