日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 30日

落葉

落葉が始まった。
道路は黄色い絨毯、あるけば「サク、サク」と軽やかな音。

a0330864_17584349.jpg

早く紅葉を発信しないと時期遅れ、

a0330864_17585028.jpg

そういえばすれ違う人の服が重ね着、
冬だ!

a0330864_17585720.jpg

明日から12月だものね、師走。
ぴ~んと来ないなぁ。

a0330864_17590368.jpg

一ヶ月もしたらお正月。
って現役を離れた私にはあまり実感が湧いてこない。
未だ風邪を引くことなく元気。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-11-30 18:05 | スナップ
2016年 11月 29日

カワセミ日記20161129

紅葉も少し休まないと飽きてしまいますよね。
カワセミ、撮りにいっていますよ。

a0330864_20274661.jpg

めずらしい、良くみると「ヤゴ」のようです。
来年はトンボになるはずが、、、
ヤゴってかなり硬いのですが丸呑み込み。

a0330864_20275639.jpg

a0330864_20280404.jpg

今回は後姿、私のスタンスが悪かった。

セキレイがいやに目立ちます。
a0330864_20281369.jpg


今日は市民展の反省会、色々課題が定義されました。
来年に向けて気持ちを切り替えなくては、、、



遜 龍明






by fotografkei | 2016-11-29 20:34 | カワセミ
2016年 11月 28日

筆舌に尽くし難い

a0330864_18551764.jpg

この暖かい贈り物を見れば言葉を失う。

言葉が無くともカメラを向けるその姿が語っている。

a0330864_18552339.jpg

ファインダーを覗くと光の動きが見える。

ほんの僅かだが秋の息吹を指で感じる。

いまだ!

a0330864_18552928.jpg

こんなすばらしい贈り物があるだろうか、

一時とも姿を留めない色、

だからいつになってもこの色を求めてレンズを向ける。




遜 龍明






by fotografkei | 2016-11-28 19:08 | スナップ
2016年 11月 27日

秋麗

a0330864_13415110.jpg

カメラの設定を色温度で切撮ってみた。紅葉をハイキーに表現する方法もあるが、
寒さが増すこの時期、観て暖かいほうが合っているような、

a0330864_13415855.jpg

燃えるモミジの色はその日の気分でアンダーになったりハイキーになったり、
真っ赤に色づくモミジの中に、光がすっと差し込むその様はなんとも言いがたい。

「ほっこり」?
そうかもしれない。

a0330864_13420864.jpg

この時期もう少し南に移動しないと燃えるモミジは拝めないかな?
機会があったらもう一度被写体として切撮ってみたい。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-11-27 13:49 | スナップ
2016年 11月 26日

真逆な虹

雨上がりでもないのに「虹」?
そうなんです。虹が現れるのです。

a0330864_14305546.jpg

 通常「虹」といわれるものは太陽とスクリーン(通常など雨粒)の反射角が40~50度にあるときに現れる現象です。
波長の長さで虹は一般的に上向きに凸になっている。波長の短いものを内側に、波長が長いものは外側に円弧を描くものですが、カメラに写り込む虹は真逆の凹に弧をを描きます。

 カメラの現象だけではなく自然界においても同じような現象がまれに起こります。イギリスのリバプールで凹になっている虹が観測された。アークというのは弓形や円弧といった意味で、その言葉どおり、環天頂アークは空の一番てっぺんである「天頂」を中心とした環に沿うように、観測者の目には下側が凸になった円弧状になって現れる。
 自然界でおきる現象は非常に珍しく、特定の角度から光が差し込まないと現れることは無い。自然界に起こる真逆な虹は特定の角度(22度)で、高さ約2万~2万5千フィート(飛行機の巡航高度の2~2.5倍の高さ)にある小さく束ねた薄雲を日光が通った場合にのみ現れる。また見る人の位置によっても変わってくるため、見ることができた人は非常に運がいい。他にも、光の強さ・観測者の位置・大気の状況で大きく左右されるため、実際に見るのはかなり難しそうです。
 ケンブリッジ大学の宇宙物理学の博士も「60年間生きてきたが、初めて見た」とコメントしており、どれだけ珍しいものなのか分かります。通常の反射角より大きく,出現高度角は約46度以上、これはかなり高い場所である。人間の目の視野は横に比べて縦が狭いこともあって、環天頂アークが出現していても、それに気付かないことが多い。

 環天頂アークは晴れた日に出るので厳密に言うと虹じゃなくハロ(ハレーション)と呼ばれる現象のひとつ。晴れた日の頭上に出る虹のようなもののことです。彩雲と間違われることもありますが別物。地震の前兆でもありません。円弧の外側から数えた色順(波長が短い紫は円の内側で広がるにつれ波長の長い赤)などは虹と一緒です。

