カテゴリ:ヤマセミ( 5 )

ヤマセミ日記20170224

今日はS公園でウソ・アカゲラ・アオゲラを・・・、
出逢えません。少々移動してカワセミ、良い所無し、

a0330864_19544818.jpg

お昼のサイレンとともにプチ遠征。

a0330864_19550107.jpg

ヤマセミに逢ってきました。

a0330864_19551155.jpg

a0330864_19552273.jpg

EXテレコン2倍に接眼30倍、3,000mmで撮影。

a0330864_19553360.jpg

今回すべてノントリ、被写体まで遠いけどこんな所だと言うことで、、、

a0330864_19554413.jpg

今日はサービス満点、ホバリングを数回繰り返してくれました。

a0330864_19555493.jpg

3月に入ったらまた出かけてみよう。ペアリングが出来ているかも、、、
今日は雄雌現れ、近くに寄るんですが一方が逃げる。
駆け引きだな、
楽しみは残しておいて、と。



遜 龍明



by fotografkei | 2017-02-24 20:04 | ヤマセミ

ヤマセミ


昨日撮影しました「ヤマセミ」
久しぶりに訪れた。
a0330864_20310286.jpg

やっと現れたヤマセミ、背打ちの綺麗なところを頂きました。

a0330864_20304149.jpg

しかし被写体まで遠い、1,344mmで撮影しても200万画素までトリミング。

a0330864_20303585.jpg

もっと近くで撮影すべきでしょうが、このヤマセミ撮影場所には「主」がいるんです。
どうしてかな? 指を咥えてあえて遠くから撮らなくてはならない環境。

a0330864_20304831.jpg

a0330864_20305543.jpg

画素数が少なかろうと、こうしてブログアップできることは良しとすべきかな?


by capa




by fotografkei | 2016-01-28 20:38 | ヤマセミ | Comments(4)

ヤマセミ


a0330864_21072622.jpg

今日は午前中クラブの集まりを済ませ、午後からヤマセミ狙い。
a0330864_21073896.jpg

さっそくサービス、良く飛んでくれました。
a0330864_21071444.jpg

捕食も景気良く、大きな波紋にびっくりです。
a0330864_21072056.jpg

しかし遠い、35mm換算1,344mm
トリミングして500万画素が限界。
a0330864_21070097.jpg

♂♀のバトルも、ネタは多かった。しかし川面を渡る風は半端ない寒さ。
a0330864_21070707.jpg

明日は仕事です。


by Capa



by fotografkei | 2016-01-11 21:17 | ヤマセミ | Comments(2)

ヤマセミ


昨日は「ヤマセミ」狙い
a0330864_07294102.jpg

聞くところによると被写体まで約50mとも(もっとあるような・・・)
a0330864_07153821.jpg

時折川面を横切る被写体は幾分近いような、しかし米粒とまでも言わないものの、
やはり小っちゃい!!!
a0330864_07152194.jpg

今回は飛来も少ないが、最後に魅せてくれました。水浴び、
a0330864_07155265.jpg

なんども飛び込んでくれたものの対岸で遠い、
600mmのレンズに1.4倍、Apscですので、焦点距離は35mmフルサイズ換算1,344mm
a0330864_07154645.jpg

愛機の焦点距離はやはりすぐれもの、、、
トリミングも1,800万画素を維持、粒子の荒れも文句なし、

トリミングと言えば、今回は「黄金比率」の1:1.618で整えてみた。
1:(1+√5)/2=1.61803398874989484820.........と永遠に割り切れない。
私もわりきれない気持ちなのであります。

古代ギリシャ数学のユークリッド原論(ユークリッド幾何学)ではもっとも美しい比率、
ゆえに「黄金比」と呼ばれている。
わかりやすく言えばアンモナイトの渦巻き状の中心に物体(ここでは主役ヤマセミの一部)を持ってくるように構図を整えると、
最も美しい構図となる。果たしてそうなっているのかは・・・、自己満足の世界なのであります。
この比率はほぼ5:8と今ではディスプレー(8:5)も登場している。

簡単にいえば最も美しい縦横比はこの黄金比、1:1.618の比率で構図を整えると良い。という簡単な理論である。
写真比率には16:9があるがそれに匹敵するのかな?

35mmの比率3:2を最も苦手とする私、この5:8(もしく9:16)の美しさに改めて惚れたのであります。


by Capa



by fotografkei | 2015-11-07 08:30 | ヤマセミ | Comments(2)

やってやりました!

今日は撮影はありません。
が、しかしやってやりました。
先回撮影したヤマセミは米粒ほどの大きさ、
3割残してトリミング?
今回は違うよ。


a0330864_20251218.jpg

a0330864_20251997.jpg

どんなもんです。焦点距離1,680mm
あは、これでも少々トリミング、

a0330864_20263469.jpg

a0330864_20273066.jpg

600mmf4のレンズに1.4倍のテレコン、これで840mm
さて、カメラはPanasonic GX7 撮像素子はマイクロフォーサーズ、
さらに35mm換算2倍、ってことは、1,680mm
ファインダーから覗く被写体はさほどでもない。
しかし、PCに取り込んでみれば、米粒2個分。
大きい!
マニュアルフォーカスだけがなんですが、飛びものもマニュアルでピント合わせ、
大丈夫! ピーキング機能で何とか追いかけるのです。

あすは、これでカワセミを攻めてみよう。
言っときますが、わずか被写体まで10m、飛びものは画角に入りません。
毛の1本1本点検してやります。



by Capa

by fotografkei | 2015-03-27 20:42 | ヤマセミ | Comments(1)

野鳥撮影を主に発信しています。


by 遜 龍明
プロフィールを見る