カテゴリ:花写真( 55 )

バラのかほり

今日は写真教室
もう一度バラにチャレンジ、朝5時から撮影に見えた方も(参りました)
今日も素晴らしい香りときれいな色に逢えました。


a0330864_18491593.jpg

a0330864_18490720.jpg

今日使いましたレンズはNIKKOR-P Auto 1:2.5 f=105mm シリアスNO.470692
このレンズは1971~1973年に製作された銘玉?
シリアスNOは408816~472739と、私のは恐らく1973年製造でしょう。
当時のレンズとしては非常に写りが良く、少々物足りなさがありますが、
非常に気に行ったレンズの一つです。数年前わずか¥9,000で手に入れたものですが、
近年オールドレンズが暴騰してとんでもない価格になっています。むろんレンズの状態で変わってきますが、
なにが何だかわかりません・・・

a0330864_18490058.jpg

a0330864_18485477.jpg

a0330864_18484878.jpg

しかし、カメラSONY α7はアスペクト比(縦横比)が3:2および16:9
(フルハイビジョンテレビ、画面解像度での1920×1080が16:9)
とどちらかと言えば不満。35mmフルサイズとはいえ、全紙に伸ばせば7:6でおのずとトリミングされてしまう。
私個人としては4:3(7:6)もしくは1:1が好みである。
したがって、毎回トリミング作業を行っている。

a0330864_18492362.jpg

これが3:2のアスペクト比、
どうも間がのびていると考えるのは私だけだろうか?



by Cpap

by fotografkei | 2015-05-11 19:16 | 花写真 | Comments(0)

バラの続き

今日は久しぶりにカメラを1Dxに換えてカワセミの撮影。
雛がかえったのか、頻繁に飛来し、お持ち帰り。
餌の大きさを品定めしているような、これは見逃せません。


といって、カワセミの作品で無いところはご勘弁を・・・

a0330864_22484120.jpg

a0330864_22491473.jpg

a0330864_22492025.jpg

絵ではありません。写真です。
今回使用したレンズはCanon 50mm f1.2
開放で撮影しましたが、とても昼間の撮影に向いているのではありません。
SSが上限で点滅状態。したがって可変NDフィルターを使っています。
~400号まで減光できるという便利もの。
なるべく変色しないよう微妙なところでSSを落として撮影しています。
週明けにもう一度バラの撮影に行ってきます。


by Capa




by fotografkei | 2015-05-09 22:59 | 花写真 | Comments(0)

写真です。絵ではありません。

今日もバラの撮影に出かけました。
例年であれば5月15日頃が一番の見頃
今年は異常気象?
見ごろを迎えて1週間が発とうとしている。


a0330864_20390649.jpg

a0330864_20391328.jpg

a0330864_20392256.jpg

今はまだ傷みの少ない時期、
夏バラは大輪であるが傷みが激しい。
今日も多くの人出、見越して早めの現地、
良い時刻に撮影することができました。
そろそろ太陽も頭の上、園も人出が多くなりましたので
早々に引き揚げました。


カメラ:SONY α7
レンズ:Canon 50mmf1.2 開放で撮影


by Capa

by fotografkei | 2015-05-08 20:47 | 花写真 | Comments(2)

愛と喜びと美と純潔

バラの花

繁栄と愛の象徴とされた。
ギリシャ神話では、
愛と美の女神の
「アフロディーテ」が
海から誕生したときに、
大地がそれと同じぐらい
美しいものとして、
バラの花を作ったとされている。

a0330864_16362489.jpg

ギリシャ時代には、
ビーナスに結びついて、
「愛と喜びと美と純潔」を
象徴する花とされ、
これが、花嫁が結婚式に
バラの花束を持つ風習に
つながったとされる。

a0330864_16371938.jpg

a0330864_20082290.jpg



by Capa

by fotografkei | 2015-05-06 17:07 | 花写真 | Comments(0)

気高くとも

もうバラの季節
今年は少し早いかな?


a0330864_14073672.jpg



by Capa


by fotografkei | 2015-05-03 14:29 | 花写真 | Comments(0)

野鳥撮影を主に発信しています。


by 遜 龍明
プロフィールを見る