日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:その他( 68 )


2017年 06月 06日

収穫無きも一日

今日はいつもより出勤が遅く、通勤時間に入ってしまいました。
今朝もう1羽巣立ったようです。

a0330864_17110114.jpg

お父さんは子育て中餌運びでじっと見ることは出来ません。
ようやく餌運びも一段落。マッタリしています。

a0330864_17111798.jpg

この女の子が一番子、目と鼻先にいました。まだ産毛が残っています。
飛翔はまだぎこちなく、橋桁にぶつかっては地に落ちます。
それでも親はじっと見守っています。

給餌は子供の近くに落としたり、飛べるようになると親と並んで餌を受けます。
現在5羽が巣立ちました。しかし、まだもう1羽いるようです。
もう2週間もすると旅たってしまいます。日々成長するヒナは日本から離れるもの、日本に留まるもの、
中部以南では冬鳥として見られることがあります。今年は巣立ちが10日ほど遅れました。



遜 龍明




by fotografkei | 2017-06-06 17:39 | その他
2017年 06月 03日

コミスジに逢った

コミスジに逢った。特に珍しいわけではないが胴が玉虫色に光って綺麗だった。
a0330864_20534192.jpg

今日は森の中へ、サンコウチョウを狙いに行ったのだが逢えなかった。

オニヤンマ
a0330864_20535059.jpg

a0330864_20535704.jpg

幼少の頃オニヤンマやギンヤンマを追いかけていたっけ、

ところでチョウゲンボウは今日もヒナが出なかったようだ。
a0330864_20540808.jpg

何やってんですかね。

a0330864_20541450.jpg

そろそろ雛の姿を撮ってみたいのですがね。

a0330864_20541953.jpg

カメラマンガ多くレンズを向けてもヒナは出てこないですよね。
明日日曜日は多くのカメラマンでごった返すでしょうね。
で、行かないんですか? いえ、行ってきます。



遜 龍明






by fotografkei | 2017-06-03 21:04 | その他
2017年 05月 30日

Take off

今日はとても暑い一日、帰宅してシャワールームへ直行です。
まだチョウゲンボウの巣立ちの兆候は見られません。

a0330864_17213913.jpg

いつになったら???
どうでもよさそうなものなのに、こうなると意地でも撮ってやりたい。

a0330864_17214720.jpg

無邪気に遊ぶヒナ、ゴルフ場の中だというのに警戒心ゼロ。

a0330864_17292779.jpg

いつかな?
機材を整備して待っているのに、、、



遜 龍明





by fotografkei | 2017-05-30 17:36 | その他
2017年 05月 29日

蛇の脅威から逃げる蛙

今日はとても暑い一日となりました。
私は長~いものが大嫌い!

a0330864_16551863.jpg

見下ろす河川敷ではまるでことわざのようなシーンが、、、

a0330864_16552715.jpg

「蛇に睨まれた蛙」
非常に恐ろしいもの、苦手なものの前で、身がすくんでしまい動けなくなるようすのたとえ。

a0330864_16553580.jpg

これは蛙のことではありません。私のことです。
撮影後、周りが気になって撮影どころではありません。
帰って来ました。

a0330864_16554686.jpg

何せ蛇が大嫌い。一度は餌食になりそうでしたがうまく逃げ出しました。
あっ、そうそう、うなぎとアナゴは大好物です。

a0330864_16555628.jpg

「逃がした獲物はでかい」ことわざどおりだ。
ただ呆然と見つめる蛇。しかしこの蛙、縞模様はあるものの色白、アルビノだろうか?
めったにめぐり合えないシーン。チョウゲンボウだけになっている今の撮影。新鮮。



