2017年 01月 22日

メジロデー20170122

今日は撮影がありませんので昨日撮影したものを、、、
午後からいつもとは別のフィールドへ、

a0330864_13403884.jpg

この頃道が覚えられない!
このフィールドへは鳥友さんの車の後を追いかけるように出かけた所。

a0330864_13404963.jpg

たしかここを「曲がったよなぁ」
違った。Uターンしてなんとなく記憶に残る建物を思い出す。

a0330864_13410227.jpg

現役の頃は太陽を見ながら方位を悟り車を走らせたことがちょっとした自慢。
そう、目的地を方位から割り出してたどり着く、確かに遠回りすることもあるが、
回を重ねることでショートカットを覚えたり、仕事柄多くの拠点を廻ることから頭にある地図に強い自分だと思っていた。

a0330864_13411248.jpg

・・・・・
だめだわ、トンとこの頃地図が頭に浮かばない。
運転していてもどこをどうやって走ってよいか迷うのである。
歳とあきらめるのはなんとも早、受け入れがたい。

a0330864_13412288.jpg

人間脳細胞は死んでは生まれるを繰り返す。しかし脳細胞を活性させる刺激がなくなるため物忘れや反応が鈍くなるのだ。
一口に「刺激」といっても決して同じものではない。会話をしたり、新しい友人を得たり、喜びを得たりすることで脳内物質(ドーパミン)が活性される。
総合的にそれを「快楽」といわれるがその快楽をいくつになっても得る必要がある。
快楽を何に求めるか、好きなものを食べたりやりたいことをやる。ほしいものを手に入れる。人が何を言おうが、どう思われようが、好きなように暮らすことが必要なんだろう。
つまり空気の読めない人間のほうがいいのかもしれない。
脳の活性には空気が読めない、好き勝手に行動する。そんな人生のほうがいつまでも若くいられる秘訣かもしれない。
身内は「好き勝手していて何がもんくあるの」なんていうが、私はどうもそのような人間になれそうに無い。
普通に歳をとるんだろう。しかしボケだけは勘弁してほしい。



遜 龍明





by fotografkei | 2017-01-22 14:45 | 小型野鳥


<< カワセミ日記20170123      ルリビタキ日記20170121 >>