日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 31日

孟夏



シャ~カシャカ、シャカ、シャカ、、、

夏の終わり、あと1週間もすると「立秋」旧暦では秋の始まり、
しかし、孟夏なるこのごろは体の疲れ、

a0330864_08403290.jpg

公園では親子連れが目立つ、
わが子が幼少の頃を思い出す。
また、孫の姿に重ね合わせて・・・

a0330864_08402735.jpg

立秋といえどもこの暑さはまだまだ続くのです。

汗して体が火照るときは
・コップいっぱいの水に小さじ1杯の砂糖、軽く一つまみの塩、溶かしたら氷を2~3個入れて軽くかき混ぜて飲むと水分補給には良いですよ。

みなさまくれぐれも体、ご自愛ください。



遜 龍明






by fotografkei | 2016-07-31 08:55 | その他
2016年 07月 27日

PANASONIC DMC-GX8の使用感




a0330864_10234814.jpg

被写体までの距離は約15mでしょう。
カメラの設定はEXテレコン(2倍)、スコープの倍率は25倍、焦点距離は1250mm
ノントリ画像です。画素数は830万画素、絞りf5.6、SS1/1300、ISO1000

a0330864_10235316.jpg

PANASONIC DMC-GX8は有効画素数2030万画素、焦点距離は同じ1250mm、絞りf1.8、SS1/800、ISO1250被写体までの条件は同じ。800万画素といっても画質的にはストレスは感じない。

a0330864_10240088.jpg

a0330864_10240843.jpg

4k動画から切り出した画像はやはり830万画素。焦点距離を3500mm(35倍)までスコープの倍率を上げてみた。
絞りf9.0、SS1/640、ISO1600、倍率を上げると暗くなるので撮影条件は一眼と違ってかなり悪くなる。やはりISOを低感度に、SSを押さえるようにすると画質低下を押さえ、被写体を引っ張ることができる。

a0330864_10241613.jpg

この画像は被写体までの距離が40~50m(目測)、焦点距離は4500mm(45倍)、絞りf1.8、SS1/60、ISO1600、画素数は830万画素一眼と違って画質は被写体とカメラの間に空気感を覚える。一眼レンズとの価格差は望遠鏡とカメラレンズの差であろう。
私はさほどその差を気にすることは無い。そういうものだと受け入れればいいことであって、一眼では写せない被写体を写すことに快感を覚える。もちろんこの画像もノントリです。ただ倍率によっては若干四隅にケラレが出るが、ん~これも受け入れる必要があるかな? 何ならトリミングで解決できる。

レンズの差について書いたようだが、カメラはGX7からGX8に換えることでかなりの画質に差が出る。やはり1600万画素と2030万画素の違いであろうか、
4K動画(4Kプリ)に設定することでシャッターを押した1秒前と1秒後の60コマを830万画素で切り出すことが出来る。
同じように10秒間300コマを連写することもできる。これは今までのカメラの常識を変えたね。メカシャッターでは瞬間を切撮ることが難しいが、4Kプリならいとも簡単に撮れてしまう。ミラーレス特有のシャッターのタイミングロスをなくす画期的な進歩。そのGX8本体価格が9万前後で購入できることも懐にやさしい。
うわさではCANON 1DxmarkⅡの動画機能を使ってオリンピックの撮影が行われるとあるが、この時代にあってカメラの常識を打ち砕く必要があるようだ。

私?・・・ 打ち砕きました。大きくトリミングして粒子の荒れた写真より空気感を選ぶな、、、

午後からは芸術展会場当番です。

遜 龍明






by fotografkei | 2016-07-27 11:26 | カメラのこと | Comments(7)
2016年 07月 25日

ガマの穂とカワセミ




ガマの穂にカワちゃん。
止まり損ねてホバをやってくれました。
ラッキーです。
a0330864_20304763.jpg

a0330864_20305532.jpg

a0330864_20310137.jpg

デジスコのピント合わせは難しい!
被写界深度が紙一重、
焦点距離が1250mm、絞りが1.8ですから9.58mm
被写界深度が1Cmしかないのです。
「それだけ?」
計算するとそうなるのです。

a0330864_20310939.jpg

a0330864_20311756.jpg

今日は3番仔にも逢えました。初見です。
くちばしを見るとどうも女の子、
これで1・2・3番仔と逢えたわけです。
ラッキーな年になりました。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-07-25 20:41 | カワセミ
2016年 07月 24日