遜 龍明




by fotografkei | 2017-05-29 17:13 | その他
2017年 05月 02日

見送って

昨日父を見送ってきました。
葬儀の間あれもこれもと、しかし葬儀会社の方が親身になって進めていただきましたのであっという間のことでした。

a0330864_04583273.jpg

通夜は呑めや語れやと、
私もお正月ぶりにお酒を頂きました。さぞかし父も喜んだでしょう。

a0330864_04584361.jpg

棺の中には好きだった釣りの本、好物の寿司を備え、見送りました。
父の願いであった家族葬。

a0330864_04585334.jpg

ほんの内輪だけ、喪服も無しです。普段着。
ちょっとやりすぎ?
でも無いですよ。今の時代。

a0330864_04590264.jpg

送る者の気持ちしだい。
確かに49日は派手なことはいたしませんが、普段どおり。
祭壇には仏善とお水、毎朝手を合わせることは欠かさず、しかしその他は普段どおり。
それでいいと思っているのです。

さて、今日はどこへ行こうかな?
もちろんカメラと一緒に!


遜 龍明





by fotografkei | 2017-05-02 05:15 | その他
2017年 04月 30日

通夜の朝

この1年私とと共に生きた父

a0330864_06493609.jpg

2017,04,28未明、95年の永きを生き抜いた父が息を引き取った。

兵隊上がりの父はいかなることも厳粛で、曲がったことの嫌いな人物でした。

実を言えば昨年4月まで父とはまともに口を利いたことも無く。共に食事すら摂ったことがない。

私が歳半ばで家業を放棄して社会人になったことが恨めしく、父には理解できなかったようだ。

そんな父ともひょんなことから私は1年前に和解し、

「お前が家業を捨て、社会人といった道を選んだことに理解できなかったが、その決断は間違っていなかった。
あのまま家業を続けていたらおそらく今ある財産を食いつぶしてしまっただろう。」と

もともと電気及び電子工学が得意であった私は工業高校へ進みたかった。しかし家業が家業だけに願い叶わず。

家業を手伝いながらも好きな道への学問は捨てなかった。

父といえば高等小学校卒業後、今の三菱重工で機械工として働いた。この血筋は私にも受け継がれていたんでしょう。

戦争も半ば赤紙(召集令状)が届き戦地に向かう。飛行第65戦隊に所属し、整備及びテストパイロットとして南方を転々としたようであった。

いわば隼戦闘隊、ここは少し美化しましょう。といってもまったくの眉唾ではありませんよ。

18から始めた魚釣り、85歳まで川に浸かり鮎・アマゴ・山女と川一本で来た人である。

仕掛けなど自分流。こんなことも私が血を引いているのです。

負けず嫌いな父、私がアマチュア無線の資格を取り、自作で無線機を作ったり、真空管アンプのステレオを作れば

「こんなガラクタ邪魔だ!処分しろ」

マイコンを夜な夜な作っていると半田こてを隠してしまったり、

車も外車に乗れば「家の車庫に入れるな、分相応な車に乗れ!」(今から思えば、間違ってはいないなぁ)

しかし私が中学に入ると「カメラ」を買ってくれた。たしか14歳の頃だと思う。

釣りを一生の友としていた父、カメラを一生の友としていた私、やはり血は受け継がれるんだと納得するんであります。


今日はほんの身内で通夜を営む。父の好物であった「寿司」。大盤振る舞い。

95年を生き抜いた父を祝ってやるつもりだ。

通夜も出棺も参加者は私服。かしこまったことの嫌いな父へせめてもの親孝行。

食べて呑んで、笑顔で送り出してやりたい。そんな私、父はきっと心で喜んでくれるだろう。





by fotografkei | 2017-04-30 07:41 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 11日

