日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 31日

ミサゴ、11日ぶりのサプライズ

3日ぶりの鳥撮影
ミサゴ! やりました。サプライズ
と言っても魚雷姿
しかし、このところそれすら逢えることはなかった。079.gif

a0330864_20163309.jpg

08:15am現地到着
はるか離れたところに木止まりを確認する。
その間ミコアイサ・オシドリ・オオバンなど結構楽しませてくれた。

a0330864_20163928.jpg

09:30am 止まり木から飛び出す。
数回頭上を旋回、明らかに餌を探している。

a0330864_20164732.jpg

11:00am 確かに魚雷を抱えたミサゴを確認、カメラに収めることはできなかった。
別の個体か?

a0330864_20165267.jpg

a0330864_20165796.jpg

まもなく、頭を落とした鯉を抱えて飛来!
頭上を2度旋回(サービス満点)

a0330864_20170755.jpg

a0330864_20171417.jpg

頭を落としたにもかかわらず、餌の鯉は尾を跳ねる。
おそらく神経に触っての反射行動
あのまま別の木で食すのかと思ったが・・・
頭だけ落としていつもの止まり木でゆっくり食す
11:30am このまま見ていてもただ時間が過ぎるだけ、
カメラを閉って帰宅。

いや~、久しぶりのサプライズ・・・興奮した。

明日は教会と月曜日は写真同好会の会合のため撮影はありません。
本日撮影分を紹介いたしますね。


素晴らしい月の締めくくりとなった。003.gif




by fotografkei | 2015-01-31 20:29 | ミサゴ | Comments(2)
2015年 01月 30日

妖艶と煌びやかな間で

そろそろ花写真の季節かな?
しかし、ここ2~3日寒さが厳しいです。
今日は雨模様。
なんだか

a0330864_22265314.jpg

こんな花のように心晴れ晴れ、

a0330864_22270036.jpg

でも、こんな表現もありかな?

明日はミサゴ、天気予報は晴れだけどかなり冷えるそうな・・・
風邪を召されませんように!





by fotografkei | 2015-01-30 22:32 | その他 | Comments(6)
2015年 01月 27日

カワセミ スローなブギ2

今日は予報に反して素晴らしい半日となりました。
暖かく、日差しも柔らかく。もってこいの撮影日和でした。
昨日に続き、カワセミに躍動感を与えたいと挑戦してきました。
まだまだだな、SSだけではなく絞りもかなり影響してくる。
何となくコツが掴めて来たような・・・

a0330864_21290649.jpg

a0330864_21291275.jpg

a0330864_21291776.jpg

欲張るものだからこの次のコマでは1匹落としました。041.gif

このコマは私の描いている作品に近いかな? まだ研究する価値ありだな!
a0330864_21292241.jpg

a0330864_21293001.jpg

a0330864_21293779.jpg


もう少し挑戦してみよう。
まだ、何となくぎこちないような・・・
流れのような動きを表現したいなぁ





by fotografkei | 2015-01-27 21:34 | カワセミ | Comments(0)
2015年 01月 26日

カワセミ、スローなブギ

今日は久しぶりにいつものフィールドへ、
天気予報は昼から雨、040.gif
予報通りです。しかし、日差しも柔らかくお気に召す作品が撮れました。

a0330864_20300438.jpg

a0330864_20301013.jpg

ん~、なんだ?
a0330864_20301724.jpg

a0330864_20302300.jpg

これはシャッタースピードを1/80で撮影したものです。
840mmの超望遠でSS1/80ですから面白い画像が、
a0330864_20302912.jpg

a0330864_20303768.jpg

動きを止めずにわざとブラしてみました。
でもある部分は、ほら、足は木にしっかりと止(留)まっています。
動きが
表現できていますか?

えっ、邪道ですって?
良いじゃないですか、私本人は楽しんでいます。
硬いことは抜きにして、思った通りに作品を作ることが楽しむ秘訣です。
またそんな試みを考えているのも楽しい時間です。




by fotografkei | 2015-01-26 20:36 | カワセミ | Comments(4)
2015年 01月 25日

撮影休みの日です

今日日曜日は撮影を休みました。
在庫から・・・

a0330864_18210533.jpg

a0330864_18211043.jpg

a0330864_18211698.jpg


突如カワセミの頭をかすめたんでしょう。あわてる姿が滑稽
a0330864_18212256.jpg

a0330864_18212794.jpg

a0330864_18213600.jpg

「なんだ~、アーびっくりした」
a0330864_18214203.jpg


おまけ
ここでもカワアイサがすぐ近くに来てくれます。しかし、雄の姿は見ませんね。
a0330864_18240100.jpg


明日も会合のため撮影はありません。
と言っても天気予報では2日ほど雨模様。
またお会いしましょう。




by fotografkei | 2015-01-25 18:27 | カワセミ | Comments(4)
2015年 01月 23日

ミサゴ 風が強く狩りができない!

