日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:資料館( 5 )


2015年 10月 30日

レンズの向こうは100年前 その2 トヨタコレクション

1839年(天保10年)に銀板写真(銀メッキした銅版に感光させる技法)は日中でも感光時間が10~20分かかることからスナップ写真は不向きであった。
その後湿板写真の技法が現れ、露光時間が10~15秒と短くなった。硝子板に焼き付けるため1枚のネガから何枚でもプリントできた。しかし、撮影前にガラス板に感光溶剤を塗り、乾く前に露光するといった不便さもあり、のちの1871年(明治4年)には乾板写真(溶剤を乾燥させ、露光しないように持ち運びが可能)へと32年の短期間に技術は進歩したのであります。

a0330864_20412788.jpg

坂本竜馬は1867年12月大政奉還(明治元年)の1ヶ月後に暗殺されたが、同氏と思われる写真は湿板写真で撮影されたものである。
写真の歴史が我尊敬してやまない坂本竜馬までさかのぼるとは、実に楽しいのである。

a0330864_20413200.jpg

これが湿板写真の原板、桐の箱に入って大事に保管されている。
「九年壱十月」と書かれているが、明治九年のことであろうか? すでに乾板写真が明治4年に普及したにもかかわらず湿板写真?
どうでもいいことである。。。

a0330864_20411686.jpg

ガラス乾板はのちにカラー? いやいや、モノクロ原版に繊細な色付けがなされカラーへと変貌するのである。
明治中期に石油ランプを光源とする国産の幻灯機が登場した。このガラス原版は幻灯機でスクリーンに投影して楽しんだのであります。

a0330864_20414257.jpg

当時のアルバム、表紙には漆加工された高価なものであっただろう。日本の風景や婦人などの写真が収められ、海外からの要人によって世界各国に広まったのであります。

a0330864_20411015.jpg

a0330864_20410585.jpg

トヨタコレクションはカメラにとどまらず、顕微鏡や望遠鏡などの品々を見ることができる。からくり人形においても分野を分けず保存されている。日本のモノづくりの源流とも言える歴史資料がこの展示室に保管されているのであります。博物館級ですね。



by Capa




by fotografkei | 2015-10-30 07:40 | 資料館 | Comments(2)
2015年 09月 19日

世界を動かした男の名言集

現場で考え、現場で研究せよ。
a0330864_17544205.jpg


今日の失敗は、工夫を続けてさえいれば、必ず明日の成功に結びつく。
a0330864_17403763.jpg


男は、四の五のいらぬことを考える必要はない。志を立てた以上、 迷わず一本の太い仕事をすればよい.
a0330864_17403168.jpg


そんな名言残した「豊田喜一郎氏」と私は熱い握手を交わしたのです。。。。?
a0330864_18014118.jpg



by Capa





by fotografkei | 2015-09-19 18:02 | 資料館 | Comments(0)
2015年 09月 11日

貨幣価値

1936年(昭和11年)
a0330864_19562438.jpg

トヨダは

a0330864_19563285.jpg

トヨタに変わる。名称を一般募集? 賞金は?
100円
今じゃないよ。
80年前といえば現代に換算すると¥200,000.-かな?


by Capa




織り機は今回で最後だよ、

by fotografkei | 2015-09-11 06:31 | 資料館 | Comments(2)
2015年 09月 10日

いちにち雨でした!

ほら、
a0330864_10332088.jpg

夏の疲れからか・・・、気乗りしないスタート、

a0330864_10331406.jpg

元工場であったのこぎり式屋根のあと、


by Capa


よかったら付き合ってください。

by fotografkei | 2015-09-10 06:03 | 資料館 | Comments(0)
2015年 09月 09日

日本の夜明け

雨の中行ってきました。

a0330864_20500699.jpg

日本初の動力織機や自動織機、トヨタグループの創始者、豊田佐吉をはじめとするトヨタの資料館

a0330864_20501415.jpg

電気が止まっても工場の中は明るいのです。

楽しく見学、雨でも退屈しない一日でした。


by Capa


よかったら・・・

by fotografkei | 2015-09-09 05:46 | 資料館 | Comments(6)