日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:小型野鳥( 86 )


2016年 09月 25日

秋だ!っつ~の




芸術の秋だ!
って火曜日から芸術展Ⅱ開催、
今回は指を咥えてお手伝いです。多くのプロからの出品、ため息ものです。

んだ、んだ

a0330864_20492854.jpg

行くかい?

a0330864_20493373.jpg

いや、一人で行くわさ

a0330864_20493955.jpg

撮影が儘ならない。
秋だ!
って、カメラを持って出かけられないんだよね。
したがってブログも更新出来ない。
「つぶやき」なんてブログに変更するかな?

つぶやくこと?
あるある、いっぱいある。
でもなぁ、いまさら人間変える気無いし、



遜 龍明






by fotografkei | 2016-09-25 20:59 | 小型野鳥
2016年 09月 19日

鳥、予定変更




お約束の半田市町歩きは諸事情によりまして中止とさせていただきます。m(_ _)m

ケリ
a0330864_11184228.jpg

彼岸花を探して出かける途中見つけた「ケリ」、飛翔姿は撮れません。

ヒバリ
a0330864_11184816.jpg

a0330864_11185921.jpg

どう見てもヒバリ、この9月中旬に見たのは初めて、春告げ鳥のはずがなぜ今?
飛び立たず一定の距離を置いて歩いていました。

a0330864_11190851.jpg

a0330864_11192028.jpg

やはりスコープの接眼レンズとカメラのレンズの距離を縮めることで空気感のような霞が消えた。
これなら一眼カメラと遜色は無いでしょう。
いつまでたっても飛翔姿が捉えられない私です。やがて購入3ヶ月になろうというのに、デジスコは難しい!

うがいをするセグロセキレイ?
a0330864_11195656.jpg

この日はやけにセグロセキレイが飛び回っていた。



遜 龍明






by fotografkei | 2016-09-19 12:05 | 小型野鳥
2016年 09月 17日

今日は鳥撮り

今日は写真展に行く前にちょっと森まで、

a0330864_16542418.jpg

メジロが団体さんで登場です。柿も小さいながら少し色づきました。
これからですね。

a0330864_16543670.jpg

実に落ち着きの無い子です。追いかけるのが大変!

a0330864_16545662.jpg

綺麗な花ですがなんていうのかな?(ブロ友さんのお知恵を借りました。ミソハギ) 蝶と蜘蛛がコラボです。

a0330864_16550322.jpg

やはり秋だわ、枯葉も色づいて、、、
しかし蒸し暑い半日、大型台風が日本上陸か?
今夜もエアコンが離せない。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-09-17 17:02 | 小型野鳥
2016年 08月 26日

今日は作品造り




a0330864_17124067.jpg

ようやくPCが回復。たまった仕事との戦いでした。
a0330864_17151159.jpg

a0330864_17151580.jpg

この秋行われる写真展の作品造り、
頭の中で構図を練っていたので割りと簡単に、
a0330864_17152149.jpg

a0330864_17152629.jpg

PCがヒステリックになると私は落ち込みます。
もう一台あるPCはWindows7が出た当日に購入したもの、私と同じ年寄り、photoshopなど作業が出来ません。
最速のスペックで組み上げたこのわが子がいなければ仕事も出来ない。
今のところシャカシャカ作業がはかどります。


遜 龍明





by fotografkei | 2016-08-26 17:24 | 小型野鳥
2016年 06月 26日



a0330864_18594254.jpg

今日は暑くもなく爽やかな一日でした。
デジスコのテスト!

a0330864_18594991.jpg

デジタルスコープはスワロスキーSTX85(レンズ口径85mm)
ちなみにオーストラリア製です。
接眼レンズは25-65倍
カメラはパナソニックのGX7
カメラ側レンズは20mmf1.7
この組み合わせで最短焦点距離は1,000mm

a0330864_18595537.jpg

最長2,600mmで撮影ができます。(EXテレコンを使えば10,400mmまで可)

a0330864_19000510.jpg

デジスコの良いところは最短撮影距離が3mを割っている。
焦点距離は長いが被写体にぐっと寄ることが出来る。

a0330864_19001213.jpg

想像以上に明るく、カメラとの相性はすこぶる快調。
ただ20mmのレンズはインナーフォーカスではなく、AF時にレンズが繰り出すことは考えていなかった。
そのため接合部が不安定なため光軸がずれる。
当面ステーを噛ませ固定してあるので問題はないのだが・・・、
いつまで耐えられるか?
システムですか?
いえいえ、インナーフォーカスのレンズを手に入れることを考えているのです。
できれば代えのカメラも・・・

馬鹿もん!!!

って聞こえてきそうです。笑)



遜 龍明






by fotografkei | 2016-06-26 19:23 | 小型野鳥 | Comments(2)
2016年 06月 25日

デジスコデビュー



a0330864_06362949.jpg

デジスコデビューです。
一度オーナーになって見たかった。

a0330864_06375650.jpg

考えに、考えた結果!
手に入れました。

感想?