パスワードと暗号について

本日未明にアップしましたパスワードについて大変多くの方に訪問いただいたようです。なぜかって?「設定」から訪問者数が3ケタを多く上まっているということです。
きょうはパスワードと暗号について書いてみたいと思います。
1918年にドイツの発明家アルトゥール・シェルビウスによって発明された電気式暗号機械であります。その名も「エニグマ」、聞いたことがあるかも・・・、その仕組みは「換字式」であり、詳しくは順変多表式(1文字単位ですが内部状態を保持し、変換ルールを切り替えながら変換を行う)。その仕組みはこうです。キーボードで平文の一文字を打ち込むと本体のランプボードの一つが点灯して暗号文の一文字が得られる。暗号文を復号する際も、同様にキーボードで暗号文を打ち込むとランプボードが点灯して平文が得られるというものです。
その仕組みは本体に3つのローターが備わり、そのローターの左にはリフレクター(反転ローター)が組み込まれています。エニグマ暗号の強みは、当日しか使えない「日鍵(今でいう鍵認証(パスワード)」を利用していたことです。ドイツは毎朝06:00amには日建である暗号の鍵になる文字を放送します。それは気象情報にあります。最初の文字はドイツ語「wetter(天気)」というメッセージ鍵なる文字で始まっていました。発信基ではwetterのあとにつづく本文を打ち込むことによって暗号文が出来上がります。その暗号文を打電していたのです。受診側はwetterを受信するとその後の暗号文を手元のエニグマに入力することで本文(アルファベットの1文字ごとにランプが付きます)それを1文字ずつ拾うことで交信できたわけです。ドイツでは1ヶ月分の鍵(コードブック)が、すべてのエニグマ暗号機のもとに配布されていました。
a0330864_19234391.jpg

その暗号文の組み合わせは
総当りしても15,900京通りあります。えっ、と気付かれた方も、、、そうなんです。26文字の組み合わせになっている暗号文のルールは159X10の18乗です。159,000,000,000,000,000,000です。この組み合わせを人間の手で総当りすると、、、10人が24時間かけて答えにたどり着くのに2,000年かかる計算になります。すごいでしょ!
すでにエニグマ暗号機はイギリス海軍によってドイツの潜水艦から強奪され、潜水艦もろとも暗号機は海の藻屑になったとドイツに思わせていたのです。3つのローターと反転ローターの26文字が3列、そして26文字のランプに26個のプラグ、それがどのように働くかはたった一日では解析できなかったのです。
ここからが面白いのです。昨日の記事の中に「アラン・チューリング」という数学者で暗号解読者をご紹介しましたが、このアラン・チューリングはエニグマ暗号機と思われる仕組みを自作したのであります。それが現代のコンピュータの礎となった「チューリングマシーン」です。
ただ毎日変わる鍵になるコードがわからないのです。毎日打ち続けられる暗号文からその鍵になるコードが見つからないのです。あるとあらゆる暗号文をチューリングマシーンに計算させても翌日の朝には新しいコードになってしまいますから皆目見当が付かない。しかし、もともとアラン・チューリングは数学者。計算のアルゴリズム(計算をするときに答えを導き出す最も早道の計算方法・数式)は必ずあると信じていました。あることが基で暗号には始まりがあると悟ったチューリングは朝一番のドイツの打電に共通点を見出したのであります。まさにwetter(天気)であります。その文字をチューリングマシン(エニグマでいうプラグコード)に与えると電流が流れ3つのリフレクター(反転ローター)が規則正しく動くのです。そして暗号文を入力すると歯車は1文字ずつ回転して正しい文章が表示されたわけです。ドイツの暗号は解読されてしまったのです。

はい今日の締めですが、パスワードは暗号を解読するための鍵だと思ってください。その鍵とカードに記録された暗号変換コードが照合されることでクレジットカードが本人のものであると証明されるのです。たとえ成りすましにあったとしてもパスワードが盗まれると機械は本人と証明してしまいます。どれだけパスワードが大切なものかわかっていただけると思います。

もうひとつ付け加えないといけませんね。今日現在日本のスーパーコンピューター「京」であっても15,900京という計算は15,900秒掛かるということです。4時間以上掛かることになります。今のスパコンでですよ。
ここまで綴ってくると「アラン・チューリング」のことも知りたくなりますよね。次回はそこに焦点を当ててみたいと思います。長いことお付き合いいただきありがとうございました。

