カメラから覗く50m

今回はレンズを比べてみた。

a0330864_18323274.jpg

パナソニック20mmf1.7というパンケーキレンズ。オートは遅いが解像度は良い。
焦点距離20mm*2(マイクロフォーサーズ)*25倍(スコープ)35mm換算、1000mm相当
距離は50mを越えている。

a0330864_18324167.jpg

こちらはオリンパス25mmf1.8というレンズであるが非常にスコープとの相性は良い。
25mm*2*2倍内蔵テレコン*25倍 35mm換算、2500mm相当

a0330864_18324844.jpg

a0330864_18325504.jpg

この場所は暗くスコープを扱う上ではISO感度が上がり、ノイズが顕著に現れる。
パナソニック20mmf1.7でスコープ25倍 35mm換算 1000mm相当

それでもノイズが目立つ。一眼カメラと違い、やはり画質が落ちるのだろう。
デメリットばかりではない。条件さえ良ければ120m先のオオタカがノントリで撮影できる。
その組み合わせは、25mm*2倍テレコン*40倍 35mm換算 4000mm 画質も確かである。
一眼にはありえない焦点距離。それが魅力でデジスコに手を出したわけだが複雑な気持ちである。
こうなると各メーカーのレンズを試してみたい衝動に駆られる。事実買っては売りを繰り返している。
たぶん落ち着くことは無いだろう。



遜 龍明



 
by fotografkei | 2017-09-14 18:52 | カワセミ

野鳥撮影を主に発信しています。


by 遜 龍明