芸術展写真搬入




a0330864_17111779.jpg

今年も我市の芸術展が始まりました。
今日は写真搬入

a0330864_17111183.jpg

秀作が展示されました。
今年は事業も増え、自分の仕事も増え、撮影が減りました。

a0330864_17113680.jpg

しかしながら時間を見つけてデジスコ担いで
こうでもしていないとストレスがたまります。

今週火曜日から一般開放です。
盛況であること願うばかりです。



遜 龍明






by fotografkei | 2016-07-24 17:21 | その他
2016年 07月 23日

瞬間




a0330864_16304323.jpg

使用中のカメラ、パナソニックのマイクロフォーサーズ、
超高速連写は秒間40コマ(電子シャッター)、4K/30P動画機能が備わっており、その中で「4K連写」秒間30コマを10秒間撮り続けることができる。
優れているのは「4Kプリ連写」、瞬間を切撮るにはこれに限る。シャッターを押した瞬間1秒前と1秒後が記録される。
いうなればドライブレコーダの機能を持たせたものである。これも30コマずつの計60コマが記録される。
画素数は800万画素、気に入ったコマを60枚の中からスチル写真として切り出すことが出来る。売りではA3まで引き伸ばすことが出来るとあるが、
低感度撮影、できれば出力解像度400dpiでデータ化すれば全紙に引き伸ばすことも可能でしょう。

a0330864_16305075.jpg

a0330864_16305734.jpg

a0330864_16310397.jpg

a0330864_16311431.jpg

上記の4コマは超高速連写、秒間40コマで撮影したものです。画素数はやはり800万画素あります。

ニコンの新製品、D5およびD500は若干キャノンを上まっている声が上がっているようだが、(私もそう思っている一人)。
ところがキャノン1Dxにもそれなりの進化が見られる。それは4K動画が備わったということだ。
キャノンのプロ機一眼レフに動画? 懸念されるのはごもっとも、しかしこれがちょいとした曲者。いや、侮れない。
この4K動画は60P・40P・30Pが設定でき、60Pともなれば動きの速い被写体も滑らかに美しく記録できる。動画としては非常に滑らかな表現であり、その秒間域のデータからスチル写真が切り出せるというのだからすばらしい。
録画後カメラで再生時、4K動画の1フレームを約880万画素(4096×2160)の静止画として切り出し、JPEGで保存可能。
スチル素材として有効に活用できるのは無論のこと、4Kモニタリング環境(たとえばTV)がない撮影現場でも、切り出した画像を背面の液晶で拡大、確認することが出来る。
メカシャッターの秒間14コマにこだわらず動画で撮影して瞬間をスチル写真として切り出すことも良いのではないか、

文章の中に4K/60pとあるが、この「P」の説明をしよう。
通常販売されているフルハイビジョン(フルHD)は200万画素である。4KとはフルHDの4倍のデータ(829万画素)をもっている。
4K/60Pとは4K解像度の映像を1秒間に60コマで表示することができる。例えばスポーツシーンなど動きの速いコンテンツもより滑らかに映し出すことが可能となり、4Kの高画質でこれまで以上の臨場感で楽しむことができるのです。

1Dxの4K/60pは150Mbps(ビットレート)。基本的に、ビットレートが高ければ高いほど、画質・音質が向上します。動画に於けるビットレートとは、「1秒間にどれだけ情報を詰め込んでいるか」という事を表します。(動画のプロパティーを見れば数値が記録されています)「映像」のビットレートが高ければ高いほど、1ピクセル1ピクセル全てに正確な色情報を割り当てる事が出来ます。結果的に高ビットレートであれば画質が良くなり、低ビットレートであれば画質が悪くなります。150Mbpsとは150メガビットのデータを1秒間に表示しているということになります。
bpsを8で割るとB/s表記に出来ます。150Mbps/8は1秒間に18.75Mbのデータが詰め込んであるということです。
何がなんだか???、参考として、地デジ(1440×1080)は最大「14Mbps」くらい、DVD(720×480)は最大「10Mbps」です。
150Mbpsがいかに高画質であるかもうお分かりですね。

さてコロンブスの卵、1Dxの有効画素数は2020万画素。メカニカルシャッター14コマにこだわるか、それとも880万画素の秒間60コマを選ぶかはオーナーの心しだいだ。

「動画から写真を切り出すのであれば誰でも撮れる・・・」とまぁシャッターを切る腕を競うのか、それとも瞬間の表情など感性の域を競うのか、実のところ私はどちらでもいいのだ。
でも、どちらかといえば後者かな?
シャッターをいかにタイミングよく押すか、なんて事はどうでもいい。撮った、撮れなかったの会話は今現在でも競う対象になるんだろうか? むしろ自己満足の世界ではないかと考えるのです。もっというなれば、技術の進歩とは新たな発見と手間を省く進歩が入り混じったものであって、「なまかわ、手抜き」といわれる事柄が当たり前になってくる。
カメラの進化を長い眼で見てみればまさにそのとおりである。楽していかに確実な作品を作るのか、仕事柄多種にわたるカメラの機能をつぶさに研究しなくて気が済まない。買っては使って次のカメラの追い金といった生活。決して楽ではない。(好きでやっていることなのでご心配には及びません)
すべて販売されるカメラを買うわけではありません。取扱説明書を読みながら興味を示せばほしくなる。前回も購入後たった2ヶ月で手放したばかりである。写真を撮ることももちろんのこと、使っているカメラの機能を限りなく100%使いこなすほうが写真がうまくなる秘訣ではないだろうか。
ちょっと辛口だったかな?

