日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:建物( 5 )


2016年 10月 02日

いにしえにふれて

「温故知新」
藪から棒に四字熟語

a0330864_21225925.jpg


今はこんな姿でも過去を知ることで、
何にかが発見できる。

好きなんだよね。壊れたものもまるで時間が止まったようにかけらがそのままになっている。
「なぜ片付けないの?」
なぜだろう、

a0330864_21224649.jpg

いまでも昔のように道を照らしているんだろうか?
現在からタイムスリップしたような、
当時は今のように町明かりが無かったのだ。
ほのかに足元を照らす
明かりの下を歩く老婆の後ろ姿が目に浮かぶ。

a0330864_21222946.jpg

カラカラ回る換気扇
電気で回っているのか、それとも風のいたずらか、
更なるわびしさを感じずにはいられないのだ。




遜 龍明





by fotografkei | 2016-10-02 21:40 | 建物
2016年 03月 16日

ビルの片隅で



昨日は写真展を見学後、ここしばらくシャッターを押していないので無性にファインダーが覗いてみたい。
かといって風が舞う街の中、恐怖です。

「陽だまり」
a0330864_08182256.jpg


「そうだ、新しく出来た商業施設、ここなら花粉対策」
とばかりに出かけてみました。
すばらしい。近代的商業施設! まるで自分が小さく見えた。
とにかくでかい、広い。通路も余裕の幅、平日だというのにさすが、

「二つの太陽」
a0330864_08182746.jpg


飲食業の並ぶフロアーにはファッションが混在している。もう3時だというのに・・・、食の並ぶ一角は長蛇の列
カメラを向けるに若干引いてしまう。
ビルの5階には展望デッキ。その上は天まで届くオフィスフロアー。

アロマの香りと食の香り、お互い喧嘩しない空間。
これも近代的なコラボなのか?

陽の傾きによって姿を変えるデザイン。私にとってレンズを向けるイメージが溢れかえる。
きょうは canon 50mmF1.2をチョイス、開放で撮って見た。

開放? F1.2? 昼間?
そうです。ND4のフィルターを保護フィルターの代わりに使っている。
減光および少々暗くともこの組み合わせで難なくシャッターが下りる。

しばらくこのシリーズ続きます。

遜 龍明





by fotografkei | 2016-03-16 08:42 | 建物 | Comments(4)
2016年 02月 11日

奪われた過去

住人は人か蔦か?
a0330864_05370515.jpg

どう見ても蔦
a0330864_05371409.jpg

季節を変えて見てみたい!


by Capa




by fotografkei | 2016-02-11 05:40 | 建物 | Comments(2)
2016年 02月 09日

廃屋

金髪に頭を染め(じゃなかった。徹底的脱色・脱色)、KーPOPでリズムをとる変なおじさんです。
ライブにも出かけます。(息子の紹介でね)

a0330864_21011161.jpg

ИНДУСТАР-10(FED-INDUSTER)1:3.5/50
このレンズ斜光で撮ると表現力が変わる。輪郭線にハロが、逆光ではかなりのハロ、順光ではかなりまとも、
ウクライナで製作され、外観はエルマーそっくりな枕胴式、作りは3群4枚のテッサータイプ。
旧ソ連は実におかしなレンズを作ってくれる。おかしなおじさんにはぴったり!

今日は足助まで「中馬のお雛さま」を撮りに行ってきました。

a0330864_21011918.jpg

あいにくの天気でしたが私には好都合。
廃屋を中心に撮ってきました。

a0330864_21012619.jpg

こんな作品をとった時はK-POPをガンガン鳴らし、テンションを上げます。
えっ、BGMとそぐわないって?
そうなんです。そんな時にひらめきが、、、

演歌? 還暦と共におさらばしました。


by Capa




by fotografkei | 2016-02-09 21:27 | 建物 | Comments(2)
2015年 11月 10日

ただなんとなく


a0330864_16284366.jpg

豊田紡織機工場の跡地、
豊田佐吉、喜一郎親子の資料館

a0330864_16284941.jpg

なんてことないんです。
偉大な発明家の足跡をたどり、光と影を探す。

a0330864_16285600.jpg

a0330864_16290226.jpg

佐助は農家の生まれ、
「発明に没頭しないで畑仕事をやれ」
そう言われ続けた佐助は、日本の発明家十人の一人に数えられる。

a0330864_16290774.jpg

文明を支えた賢人はみな唇一文字、それに分厚い。
偏見かな?
とにかく何か違うのです。

a0330864_16291309.jpg

憧れ?
もうおそい・・・
ただの人間で良い、
しかし、活きた証を残したいと考えるのは、、、

カメラやレンズは粗大ごみ扱いかな?
写真、 作品ですか?
処分してから旅発てと、言わないまでも目がそう語っている。


by Capa




by fotografkei | 2015-11-10 16:49 | 建物 | Comments(4)