久しぶりにカワセミ

久しぶりにカワセミのアップ
超望遠で切り撮ってみました。

焦点距離3,360mm ISO800 SS1/250 画像データ400万画素 ノントリ 秒間40コマ
a0330864_18423019.jpg

カメラPanasonic GX7
レンズCANON EF600mm f4.0に1.4倍テレコン(35mm換算840mm)

焦点距離6,720mm ISO500 SS1/800 画像データ800万画素 ノントリ 秒間10コマ
a0330864_18424552.jpg


焦点距離1,680mm ISO500 SS1/640 画像データ1600万画素 ノントリ 秒間10コマ
a0330864_18425379.jpg



カメラについて、先回のブログ4/11のブログの続きです。

Panasonic GX7はOLYMPUSと共同開発したマイクロフォーサーズ、イメージセンサーはフォーサーズ(その名の通り4/3型 約17.3mmx13mm)と同じ大きさのイメージセンサー(撮像素子)を搭載。
イメージセンサーの記録対角長(相対する角との長さ)は21.63mm、ちなみに35mmフルサイズ(36mmx24mm)の場合記録対角長は43.26mmとフルサイズの1/2。
したがって焦点距離がおのずと2倍になるのです。開発されたマイクロフォーサーズはミラーレス構造となり、フランジパックを20mm縮めたため大変薄型となっています。
ここまではメリットを述べてきましたが、デメリットもある面被写体にとっては致命傷です。画素数は同じピクセル数でも1ピクセル当たりのフォーマットの面積と比例して小さいため、高感度ノイズに弱いという点があげられるでしょう。
35mmフルサイズと比べると、フルサイズのほうがS/N比(信号量Sと雑音量N)は2段優れています。簡単にいえばマイクロフォーサーズのISO200はフルサイズのISO800に相当します。しかし昼間の撮影、ISOを低感度に設定した場合まったく問題ないと言っていいでしょう。もう1点、ボーグやデジスコのように暗くなく、レンズの開放値で撮影できます。マイクロフォーサーズの弱点である被写界深度が深い点は一眼のレンズを使うことで開放絞りのため背景のボケも素晴らしい。
今回のテストのように、一眼レフのレンズを利用して、撮影すればとんでもない焦点距離で撮影できるのです。猛禽類や近寄れない被写体に対しては非常に有効なシステムです。
色々試した中で、豆粒のような被写体をトリミングして拡大するより優れている場合があります。いくら高感度ノイズに弱いというものの大きくトリミングして粒子の荒れた作品を作るより、ノントリミングで作品を仕上げる方に軍配が上がる場合もあるのでは、、、


by Capa



# by fotografkei | 2015-04-24 19:40 | カワセミ | Comments(1)

久しぶりの博物館明治村

今日は写真教室
天気も素晴らしく、高台にある「博物館明治村」は歩いてもさわやか!
しかしさすがの土曜日、多くの来村者でにぎわっていました。

a0330864_20271774.jpg

博物館明治村の名物はまず「帝国ホテル」からご紹介するのが筋でしょう。

a0330864_20273029.jpg

a0330864_20272444.jpg

1回のロビーは3階まで吹き抜け、フランクロイドライトのデザインは自然光をふんだんに取り入れた画期的なものであった。

a0330864_20273613.jpg

このロビーで歓談される白い制服の紳士、場所柄ぴったりのお姿。お願いして1枚いただきました。

a0330864_20274287.jpg


このように博物館明治村はなんど訪れても新たな発見があるのです。
また明治村シリーズでも取り扱ってみようかな?

SONY α7 CANON50mmf1.2L(ライカマウント)
カメラとレンズについて

SONY α7にフォクトレンダーヘリコイド付き変換マウントを介して、1956年発売CANON50mmf1.2ライカLマウント。今回解放で撮影。銘玉と言われるこのレンズは発売当時なんと¥60,000.-。
1956年大学卒業初任給が¥13,000.-ほど、いかに高価なものであったか? 今現在このような銘玉と言われる中古レンズはとんでもない高騰を続けている。言うに及ばずこのレンズも初値より高くなった(ランクによる)


by Capa

# by fotografkei | 2015-04-18 21:01 | 明治村 | Comments(2)

啓蟄

今日は久しぶりの晴れ間、
それじゃってんで、カワセミ君に逢いに行くのです。
カメラマンの多いこと、カメラマンの「啓蟄」
まるで湧いて出るカメラマン!


a0330864_21271041.jpg

a0330864_21271634.jpg

変りばえしない画像ですか?
そりゃそうですよ。
カワセミにサーカスやれったって無理ですよ。

a0330864_21272696.jpg

では、イリュージョン?
「無理」

a0330864_21273230.jpg

じゃお前が漫才やれって?
考えておきます。


by Capa




# by fotografkei | 2015-04-16 21:31 | カワセミ | Comments(2)

置きピンで楽しむ?

ここ2日ばかり雨で撮影はありません。
日曜日午後から撮影に出かけたカワセミ



a0330864_18002300.jpg

a0330864_18002873.jpg

a0330864_18003448.jpg

a0330864_18003997.jpg

これ全部置きピン!
ジャスピンだからびっくり!

a0330864_18004931.jpg

a0330864_18005639.jpg

a0330864_18010112.jpg

a0330864_18010741.jpg

秒間40コマの威力、楽しいね。
今度はレリーズを加工しての撮影。フィルム時代の汎用レリーズ、
指に優しく反応がわかりやすい。押せばせり出すピンがシャッターを押してくれる。
ついでだから照準器も加工して見やすいように、
カメラが小さくフードに邪魔されて照準器の効果なし、
ちょいとステーを加工して見やすくしました。

今はビデオ雲台がほしいところだが、ジンバル雲台を加工してハンドルをつけようと考えている。
そうすればカメラを振る動作が楽になる。
なんだかんだとお金をかけずに楽しむ方法。
今までにかかった金額は980円に消費税!
後はもっていた部品を使用して今のスタイル。
25万円を頭に描き、デジスコセットを考えていたが、それもなし・・・
もともと予算も無かったんで得した気持ちとはほど遠いがたのしい!
今回の作品は1,200mmで撮影。立派な1,600万画素
満足、満足、、、、、



by Capa


# by fotografkei | 2015-04-14 18:14 | カワセミ | Comments(0)

午後出勤

今日は午前中教会へ
午後からカワセミの池へ
今日はおそらく花見最後の日曜日
公園は多くの方でにぎわいました。


a0330864_20200241.jpg

a0330864_20201254.jpg

a0330864_20202153.jpg

カワセミの雌は抱卵に入ったようです。
雄がけなげに雌のために餌運び、
どの世界も同じですね。

a0330864_20195141.jpg

シジュウカラが散りかけの枝垂れ桜を彩ってくれました。


by Capa



# by fotografkei | 2015-04-12 20:27 | カワセミ | Comments(2)

野鳥撮影を主に発信しています。


by 遜 龍明
プロフィールを見る