<   2015年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

今日もカメラテスト

今日もカメラのテスト
1.4倍のテレコンを外して画質がどうなるか?
答えは、さほど画質に影響なし!
800万画素と1,600万画素、A4サイズにおいて見衰えせず、
被写体との距離において組み合わせれば驚異的なアイテムとなる。


a0330864_19524673.jpg

アオジも
a0330864_19525815.jpg

ジョウビタキも
a0330864_19525202.jpg

ルリビタキも旅発ったのかな?
a0330864_19541687.jpg

a0330864_19542200.jpg

a0330864_19543066.jpg

この頃気まぐれなカワセミ君です。
a0330864_19544169.jpg

ムクドリもカップルで枝垂れ桜へ
恋の季節だなぁ~

3,000mmだろうが6,000mmだろうがお構いなしで撮ってやろう。
トリミングのない鳥写真
これからはこれで行こう!
セッティング終わりです。疲れました・・・


by Capa

by fotografkei | 2015-03-31 20:02 | カワセミ | Comments(2)

焦点距離 6,720mm???

またしても検証
Panasonic GX7に、CANON600mmf4と1.4倍のテレコンを組み合わせると
ななんと、6,720mmf5.6で撮影ができる!

a0330864_19562866.jpg

前回もアップしましたが、840mmで撮影したカワセミ画像ノントリ作品です。

a0330864_18191182.jpg

a0330864_18191826.jpg

この画像は、
600mmX1.4倍Xマイクロフォーサーズの2倍X内蔵テレコン2倍
計算すると3,360mm f5.6となるのです。
Panasonic GX7 は2倍のテレコンが内蔵されており、さらに本体に手ぶれ補正機能が備わっている。
画像は4592ピクセルX3448ピクセル 1,600万画素であります。

それだけではないのです。
半分の3232ピクセルX2424ピクセル 800万画素にクロップするとさらに2倍稼げるのです。

a0330864_18190511.jpg

これが800万画素のノントリ作品です。
焦点距離はさらに2倍の6,720mmとなるのです。
驚異的な焦点距離が稼げるのに、撮影最短距離は600mmX1.4倍の場合と同じなのであります。
画質の劣化もなく、(1600万画素とその半分の800万画素では当然違いがあるのです)
4枚目の作品のTIFF画像のデータ量は22.5MB。立派に全紙に伸ばすことができます。
JPEGデータ量だって4.18MBと30%のトリミング時とほぼ同等
しかし、840mmで撮影した作品を30%トリミングしてもこれほど大きくは写りません。

何と言ってもf5.6値で6,720mmが稼げるのは驚異的です。
大枚はたいて望遠セットを購入するつもりでいましたが、なんと6,000円程度でこの作品が撮れるのはコロンブスの卵です。
みなさんもコリメート法を探ってみてください。
今度は1.4倍のテレコンを外して4,800mmで撮影してみます。どれだけ画質に違いがあるのか?


注意
ブログアップ上の規制から作品は500KB以下に圧縮してあります。



by Capa


by fotografkei | 2015-03-30 18:51 | カワセミ | Comments(2)

コリメート撮影???

Panasonic GX7と一眼レンズ(600mmf4.0)の組み合わせにこだわってみました。
前回も1,680mmについて書きましたが、今日はあいにくの天気。
「これはカメラを試すには絶好のチャンス」とばかりにいつものカワセミの池に行ってきました。
案の定 ISO3,200、SS1/1000と悪条件
私はRAW画像のみで撮影しています。そのナマ画像が

a0330864_18405764.jpg

ピクチャースタイルはスタンダード、各パラメータは0.0、カメラの設定は一切なし、
こうすることによって余分なデーター量を持たせないようにしています。
現地において液晶を見ればかなり眠たい画像
PanasonicRAW現像画面
a0330864_18410690.jpg

私は各社のRAW画像編集ソフトを活用しているが、たかがマイクロフォーサーズと侮れないのです。
Panasonicと侮れないのです。
現像後のJPEG画像、これがISO3,200の画像です。
a0330864_18411278.jpg

有効画素数:1,600万画素(アスペクト比4:3)
連写枚数はRAW撮影で秒間10コマ
撮像素子は、16M LIVE MOSセンサー かなりのすぐれもの。高感度ノイズにかなり強いのであります。
マイクロフォーサーズはオリンパスとパナソニックが共同開発したものである。
イメージセンサーはフォーサーズと同じ、しかし、フランジパック(レンズマウントから撮像素子までの距離を20mm縮めた)軽く薄型になったものの内蔵ファインダーを搭載している点画期的である。一眼のようにレンズ交換もできる。