 今回(昨日の作品とあわせて)の写りこみは円弧の内側方向からレンズに光が入っています。しかしレンズを通した光は一点で像を結び、スクリーンに映し出される映像は上下逆になっています。(小学校の理科で学びましたね)
 カメラを上下、アオリを効かせるとわずかな角度で虹を写し込むことができます。しかし、現代のカメラレンズでこの現象を起こさせるのはまず無理でしょう。幾重にも重ね作られたレンズはこの現象を無くすために改良されたものです。オールドレンズだからこそ映し出される画像です。このようなレンズに出逢えたときには「集めてよかった」って自分を納得させるのです。笑)

a0330864_14310608.jpg

さて、しばらく紅葉の作品が続きます。良かったら見ていってください。


遜 龍明




by fotografkei | 2016-11-26 15:09 | カメラのこと
2016年 11月 25日

遅れた紅葉

今日は少々遅すぎた紅葉、以外に早まったのであります。

a0330864_17102430.jpg

まだまだと思っていたのですが、いやいやどうして、少々遅れを取りました。

a0330864_17103241.jpg

お供をしたのはsony α7にロシアンレンズ。
1950年前半旧ソ連クラスノゴルスク機械工場で製造されたold lensであります。
Jupiter-8 50mm f2 ツアイス ゾナーのコピーだそうな、

a0330864_17105389.jpg

絞れば結構まともな画像ですが、開放で撮るとハロが顕著に現れ、
入射角によっては「虹」が現れる、結構気に入っているレンズなのです。

a0330864_17104427.jpg

また条件によってはトンネルエフェクトも、

a0330864_17110131.jpg

実に楽しいレンズなのであります。
この時代のレンズは終戦まもなくドイツからツァイスの技術者を捕虜として国営工場でコピーを製造させていた為、比較的マシなレンズが多いと聞きます。
60年後半からは自国で製造するようになって粗悪品が大量生産された。故障が多く使い物にならない品物ばかり。
昨今レンズ沼から這い出た自分であるが、面白いと聞くと財布の紐が緩む。これは治癒せぬ病。旨く付き合うしかないようです。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-11-25 17:38 | スナップ
2016年 11月 24日

短い秋の日は瞬く間に暮れる

a0330864_15493171.jpg

秋暮れるごと寒さを肌で感じる。

なんとなく忙しく感ずるのは昼の時間が短いからだろうか、

a0330864_15494091.jpg

仕事も一段落して体を休める日々、

気持ちだけが焦りを感じる。

a0330864_15494687.jpg

たわわに実をつけた柿

今では鳥も見向きしない。

赤く色をつけた背景に、

孤独な柿は、葉の落ちた木にその実を委ねる。



遜 龍明







by fotografkei | 2016-11-24 16:01 | その他
2016年 11月 22日

カワセミ日記20161122

雨が降ったり晴れたり、ころころ変わる季節です。
今日もちょっと森まで、
カワセミに逢ってきました。

a0330864_16173944.jpg

この場所が好きなようでマッタリ魚を物色しています。

a0330864_16174574.jpg

すっかり綺麗になって、冬毛も整ったようです。
私もすっかり白いのが多くなり、歳相応で、、、

a0330864_16175523.jpg

まぁまぁの魚をゲットしたら、とんと来なくなりました。
次を待っているのもなんですからして、帰りました。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-11-22 16:52 | カワセミ
2016年 11月 20日

カワセミ日記20161120

まったりとした朝を向かえ、これまた時間をかけて朝食!

さて、池に行こうか森に行こうか・・・・・

a0330864_15520512.jpg

さすが日曜日、多くのカメラマンで賑わっていた。
私は隅のほうで小さくなってカメラを振る。

a0330864_15521258.jpg

しかし、シジュウカラ、ヤマガラ、ジョウビタキ、メジロが小枝を渡っても誰一人カメラを向けない。

私は向けても撮れない。とくにチョコマカ、チョコマカする小型野鳥はデジスコに向かないのかな?
私の動作が遅い。「早く慣れなきゃ」とあせるが、歳なのかな? 動作が鈍くなって来ていることも確か!

a0330864_15522123.jpg

久しぶりに出逢ったジョウビ君、昨年の個体だろうな。いやに馴れ馴れしい。

a0330864_15523148.jpg

今日はお昼まで粘ったがこんなもんでしょう。
一日一枚、
元気で毎日撮影に出かけられることが良いのだ!



遜 龍明





by fotografkei | 2016-11-20 16:05 | 小型野鳥
2016年 11月 19日

久しぶりに森の池

写真展が終わって少々張りの無い毎日。
そうだ! ってんで森の池に行ってみた。
「ハイタカ」「オオタカ」が出たとの情報。
現地に着けば
「もう20分早ければオオタカが飛んだよ。」

a0330864_08241775.jpg

ここはデジスコの出番。被写体までの距離が遠い、
対岸まで200m、しかし水鳥もまだ数が少ない。

キンクロハジロ
a0330864_08242406.jpg

しばらく待つが猛禽は確認できない。残念!
でもまだこれからだからね。まぁ、ポジティブに!

a0330864_08245057.jpg

場所を変えてリスに逢ってきました。
ここは大きな都市公園、色々な動物と逢えるのです。
リスも冬支度、

a0330864_08245795.jpg

食べては口に咥えてどこかへ運んでいる。
可愛いしぐさに癒されるなぁ、
しかし間近で撮る被写体、デジスコの出番ではない。
が、気にしない、気にしない!



遜 龍明





by fotografkei | 2016-11-19 08:39 | 水鳥