今日は朝早くから飛び出し、
期待していたが徐々に風が強く、
カメラが倒れそうで始終三脚を支えていた。

a0330864_19320067.jpg

どうしたことか、ミコアイサがすぐ近くまで、めったに無いことだよ。
a0330864_19320792.jpg


ミサゴは頭上を旋回するも波立った湖面で魚が見えないのだろう。
なんども木止まりをしながら飛び出し、
a0330864_19322250.jpg

a0330864_19322856.jpg

見る限り昨日も食べていないと思われる。
現地入りしたのが08:30am
もうすでにいつもの止まり木には姿がなかった。
a0330864_19323912.jpg

間もなく戻ってくるが、すぐ飛び立つ
a0330864_19324609.jpg

12:00pm カメラをしまう。
しかしミサゴはいつもの止まり木で寂しそう
自然界は厳しいのである。


明日も、出かけます。
しばらく仕事が入っていない
私は懐がさみしいのです
2月からは文化協会の仕事で私用の撮影は制限されるかな?
いやいや、めげませんよ・・・



by fotografkei | 2015-01-23 19:42 | ミサゴ | Comments(0)
2015年 01月 22日

「オオタカ」か「ハイタカ」はたまた「ツミ」

猛禽類は尾羽や縞模様、大きさ色などで識別するのであるが、とにかく小さい(カメラと被写体に距離がある)
時折審議を醸し出す。

a0330864_19121661.jpg

この写真は1/18に撮影されたハイタカ、カワセミを追いかけて捕獲しようとしていたが失敗。
運よく木止まりを撮影することができた。

a0330864_19120542.jpg

これは1/20に撮影された「ツミ」と思われる猛禽類。
動物界脊索動物門鳥綱タカ目タカ科ハイタカ属に分類される鳥。
夏季に中華人民共和国東部や日本、朝鮮半島で繁殖し、冬季は中華人民共和国南部や東南アジアに南下して越冬する。日本では基亜種が温暖な地域では周年生息(留鳥)するが、寒冷地では冬季に南下(夏鳥)することもある。
全長オス27cm、メス30cm。翼開長50-63cm。体重75-160g。漢字表記の雀は「小さい」の意で、和名はスズメタカが変化したメスに対しての呼称に由来する。下面は白い羽毛で覆われる。
鷹狩りにおいては古くからオスをエッサイ(悦哉)と呼称し、都市部では緑化に伴い、繁殖例も増加している。しかし開発による生息地の破壊により全体の生息数は減少している。

a0330864_19121182.jpg

昨日アップしたオオタカ、しかし、胸に赤みが帯びていることからおそらくハイタカではなかろうか?
オオタカとハイタカは、この赤みがあるかないかで見分けるようであるが、「ツミ」は胸から腹にかけて流れるような縦の縞模様。飛んでいる鳥を見分けるこれは至難の業である。





by fotografkei | 2015-01-22 19:36 | 猛禽類 | Comments(0)
2015年 01月 21日

ただ何となく半日が

今日も天気がおもわしくない朝出かけてきました。
風もなく、太陽は柔らかく、暖かい半日
なぜこんな日にサプライズがないのか・・・041.gif

a0330864_19432199.jpg

08:00am 現着
a0330864_19432864.jpg

08:45am ミサゴを見送る・・・
a0330864_19433690.jpg

はるか遠くにカケスを発見。あっはは、単なる証拠写真。

突如、オシドリの群れを発見、なかなかピントが合わない
a0330864_19434203.jpg

a0330864_19440496.jpg

そうです。オオタカが現れたのです。
a0330864_19442069.jpg

a0330864_19443089.jpg

オオタカとカラスのバトル
a0330864_19443600.jpg

このあと、カラスの集団が今度はオオタカを狙う。
a0330864_19444314.jpg

残念ながら逆光のため証拠写真残せず
a0330864_19445198.jpg

オオタカは去ってゆくのです。

えっ、ミサゴ?
飛んで行ったまま帰ってきません。
12:00pmカメラをしまう。
帰宅して美容院へ行ってきました。
なぜ男なのに美容院?
そう、私の頭は美容院でやってもらうのです。
約4時間、またイメチェン・・・
・・・・・
脱色は時間がかかるんだよね。それから色染め、
満足!