イメージサークルは従来の35mmフルサイズカメラと比較して約半分強であり、そのためフォーサーズシステムのレンズの焦点距離を35mm判換算焦点距離とするためには約2倍とすることになる。

「コリメート法」をご存じだろうか、天体観測撮影に利用される撮影方法であるが、本来望遠鏡の接眼レンズで焦点を結んだ被写体を
接眼レンズの代わりにカメラのレンズがもう一度撮像素子に焦点を合わせるといわれる原理。
私の場合は望遠鏡ではなく普通のカメラレンズにGX7を変換マウントを介してセットしてあるに過ぎない。
この組み合わせの素晴らしいところは、600mmf4.0は2倍の1,200mmになるが絞りはそのまま、非常に明るいのであります。
1.4倍のテレコンをつけてもf5.6、(レンズの開放値でしか撮影できない点は、、、その弱点は捨てましょう)
デジスコやボーグなる望遠鏡ではこれほど明るく撮影できないのであります。高感度ノイズも格段に強くなったマイクロフォーサーズ。
これを利用しない手はありませんよ。

a0330864_19562866.jpg

上の作品は840mmで同位置から撮影したものです。



a0330864_18412063.jpg

a0330864_18412517.jpg

上記はやく50m離れたノントリ画像です。ボケ味が気に入りました。

a0330864_18413049.jpg

上記はわずか8m離れた被写体、やはりノントリ画像。1,680mmの望遠レンズで8m先の被写体が鮮明に撮影できる。
何が何だかわかりません。

まだまだ実験段階であります。近々2倍のテレコンをつけて2,400mmの撮影に挑戦です。


by Capa


by fotografkei | 2015-03-29 20:10 | その他 | Comments(1)

1,680mmの威力

今日は600mmf4に1.4倍のテレコン
それにPanasonic GX7 マイクロフォーサーズ
これで被写体までの距離10mのカワセミを撮ってみました。
(むちゃくちゃですわ)

a0330864_18392753.jpg

a0330864_18404290.jpg

a0330864_18404732.jpg

もちろんすべてノントリで1,600万画素
もうぎりぎりです。

a0330864_18405480.jpg

この組み合わせでどうして撮影できるのか?
もちろんマニュアルフォーカス
私は前よりOLD Lensで撮影していました。
東ドイツ・旧ソ連・ライカ・カールツァイスのレンズをSonyやPanasonicのミラーレスカメラで撮影できるように、
各種変換マウントをそろえてあったのです。
今回もPanasonic→ライカMマウント→CANONへとマウント変換して装着、撮影しています。
もうひとつ良いのは変換マウントが厚みがあるため1,680mmでも撮影最短距離が縮まる点にあります。
計算上では撮像素子と被写体との間に15mは必要なところ、10mでも撮影可能なことが分かりました。
さらにありがたいことはテレ端においてもピントはしっかり来ます。
「目からうろこ」です。えっ、ピント合わせがつらい?
いえいえ、ミラーレスカメラの良いところは「ピーキング」機能が備わっています。
この機能は、ピントが合うとその部分だけ色で表示され、どの範囲までピントが合っているかわかるのです。
この作品はほんの一例、1,680mmでf5.6の明るさ、このボケ味がすばらしい。
ちょっと病みつきになるかも・・・


by Capa

by fotografkei | 2015-03-28 19:02 | カワセミ | Comments(2)

やってやりました!

今日は撮影はありません。
が、しかしやってやりました。
先回撮影したヤマセミは米粒ほどの大きさ、
3割残してトリミング?
今回は違うよ。


a0330864_20251218.jpg

a0330864_20251997.jpg

どんなもんです。焦点距離1,680mm
あは、これでも少々トリミング、

a0330864_20263469.jpg

a0330864_20273066.jpg

600mmf4のレンズに1.4倍のテレコン、これで840mm
さて、カメラはPanasonic GX7 撮像素子はマイクロフォーサーズ、
さらに35mm換算2倍、ってことは、1,680mm
ファインダーから覗く被写体はさほどでもない。
しかし、PCに取り込んでみれば、米粒2個分。
大きい!
マニュアルフォーカスだけがなんですが、飛びものもマニュアルでピント合わせ、
大丈夫! ピーキング機能で何とか追いかけるのです。

