カテゴリ:フィルムカメラ( 1 )


2015年 05月 28日

現像が出来上がってきました。

今年のバラ、フィルムで撮影してみました。
フジフィルム、カラーネガ、ISO400


a0330864_16593938.jpg

a0330864_16594466.jpg

使用したカメラはMAMIYA RB 67(1970製作初期モデル)
レンズは127mmf3.8 6x7cm判標準レンズ
カメラに露出計が備わっていませんので、単体露出計でその都度計測。SSと絞りを決めて撮影。
とても楽しいのであります。しかし、むちゃ重いです。

a0330864_16595005.jpg

このカメラは多くがスタジオで使用されたモデル、
ファインダーは上からのぞくタイプでありますからして、「ウエストレベル」で撮影ができる。
つまり、立ったままおへその位置で撮影ができるのであります。

a0330864_16595528.jpg

ブローニーフィルム(6x7cm)の中判カメラでありますから、少々大きく引き伸ばしてもまったく問題はないのです。
もっぱら私はネガフィルムを使用します。リバーサルフィルムはデジタルカメラでもいいのでは、と思うのは私だけ?

ただ、ISO400のフィルムを快晴で撮影すれば上限の1/500のシャッタースピードでは追いつかないのであります。
しかし、開放近くで撮影したいので、ND4のフィルターをいれて撮影しています。2段SSを落とすことができますので、
補足します。NDフィルターの効果、このND4は絞りを2段分減光、ND2、4、8、16、などがあり、
それぞれ光量を1/2、1/4、1/8、1/16、とすることができます。

一例:単体露出計でSS1/2000 絞り(露出)f5.6の場合、ND4を使えば絞りはそのままf5.6、SS1/500で撮影できるということです。
まったく問題ないのと、ネガフィルムの場合ラティチュードが広いので少々露出オーバーで撮影しています。
トリミングは一切行っておりません。

by Capa


by fotografkei | 2015-05-28 17:22 | フィルムカメラ | Comments(1)