2014年 12月 29日

昨日の撮影分から

今日は・・・寝ました。
毎日早朝の撮影、寒い、しかし体は鍛えられますよ。
重い荷物を背負っての撮影。山道は堪えます。
今は河原の擁壁を上り下り、仮の命綱を手繰っての撮影です。もう2度転びました。041.gif
大事なカメラを気遣っての動作、一度はカメラバッグを背負い、三脚を持って、前のめりに転びましたが、
何と頭で体を支えたのです。後から手がつきましたよ。もう一度041.gif
下が生い茂った草地でしたのでこの石頭には怪我もありませんでした。毛もありません。もう一度008.gif
そんなわけないでしょ。ブロンドの頭ですから・・・

a0330864_20313062.jpg

a0330864_20314525.jpg

ツグミの雌に逢いました。とても綺麗! 淡い色合いが来年のパリコレ、

a0330864_20315820.jpg

これが雄です。見分け方は相対的に背中の色が濃く、おなかの黒斑が雌に比べて黒い。
昔はカスミ網を掛けて焼き鳥にして食べたんですよ何とも美味!
しかし、今撮影している野鳥ですが、昔は我口に入ったんですよね。
今では手が後ろに回りますから撮るだけ、捕ることはいけません。

a0330864_20321607.jpg

a0330864_20325046.jpg

ジョウビタキの雌です。早朝ですから、影に入るとかなり色温度が上がってしまいます。
このときは草地一面真っ白でしたよ。
テントの中ですがお尻が冷たい。次回は湯たんぽでも持っていきたいですね。

明日はミサゴの撮影を予定しています。
サプライズないかなぁ~
ここ2度ほど撃沈。今年最後の撮影、終わりよければすべて良しってことに・・・





# by fotografkei | 2014-12-29 20:54 | 小型野鳥 | Comments(4)
2014年 12月 28日

カワセミ、姿を見るに終わる

今日は07:00am現着、早朝の撮影
昨晩は寝つきが遅かった。眠い

a0330864_17191491.jpg

a0330864_17192363.jpg

カワセミが主役、しかし飛来のみで特にサプライズなし、
モズ♂、ジョウビタキ♀、ツグミ♀、ダイサギ冬羽は雌雄判別不可、止まりもののカワセミ♂のみの撮影に終わる。

a0330864_17193897.jpg

動物界脊索動物門鳥綱スズメ目モズ科モズ属に分類される鳥類。
しかし嘴を見る限り猛禽類に分別されるべきか?

a0330864_17195049.jpg

キャッチライトが入れば申し分ないのだが・・・


番外編
a0330864_17313023.jpg

何とダイサギが小型のスッポンを捕獲、食することなく放棄
ダイサギの雌雄見分け方は、繁殖期になると雄の頭に飾り羽が現れ、そのディスプレーで求愛する。雌雄見分けるのはその時かな?

明日は写真同好会の集まりのため撮影はありません。
天気予報も「雨」ちょうど骨休めができます。

火曜日はミサゴの撮影を予定しています。




# by fotografkei | 2014-12-28 17:39 | 小型野鳥 | Comments(4)
2014年 12月 27日

恋の季節?

今日2度目の発信です。
水鳥はそろそろ恋の季節、カルガモ(軽鴨)は「軽の池」(奈良県橿原市大軽周辺とする説もあり)で、
夏季も含めて見られたカモであったことに由来すると考えられている。

鳥綱カモ目カモ科マガモ属に分類される鳥類。翼長オス25.4-27.6cm、メス24.3-26cm、雌雄見た目では判別不可。

a0330864_21422123.jpg

a0330864_21423276.jpg

a0330864_21424371.jpg

お熱い仲053.gif

a0330864_21425148.jpg

a0330864_21425956.jpg

a0330864_21432200.jpg


文献によると繁殖期前期(交尾から栄巣地の探索程度まで)はつがいで行動するが、メスが抱卵・育雛を行っている間、オスは概ねオスだけの群れを形成する。
繁殖期が終わると、まずメス親とヒナとの関係が消失する。その後は不透明であるが、越冬期前には、雌雄で構成される大群を形成する。

そのうちに雌の後を雄が付いて回り、他の雄を近づけないようにけん制する。
その頃には雄と雌の見分けがつくのです。037.gif




# by fotografkei | 2014-12-27 21:49 | 水鳥 | Comments(4)
2014年 12月 27日

ミサゴとカラス

今日も半日、ストレスを抱えて帰ってきました。
飛んだり、木止まりに数時間!
最後11:40am飛び出してから一向に帰ってきません。
どこかで捕食して別の場所で食しているんでしょう。007.gif
12:30pmカメラを撤収、後ろ髪惹かれて帰ってきました。

まだ昨日のほうが

a0330864_17280505.jpg

とにかく遠方、200m越え。捕食した魚を狙ってカラスとしばしにらめっこ
a0330864_17290766.jpg

ミサゴが逃げ出した。
a0330864_17292835.jpg

カラスが追う
a0330864_17293917.jpg

a0330864_17294661.jpg

カラスも強いね。執拗に追いかけます。
a0330864_17295934.jpg

やっと逃げ切っていつもの止まり木へ、
a0330864_17301208.jpg

カラスを気にしてか一向に食べようとしません。
しばらくして、食べ始めましたが後ろ向き。
絵にならないので、12:00amカメラ撤収。

a0330864_17302554.jpg

カラスに向かって、えいっ、073.gif
なお、上の時系列の作品とは関係ありません。


明日は別のフィールドへカワセミの撮影に出かける予定です。しかし天気が微妙!





# by fotografkei | 2014-12-27 17:47 | ミサゴ | Comments(2)
2014年 12月 26日

残りをテイクアウト

新たにブログを発信しました。
野鳥の撮影を主体になんでも有りのブログです。

a0330864_19165215.jpg

どこかで捕食して食べ残しをテイクアウト
食事中カラスに追われたのでしょう。

a0330864_19170590.jpg

a0330864_19172547.jpg


年末、朝から追い出されます。
小生は粗大ごみ扱い?
明日もミサゴ、逢いに出かけます。




# by fotografkei | 2014-12-26 19:34 | ミサゴ | Comments(14)