3週間

とうとう今日で3週間、通いました。
よくも飽きずに、、、って? 他に撮るものがないんです。
夏鳥はみんな巣篭もり、以前のカワセミはどうなったんでしょうね。

a0330864_18024940.jpg

♂が獲物のスズメを持って♀を待っています。

a0330864_18025612.jpg

♀は何を怒ってんでしょうね。まるで噛み付くように、

a0330864_18030391.jpg

結局はヒナに与えるため必死でした。
今日はピクチャースタイルをビビットに設定してみました。やはり画像が毒々しい。
明日は元に戻して撮ってみよう。

a0330864_18031929.jpg

♀はオケラを食して子供のため、涙が出るですね。

ところで OLYMPUS OM-D E-M1mark2 のもうひとつの現象。
カメラの設定はMモード、シャッタースピードと絞りを固定してISOは上限を決めてオートに設定。
この設定はEVを0.0にすれば、暗いところから空抜けまで同じ露出で撮影できる。
ところがエラーを起こすのです。ISO200でフリーズしたり、ISO-A LOWと表示され点滅するんです。
撮影された画像はほとんど真っ暗、先日サポートセンターへ電話連絡したら「シャッタースピード優先、絞り優先でも同じ現象は起きますか」
今日は同じ症状が出たので試しに切り替えてみました。結果は同じです。いったんスイッチをOFFにして再度ONにするとその症状は解消される。
設定に何か問題があるのだろうか? 2台同じカメラを使って同じ症状が出るってことはエラーではなく設定の問題かも、、、
AEL/AFLモードの設定を変えてどうなるか? 半押しで露出を固定すべきか、全押しのときに固定すべきか?
あるいはS-AFとC-AFと使い分けるべきか? 検証の毎日。
しかしこのような症状はカメラメーカー2社には無い。今度の新型機においてのみ起こる症状。不快である。



遜 龍明




by fotografkei | 2017-05-23 18:50 | 猛禽類

野鳥撮影を主に発信しています。


by 遜 龍明
プロフィールを見る