日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 02月 19日

今日は撮影休みです

今日は写真の整理、
私用の撮影はありません。

ミサゴ、私の遠征中もサプライズなし、
飛び去った後も帰らずとありました。

a0330864_20083752.jpg

生理現象
どうしてしまったんでしょうね。
a0330864_20084379.jpg

なんだか毎回同じようなカットばかり
a0330864_20084965.jpg

やはり今季は諦めたほうがよさそうな・・・

a0330864_20085622.jpg

バンです。
クイナ科の鳥ですが、雌雄どちらかな?
上側の嘴に赤い色が出てくると繁殖期。
まだその気配はないようですね。
a0330864_20090197.jpg

しきりに木についた苔を突いています。
1月末に撮影したのですが、その後観ていないですね。

明日はレンジャクを求めてプチ遠征です。
逢えるかな?
逢えると良いなぁ




# by fotografkei | 2015-02-19 20:17 | ミサゴ | Comments(2)
2015年 02月 17日

そろそろミサゴともしばしのお別れかな

在庫から
もう2月も中旬、そろそろミサゴとも今季はお別れかな?

a0330864_00034013.jpg

今季は色々サプライズがあり、楽しませてくれた。

a0330864_00034784.jpg

a0330864_00035356.jpg

飛び込みと駆け上がり、撮り納めたかったなぁ
無かったわけではないが、後ろ向きの状態で作品にはならない。

a0330864_00040212.jpg

a0330864_00040838.jpg

来月に入ればヤマセミの繁殖期、
レンジャクも来るでしょう。今年はキレンジャクに逢えるかな、
コマドリやノゴマも
桜の芽が膨らんできたのでウソはどうかな?

今日は泊まりで雪国へ撮影に出かけます。





# by fotografkei | 2015-02-17 00:09 | ミサゴ | Comments(4)
2015年 02月 14日

寒い中いつものフィールドで

今日も寒くなりました。
いつものフィールドで鳥撮りさんに逢ってきました。

音楽を聞きながらウォーキング、背筋が伸びてすばらしい。
a0330864_20273453.jpg


ソウシチョウは気が強いですね。
a0330864_20272548.jpg

容姿は素敵なんですが、綺麗過ぎて・・・

a0330864_20273928.jpg

a0330864_20274688.jpg

相も変わらず定期的に訪れる主

a0330864_20275264.jpg

a0330864_20275877.jpg

ルリビタキのオスは弱いですね。すっと現れて、いつの間にかいなくなります。
しかし、メスは強いですよ。
どの世界も同じなのか・・・

明日は教会で撮影はありません。
来週は木曜日まで予定が詰まって撮影はありません。
在庫からの放出となりますが・・・




# by fotografkei | 2015-02-14 20:34 | その他 | Comments(8)
2015年 02月 13日

雪舞う一日

今日はミサゴの撮影に出かけましたが、雪舞う朝
空を舞うミサゴを確認、しかし撮影になりません。
早々に切り上げて帰ってきました。

a0330864_19434234.jpg

カルガモも恋の季節、何となく寄り添うように泳ぐ2羽

a0330864_19434824.jpg

当のカワセミは未だその兆候なし・・・

a0330864_19435434.jpg

とにかく寒いです。蜘蛛の糸に氷柱、いつになったら春が・・・


ところで明日は「バレンタインデー」
いただきました、
「奥さまかお嬢さんでしょ」
「・・・・・」
ここは内緒にしておいた方がミステリアスで、ウフフ・・・

a0330864_19440019.jpg


なぜか高級感の漂うチョコレート
明日密かにいただきます。
苦味のある男が甘いチョコを口にする。
あ~、芳醇な甘さ!!!




# by fotografkei | 2015-02-13 19:52 | その他 | Comments(0)
2015年 02月 13日

万葉集(椿)

CGで絵を描くといっても
もとになるのは私の撮った写真。
絵手紙風に万葉集でも語ろうと・・・

a0330864_14544935.jpg


読み
あしひきの山椿咲く、やつを越え、しし待つ君が、いはひ妻かも

意味
山椿が咲いている山々を越えて、あなたが鹿を捕らえて帰って来るのを、私は慎んで待っていますよ。

ちょうど22歳のころ万葉集に嵌りまして、柄にもなく歌人の恋詩をむさぼり読んだものです。
その本も40数年経つと黄色く変色している。
いまだ宝物。

こんな試みも良いのでは・・・




# by fotografkei | 2015-02-13 15:04 | 万葉のみやび