2017年 04月 12日

介護4 20170412

今日は定時に目が覚めた。大丈夫! 体は頑強そのもの。
行って来ました久しぶりの東屋。平日にもかかわらず多くのカメラマン。

a0330864_20072793.jpg

聞く所によるとカワセミ嬢は出たり出なかったり、
でも今日1回だけ私は逢いました。

a0330864_20081757.jpg

a0330864_20082369.jpg

枝垂れサクラが満開、すばらしい取り合わせです。

a0330864_20083039.jpg

慰めてもらいました。白い花に白い鳥、絵になるなぁ、

a0330864_20083630.jpg

背景には枝垂桜のボケ、ピンクの中にスズメ。
うんうん、これは上出来。

a0330864_20084259.jpg

シジュウカラもサクラでポーズをとってくれました。
2時間ほど撮影して、役所へケースワーカーと相談。
その後実父の病院でソーシャルワーカーと実母の状態を伝えるべきか相談。

そうそう、ソーシャルワーカーとケースワーカーの違いですが、ご存知の方は別としてちょっと書いてみます。
ソーシャルワーカーとは病院内において自立支援、入院患者及び家族の相談できる職員を指す。
ケースワーカーは主に都道府県や市区町村に設置された福祉事務所などの公的機関で働く職員。

私のように高齢の両親を抱える立場のものにとっては大変心強い相談相手となってくれます。私も実は障害者手帳を需給し、ケースワーカーのお世話になっています。
歩行に障害がありますので両親の介護には限界があり、支援を必要としますので色々手続きが続きます。
あすは父に母の経緯を話さなくてはなりません。ソーシャルワーカーの指導の下そのような結果となり、病に伏せる枕元でどう話すべきか悩むのであります。
今は昔と違ってなんでも明らかにして、その後のことは色々な人の手を借りて自立支援の手助けを行ってくれるようです。余命については本人の意思がありますので勝手に明かすわけにはいけないんでしょうね。また今日も眠れそうにありません。



遜 龍明




by fotografkei | 2017-04-12 20:34 | 小型野鳥


<< 来ない彼女、カワセミ嬢      パスワードと暗号について >>