明日は雨模様、金曜日もね。
体を休めます。




by fotografkei | 2015-01-21 19:59 | ミサゴ | Comments(6)
2015年 01月 20日

ミサゴ、サプライズいただきました。

今日も現地07:20am
ミサゴに逢いに来ました。
ミサゴはいつもの止まり木に・・・

a0330864_16195014.jpg

08:33am 1時間弱待って「生理現象」

a0330864_16195633.jpg

08:35am ついに飛び出した。しかし今日は早い! よほど空腹なのか・・・
この時間太陽が出てさほどでもなく、ガスがかかって作品にならない。

a0330864_16200333.jpg

10:39am 2時間まって魚雷を抱えて飛来。しかし、頭の上を通過?
「ここの主か?」
「まさかどこかの木で食べているんだろうか?」

a0330864_16200979.jpg

11:41am 半身を抱えて突如飛来。頭上をなんども旋回
a0330864_16201428.jpg

ほぼ半分食べさし、しかし大きな鯉であった。再び姿を消す。

a0330864_16202252.jpg

12:15pm 再び飛来。着木

a0330864_16203175.jpg

12:39pm なかなか食が進まないようである。ミサゴの2/3もあろうかという大きな鯉

 ミサゴは捕らえた魚を貯蔵し、漁が出来ない際にそれを食すという習性が掲載され、貯蔵された魚が自然発酵(腐敗でもある)することによりミサゴ鮨となると伝えられていた。ミサゴが貯蔵した発酵し、うまみが増した魚を人間が食したのが寿司の起源であると伝承される。そのため、「みさご鮨」の屋号を持つ寿司屋は全国に少なからず点在している。また『広辞苑』にも「みさごすし」の項目があり、解説がある。
 がしかし、この逸話に対して反論者もいる。
日本において、ミサゴは魚を捕るタカとして古来より知られ、『日本書紀』では覚賀鳥と記されているほか、『太平記』、『看聞日記』、『古今著聞集』など、様々な文献で記述が確認できる。




by fotografkei | 2015-01-20 16:40 | ミサゴ | Comments(6)
2015年 01月 19日

ミサゴのお食事、まだ生きています。

今日は写真同好会の会合のため撮影はありません。昨日の撮影分からご覧ください。

a0330864_14104205.jpg

魚の形から「鯉」でしょうね。頭がすでにありません。それでも時折尻尾が跳ねます。
a0330864_14105179.jpg

「Capaさ~ん、どれもだらりとしてとても生きているとは思えないのですがいかがですか?」
「はい、目視では反り返っているところが見られますが、コマの間でしょう」
この小娘が、何が売れっ子だ! どう見たって冷凍マグロだよ。良い大学出て、ミス なんだって?
a0330864_14105787.jpg

「さすが猛禽、眼力が鋭いですね。もしこんな目で見つめられたら016.gifかも」
a0330864_14110512.jpg

なんだか知らないけど、ミス▼△大学に選ばれたんだって? 鼻っぱしへし折ってやりたいね。えっ~
a0330864_14111470.jpg

「Capaさ~ん、キョロキョロして落ち着きがないようですが、何かそばにいるんでしょうか」
「はい、私はいたって落ち着いています。キョロキョロなんてしていませんよ。041.gif
「だれもCapaさんのことではなく、ミサゴのことですが・・・」
a0330864_14112107.jpg

これだ~、いやだねぇ、いつか後悔させてやる。パパラッチでもやって三文雑誌に売り込んでやるか?
白鳥麗子不倫発覚、もうおしまいだね。この手の記事はインパクトあるからね。すぐ地に落ちるよ。落ちてからCapaさ~んなんて泣きついたって面倒見てやらないよ私は
a0330864_14112877.jpg

「キャアー、まるで飛びかかってくるようですね」
a0330864_14113515.jpg

「無心に食べている姿はやはり野生だからでしょうか、恐怖を飛び越えて魅力さえ感じます」
勝手にしゃべってろ!

「Capaさ~ん、今日は口数が少ないようですが大丈夫ですか?」
「大丈夫です。大丈夫です。今カメラをたたんでいるところです。次の中継地点に急がないと間に合いませんので、ここで失礼します。私の顔写真アップしていただけましたか?」
「いえ、そんな指示台本にはありませんから」
「・・・・・」
・・・・・
「以上白鳥麗子がお送りしました。016.gif
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

「Capaさ~ん、16:00から編集会議があるそうですが、」
「聞いていないですが」
ディレクター:いや、Capaちゃん抜きで行こう
白鳥麗子  :余分なこと言ましたでしょうか
ディレクター:気にすることないよ。ほかっとけばいいよ。じゃ、行こうかー

・・・・・
「白鳥さん、白鳥さ~ん」
・・・・・
「あれ、白鳥さん」
・・・・・
「どうすりゃいいんだよ~ 私しゃ~・・・・・007.gif
・・・・・


さて、明日もミサゴに逢いに行きます。2月下旬まで見られるでしょう。しかしこればかりは自然ですから、あくまでも予想です。




by fotografkei | 2015-01-19 15:05 | ミサゴ | Comments(4)