さて、介護ですが、実母は検査の結果脳梗塞からくる眩暈と判明しました。程度も軽く、数週間の入院で帰宅できるでしょう。後遺症が残らなければいいのですが、今はなかなか入院はさせてくれません。粘りに粘ってMRI検査で症状が見つかったというわけですが、症状からして単なるメヌエル症候群ではなくもとの原因がわかったことはとても良い結果でした。私のことを担当医はどう思ったんでしょうね。(素人のクセにいやな奴)
しかし今日は9時から検査に同席し、最終のMRI検査が終わったのは夕刻の5時でした。昨晩から一睡もしないで、ここ4日ほどほとんど寝ていないのが現状です。実母を完全看護で見てくれますので私は帰宅を許されました。今日は寝るぞ! と思っても寝られるわけがない。



遜 龍明




by fotografkei | 2017-04-11 22:14 | その他
2017年 04月 11日

介護3 20170410

実父の介護、経過を伝えて行こうと思ったのですが、
それどころではなくなりました。今日午後3時、実母が2階から階段に足をとられ落下。
頭がまるで「ザクロ」、血の海、なんとついていないのやら、、、
両親は別々の病院に運ばれた。
ようやく私も食事を摂った。(何でパソコン触っているの?)
ノート型を持ち込んで記事でも書いていなきゃ気がまぎれない。
読書? そう好きな読書! 今はそんな気になれない。

a0330864_22312685.jpg

まぁ、付き合ってください。

前から記事にしようと思っていたのですがようやくその時が来たようです。それは何か?

クレジットカードのセキュリティコードがどこにあるのかご存知ですか?
セキュリティコードは何番なのか…というと、これは実はあなたが持っているそのクレジットカードに印字されています。
アメックス(アメリカン・エキスプレス)だけ表面で、ほかはすべて裏面にあることになります。(ほとんどのクレジットカードは裏面にあるということ)
そうですね。アメックスを除いて国内のカードは3桁の番号で記載されています。ほら発給を受けたときにサインする所です。カードの裏面を見ていただくと電話番号以外に数字の羅列があります。その数字の右3桁がセキュリティーコードというわけです。

これからが本題なんですがね。
面倒ですかね。面倒な方は読み飛ばして頂いても・・・。

暗証番号について(クレジットカード等)
暗証番号を使うことでダレも現金支払機を思い出すと思います。その現金自動支払機はいつごろ導入されたと思われますか? 1967年昭和42年のことです。
正式名称はキャッシングディスペンサー(CD=現金自動支払機)と呼ばれます。
イギリスのバークレイズバンクが6店舗で導入したのを皮切りに、各銀行で実用化の機運が高まります。当時ちょうど週休2日制に伴い導入が真剣に考えられていたので、「顧客の利便性」を考えCDはうってつけだったのです。今皆さんが登録して見える4桁の暗証番号は後の1972年に使われるようになったのです。
なんと4桁の暗証番号はイギリスにならって共通フォーマットとして今現在にいたります。

この4桁の暗証番号は一人歩きすることなく暗号に変換されるんです。暗号化するのに512ビットのデータが必要になるんです。
「なにそれ?」
ごもっともです。10進数になれた私たちは2進数といってもピッと来ないのは無理もありません。コンピュータの中身はこの1ビット(2進数の1桁)を合成したものです。その世界は1or0(ゼロ)です。有るか無いか、ONorOFFの世界です。
もう少し簡単に説明すると1、2、4、8、・・・・32,64,128,256,512と倍数に割り当てられるのです。仮に2ビットであれば00,01,10,11の4通りとなり,2 bit は4種類までの情報を組み込むことの出来る情報量であるということです。その倍数である4ビットでは15通りの組み合わせが出来るということです。512ビットとは当時大変なデータ量であるということに気付かれると思います。