そうそう、このクラスに合った記録媒体がそれなりに必要です。最大書き込み速度クラス10(45Mb/s)、、最大転送速度UHSクラス3(90Mb/s)を推奨します。動画ではカードの容量が64GBで150Mbps25分、128GBがどうしても必要になるでしょうね。価格帯が2枚でカメラ入門機1台分。行く末はもっと安くなるでしょう。

この辺にしておきます。(_ _);



遜 龍明



by fotografkei | 2016-07-23 06:02 | カメラのこと
2016年 07月 22日

あさがお




a0330864_20371842.jpg


朝顔は、朝露負ひて、咲くといへど、夕影にこそ、咲きまさりけり
( 朝顔は朝露を浴びて咲くといいますが、夕方の薄暗い光の中でこそ輝いて見えるのですよ。)
万葉集に詠まれる「朝顔」は木槿(むくげ)か桔梗ではないかと推測される。

a0330864_20372650.jpg

いずれにせよ噎せ返る暑さと流れる汗、風鈴の音と線香の香り。
まさに夏盛り、

a0330864_20373339.jpg

人間って勝手なもので、
暑くなると耐えられない寒さ、
冬の到来を待ち焦がれるのです。

いえ、私のことです。



遜 龍明






by fotografkei | 2016-07-22 07:25 | 万葉のみやび
2016年 07月 21日

予測




すべてノントリ画像です。
a0330864_18502044.jpg

a0330864_18502901.jpg

a0330864_18503572.jpg

a0330864_18505183.jpg

a0330864_18504548.jpg

切れた、予測に反して逆の方向へ飛び出し、
行動を予測するんだが思うようには飛んでくれない。
それに今の機材、最低焦点距離ではよほどタイミングが合わないとフレームアウト!
カワセミの瞬間の表情を切り撮れば、
その場の雰囲気が伝われば良しとすべし。
伝わるかな???


遜 龍明


by fotografkei | 2016-07-21 05:49 | カワセミ
2016年 07月 20日

Just for you



a0330864_21364005.jpg


今回の作品はノントリでUPしています。
パナソニックミラーレスにスワロスキーのデジタルスコープ。
レンズはオリンパスのf1.8 25mm短焦点を使っています。
焦点距離は25mmX2X2(EXテレコン2倍)X30倍 つまり3,000mmで撮影しています。
データを見ると
補正-2/3 f1.8 SS1/1000 ISO12,800

以外にISOが高い、それはデジタルスコープが描き出す画像が暗いので
明るいレンズを使っても追いつかないのであります。

しかし心配後無用、レンズの性能とカメラの性能がデジタルスコープの弱点をカヴァーしています。
ただしマニュアルフォーカスおよびピーキング機能を利用しないことにはピントが合いません。
開放f1.8ですから非常に被写界深度が浅い。まして焦点距離が長いので勝ること被写界深度が浅くなるのです。
しかしボケは一眼では表せない表現力です。

a0330864_21530929.jpg

トンボが木から飛び去る瞬間だって撮ることのできる機能。

画素数は3328X2496ピクセル、830万画素。データ量は23.7MB
画像を圧縮せず出力解像度を400dpi、TIFF画像で印刷すれば全紙も問題ないですね。

今日も暑い一日が始まるんだろうな。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-07-20 05:34 | カメラのこと
2016年 07月 19日

いにしえ




a0330864_20494146.jpg


イノセンス

天真爛漫 (てんしんらんまん) 。無邪気。

この世に生まれて愛に育まれた幼子はまさに「イノセンス」

二人の孫を見ていると将来どんな人生を歩くのか?

いつまでも無邪気な気持ちを忘れない人間になってほしい。




遜 龍明






by fotografkei | 2016-07-19 06:47 | アート写真
2016年 07月 18日

蝉の鳴き声で眼が覚めて




きょうは蝉の鳴き声で目が覚めました。
例年より遅いのかな?

a0330864_07533835.jpg

a0330864_07534913.jpg


私の耳では年中蝉が鳴いているのに(高音軟調)
なぜかそれを上まる蝉の声

a0330864_07535950.jpg


明け方の暑さも相まって
蝉の鳴き声はそれ以上に暑さを呼ぶ。

a0330864_07540811.jpg


幼少の頃、蝉の鳴き声がすると「夏休みも後半」
宿題に追われる毎日であったことを思い出す。

a0330864_07541480.jpg


なんといやな思い出だろう、、、

この歳になって思い出されるのは嫌なことばかり、
楽しかったことなどすっかり忘れている。
回想のなかで良い事を思い出したら・・・

いやいや、もっと楽しまなくては、
短い人生、残り少ないときをどう暮らすか、

「足るを知るは第一の富なり、努力している者は志ある者である」、老子のことば

これからでも遅くは無いな、、、
無いと思う、、、
無いといいなぁ、



遜 龍明




by fotografkei | 2016-07-18 08:08 | カワセミ