あすは、これでカワセミを攻めてみよう。
言っときますが、わずか被写体まで10m、飛びものは画角に入りません。
毛の1本1本点検してやります。



by Capa

by fotografkei | 2015-03-27 20:42 | ヤマセミ | Comments(1)

今日はパソコン教室

今日は午前中カワセミの池にまいりまして、
午後からパソコン教室
すごいですね70歳を超えた方がすべてRAW現像
さらにブログアップ
真摯に勉強される方は確実に成果を出してお見えです。

a0330864_20370282.jpg

a0330864_20371122.jpg

a0330864_20371672.jpg

a0330864_20372450.jpg

この頃食欲旺盛です。
♀への貢物も忘れませんよ。
見習いたいものです。
今度、薔薇の花でも添えてもって行くよう耳打ちしておきます。

もうひとつ

a0330864_20373089.jpg

ここの主、アオサギ君。
立派な冠毛が伸びてきました。
私と一緒でさぞかしイケメンなんでしょう。
言わなくともわかります。


by Capa

by fotografkei | 2015-03-26 20:42 | カワセミ | Comments(0)

Changing Partner

今日は予定変更して「ヤマセミ」に逢ってきました。
「カワセミ?」いえ、「ヤマセミ」です。
私にとってまさに、Changing Partner

a0330864_22081164.jpg

a0330864_22081750.jpg

被写体までの距離が非常に遠いのです。
軽く100m超え、840mmをしても歯が立たないのであります。

a0330864_22082486.jpg

a0330864_22083171.jpg

カメラだけ用意して、まだ部品を全部そろえていないデジスコセット、
2,000mm~3,000mmの被写体に考えているのですが、
レンズをスコープか、ボーグの天体観測用にするか

a0330864_22083755.jpg

a0330864_22084417.jpg

こんな時には威力を発揮してくれるのですが、
迷いに迷ってカメラは防湿庫の中で眠っているのであります。

これだけ被写体との間に距離があるとまったく敵いません。


by Capa

by fotografkei | 2015-03-25 22:17 | その他 | Comments(4)

LA AMO

今日は写真同好会の定例会合
お仲間の方から「カワセミが頻繁に餌を運んでいるよ」
すぐ出かけなきゃ、途中で失礼して
マイ・フィールドへ


a0330864_18400052.jpg

またしても2匹咥えて上がってきました。

a0330864_18400702.jpg

落とす瞬間まで・・・

a0330864_18401214.jpg

a0330864_18402022.jpg

なんて寂しそうな顔だろう

a0330864_18402560.jpg

a0330864_18403577.jpg

咥え直して♀のところへ宅配便

まだ嘴に泥が付いているので営巣中
もうすぐ産卵、この調子では5月の連休後が第1回目の巣立ち?


by Capa

by fotografkei | 2015-03-23 18:48 | カワセミ | Comments(3)

Con dio

今日は撮影のない一日
暖かい一日となりました。
撮影した品が冷凍ヤケしないように
早く公開しないと、
季節は刻々と過ぎていくのです。

a0330864_20405503.jpg

前日の雨で素敵な水滴が、光り輝く粒でした。

a0330864_20410196.jpg

ムスカリって色出しが難しいね。思った色が表現できない。

a0330864_20410899.jpg

ハナニラにコハコベ、ニンニクの香りが鼻に付く(満更でもない)

a0330864_20411692.jpg

この日は多くの方が、春を満喫。
失礼して1枚!

明日は同好会の集まり、カワセミも飛来しないのでどうするかな?
こんな時は街撮りもいいかも

by Capa


by fotografkei | 2015-03-22 21:34 | その他 | Comments(2)

Un amante non viene

昨日は5時間待たせれました。
恋人に!
ついぞ現れず
あ~、私たちはそっちのけ、
♀のところに行っているんだろうな・・・

a0330864_08032957.jpg

嘴に土をつけて飛来したのは3/18、
それからというものは捕食に来ないのです。

a0330864_08033559.jpg

もう雌のところに行ったきり、
小蝿が群がる中、ひたすら待ち続ける。

a0330864_08034515.jpg

a0330864_08035045.jpg

サギも恋の季節
冠羽が見当たらないのでたぶん♀
まだ恋人に巡り合えないのかな?

a0330864_08035584.jpg

純白のサギは画角を割ってしまう。


今日は教会礼拝、撮影はお休みです。
週の始まり、今週一週間みなさまに幸せが訪れますように・・・


by Capa

by fotografkei | 2015-03-22 08:13 | カワセミ | Comments(1)

野鳥撮影を主に発信しています。


by 遜 龍明
プロフィールを見る