今現在はメールなどでjpeg画像であれば4~5メガバイトを一瞬に送信することができます。その数字をビットに直すと4,000,000~5,000,000ビットとなるわけだから当時からすればとんでもない世の中になったと驚くかもしれませんね。わずか半世紀でこれほどまでに多くのデータを一瞬に処理できる時代が今ここにあるということです。
さて、課題になっている4桁の数字の組み合わせは9,999(0000を含んで1万)通りの組み合わせが暗号化されるわけですから、たった4桁と馬鹿に出来ず、解読することは安易なことではありません。まして銀行カードは暗証番号を3回間違えて入力すれば効力をなくし使えなくなります。とてもキャッシュコーナーで1万通りなんて入力することができるわけがありません。仮に人間が手入力で暗証番号を入力したとしてそれに要する時間は1通り1秒と計算して1万秒かかることになります。1万秒とは166.67分、時間に直せば約3時間かかる計算になるわけです。永遠に入力できるとしても3時間もキャッシュコーナーでキー入力していたんでは、ガードマンが飛んできて御用となるのであります。決して暗証番号は個人データ(車のナンバーや生年月日、電話番号は危険)を使用しないように指導があるのはそのためです。例えばカードを落としたとき、拾った人が知人とします。車のナンバー、生年月日、電話番号を入力すればいとも簡単にアクセスできてしまう可能性があるということです。

さてさて、皆さんはネットで買い物はしていませんか? クレジットカードで契約するときには前にお話したそのカードに記載された3桁もしくは4桁のセキュリティー番号を登録するということです。これがとても怖いことなんですがご存知ですか?
もし、ハッキング(クラッキング)、システムやネットワークに通常ではない方法でアクセスすること。もともとは、合法的なアクセスを含めてこう呼んでいたが、データの改ざんや破壊、盗用などの違法行為を指すことが多くなっていることはもうニュースなどでご存知ですね。成りすましでカードが不正使用されてしまう危険があるのです。頭のいい人はどこにでもいるようで、クレジットカードは持たないに越したことはない(極論)のです。

そうそう、これを書いておかなくては厳しい環境に触れることは出来ません。
日本のスーパー・コンピュータ「京」は1京(10,000,000,000,000,000)を1秒で計算する能力があるのです。しかし、2016年6月20日の調査では1位が中国、「京」の10倍、2位も中国で「京」の3倍の計算能力を持っています。日本の「京」といえば世界5位にランクインしました。あまりありがたくないんですがね現実と受け止めましょう。

前にも書きましたが暗号にまつわる暗証番号がなぜイギリスから始まったのか???、面白いでしょ。それは1912年イギリスに生まれた数学者でコンピュータ科学者の「アラン・チューリング」のお話に繋がるんです。そうそう暗号解読者であることも付け加えておきます。

いや~ながながとお付き合いありがとうございました。103.png



遜 龍明




by fotografkei | 2017-04-11 00:00 | その他
2017年 04月 08日

介護 20170408

介護とは、老齢または心身の障害により日常生活を営むことが困難な人に対し、生活の自立を図ることを目的として、
・日常生活動作
・家事
・健康管理
・社会活動の援助

どれも、親孝行として代表的な行動です。
これは、あなたが親になったとき、わが子が自分に何をしてほしいかを想像すれば、分かります。
金銭的なものもあれば物質、気遣いもそのひとつでしょう。
親が死ねば、もう親孝行できないかというと、そうではなく、本当の親孝行とは、人と社会に貢献する生き方をすることです。
親からいただいた命を、最期の最期まで、人と社会のために最大限生かすことです。だらだら生きるのではなく、人と社会のためになる生き方をすることです。
立派に仕事をするわが子を見れば、亡くなった親も、天国で誇らしく思うでしょう。ともっともらしいことが書かれている。