感想ですか?
まだ何も・・・
カメラの設定が先決問題と取り組みました。

むずかしい!
一眼のようには行かないんです。
でも、被写界深度は浅く、背景は文句なし、、、

a0330864_06363734.jpg

こんなシーンも、(フレームアウトしましたけど)
倍率も今のシステムだと・・・4,600mm(35mm換算)
AFも効くので撮影には問題なし、
しかし、捕捉するにはMF、そのあとはAFで微調整。
ミラーレスですから若干画質は・・・、人それぞれです。

今年はこのシステムでミサゴの食事風景を、

そうそうデジスコにした理由は「重量」
600mmf4に1dx、それなりの三脚。もち歩きが出来ない。
しかしこれなら楽々、フットワークよろしくバードウォッチング。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-06-25 06:56 | 小型野鳥 | Comments(0)
2016年 06月 22日

サロン



サロン、、、
応接間・談話室という意味だけど、いつ頃か「理髪店」などサービスを提供する店の名前に使用されるようになった。

a0330864_08364412.jpg


床屋さん、理髪店というよりヘアサロンといったほうが実に響きが良い。

「今日はつかの間の時間が出来たのでサロンへ」

私は金髪に、銀髪にと、定年退職後いろいろ楽しんだ。
そろそろこのあたりで通常に戻して、、、なんて考えるのです。

実のところ白いのが目立ち、脱色していたこの髪もどうかと思うのであって、
いっそ真っ白に染め上げるとか、

今日行ってきます。久しぶり・・・


遜 龍明








by fotografkei | 2016-06-22 08:47 | 小型野鳥 | Comments(0)
2016年 03月 05日

MOMENTS



a0330864_08251423.jpg

a0330864_08251923.jpg

ヤマガラが懐いたよ。
掌からヒマワリの種をとったら「はやにえ」

a0330864_08252716.jpg

a0330864_08253447.jpg

何度も何度も取りに来るけど、
隠したところなんて覚えていないだろうな、

a0330864_08253902.jpg

覚えていないといえば、私のへそくり、
どこに隠したやら、覚えがない。
へそくったことすら覚えていない。
認知症?
ん~、へそくるほど小遣いをもらっていないことを忘れている。



遜 龍明





by fotografkei | 2016-03-05 09:03 | 小型野鳥 | Comments(6)
2016年 03月 04日

小型野鳥がようやくやってきた。



a0330864_13354435.jpg

メジロはこちら中部を境に住み分けています。中部以北では夏鳥、中部以南では留鳥および漂鳥として、ごく普通に平地の森林公園や人家の庭先にやってきます。
食物は花の蜜や樹液、果実も食します。エノキやハゼノキ、ウメモドキなど様々な植物の実を好んで食べますが、昆虫やクモなどの虫もメジロにとって重要な餌で、特に繁殖の際にはヒナに運ぶ主要な餌となります。

a0330864_13355082.jpg

これがちょこちょこと動き回り、なかなか撮らせてくれない。イラつくことしきり。

a0330864_13355591.jpg

野鳥の撮影は根気がなくちゃ、

a0330864_13360726.jpg

短気では撮れないね。



遜 龍明






by fotografkei | 2016-03-04 13:50 | 小型野鳥 | Comments(6)
2016年 02月 22日

目から鱗


ある招待状から頂いた二つの言葉
それは「捨身」、すてみと読み間違うことがある。
「しゃしん」と読むのだそうだ。しゃしんという言葉はカメラを手にする私には身近に感じる。
その意味は「仏教の言葉で修行または供養のため、俗界の欲望を捨てて仏門に入ること」つまり「出家」を意味するのだそうな。

身を捨てるような気持ちで,全力を出して事にあたること。「すてみ」は捨て身とひらがなの「て」が入る。

a0330864_22191417.jpg


もうひとつは「故事付け」、こじ付けである。(変換できない)
昔から伝わる「いわれ」や「物語」に無理やり関連付けることである。
これは中国から伝わることばに「鹿を指して、馬となす」。自分の権勢をよいことに矛盾したことを押し通すという意味から「馬鹿」というようになったとも、
あくまでも俗説である。

こうして招待状のあいさつ文はふたつの言葉で極々控えめな綴りであった。

このような会話の中で、
「良いことを知った。これは忘れないよ」
「だめだ、私はすぐ忘れるたちだから・・・」
すると、ハンドルを握っているドライバーから。
「忘れるということは良いことだよ。人は記憶にも限界があるわけだから、忘れることで次の新しいこと知るんだよ」
「・・・・・」(爆笑)

写真とはまるで関係無し!


遜 龍明





by fotografkei | 2016-02-22 23:11 | 小型野鳥 | Comments(2)