a0330864_16353633.jpg


 僧坊弁狭窄翔症:そうぼうべんきょうさくしょう(心疾患の一種であり僧坊弁口の狭窄によって左心房から左心室へ血液が流れにくくなる症状。心臓は左右に分かれておりそのうち心臓の左にある左心房と左心室の間には血液の逆流を防ぐ僧坊弁ある。その弁の機能が失われ本来の血流が悪くなりさまざまな症状が併発する。血液流入量低下により左心房の上昇により、肺高血圧、肺水腫、右心不全、心房細動などを引き起こす。すでに右心不全を併発し、いつ肺水腫が破裂してもおかしくない状況。
 医師の見立てによれば余命1年。またこの疾患は予期せぬ事態を引き起こし、余命1年といっても一日なのか、一週間なのかはたまた1ヶ月なのかまったく予測不可能とある。このまま入院していても病状が改善されるわけでもなく、96歳という高齢から先端医療による手術する体力は残されていない。静かにそのときを待つばかりである。
 懸念される症状としては肺水腫:はいすいしゅ(肺の気管支および肺胞に水分が滲み出して溜まった状態)が溜まった水分により呼吸が障害となって呼吸不全に陥る。今はいつ何時この肺水腫が破裂するかもしれないというものだ。良く今まで体内に時限爆弾を抱かえて生きてきたものだ。
おそらく80代で手術という選択肢があっただろうが本人は受け入れることなく騙し騙し投薬で生きながらえてきたものと想像するのだ。今は苦しむことなく(救急搬送されるその日までずいぶん苦しんだと察するに余り有る)静かにそのときを待つようにしてやりたいと思うのだ。

今日は午後からそんな父を見舞ってきた。救急搬送されるまでの厳しい顔ではなく安心しきった様相。
「お前の判断でここへ来たけど感謝している」
入院を拒み続けていた父も今は覚悟を決めその身を医師に託し静養しているが、最新医療では高齢者といえども余分なことに手を出すことはない。常に自立できる状態を続けながら養生するといったものである。辛そうに体を起こし排便するその姿が体を弱らせない秘訣、余分なことに手を貸すのが親孝行ではない。本人の気持ちのなかで感謝することが親孝行なのだろう。

a0330864_16361508.jpg




遜 龍明




by fotografkei | 2017-04-08 16:47 | その他
2017年 04月 06日

うまい話し

さてさて、撮影とはまったく関係のないもの

a0330864_16290645.jpg

うまい話しや、心配を語りお年寄りをだます新型の「振り込めサギ」
人事じゃないんだよね。
私だってそれなりに対照となる御歳。
危ないわ~

a0330864_16291856.jpg

家人とそれを話し合うと
「お金のある人のことでしょ、あんたは大丈夫! ないんだから」

喰らいました。パンチ
そうだよね。無い袖は触れない。

「電話があっても無いといってりゃいいか、」って私
「だいいち息子も娘もお金持っていないこと知っているからそんな電話してこない!」って家人。
なんともはや、居場所の無い私です。

振り込め詐欺にあわない秘訣。
それはお金を持たないということ。
変に納得です。

でも先日ケーブルテレビから
「お得な契約に変更しませんか? 違約金は○○テレビが代行します。お客様の負担はございませんよ。変更契約いただいたお客様からは、毎月の支払いが少なくなったと喜びのお声を頂いております。パソコンの設定はもちろん電話番号はそのままで毎月の契約金額の中に含まれています。テレビも各部屋のテレビで視聴することが出来ます。他社よりお得になっております。」

言ってやりました。
「私どもはお客様から大事な個人情報をお預かりしていますので専門業者に依頼してシステムを組んでいただいています。セキュリティーの問題から勝手に変更は出来ないんですよ。毎月多額の費用を払っていますがどのくらいお安くなるんですかね」

「・・・・・」
切られました電話、

「ただより安いものは無い」
冗談じゃありませんよ。「ただより怖いものは無い」
ここはスケベ心を出さないほうがいいですね。

振り込め詐欺には困ったものですね。
考える時間を与えず次々に攻撃にあいます。
やはりここは自分がしっかりしていないとやられてしまいます。
気をつけましょう。甘い言葉と緊急連絡。



遜 龍明





by fotografkei | 2017-04-06 16:54 | その他