日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 08月 24日

Leica(マイクロフォーサーズ)のレンズとデジスコ




私はこの夏から縁あってデジスコに変更、レンズとの相性にあって悩むこと然り、
カメラはPanasonic Gx8
スコープはSwaroski STX25-60X85
レンズLeica 25mm f1.4 (Panasonic)に変更
接続はデジスコドットコムのカプラーTA-4を使用(46mm→58mmSTEP UPリング)

a0330864_14005252.jpg

上記のセットのままではケラレが顕著に現れる。
Leicaのレンズは前玉が球状に大きくせり出ている。おそらく広角域の角度が広いため通常の50mmレンズよりスコープとカメラレンズとの幅が広くケラレが生じるものと思われる。(デジスコ撮影をされていない方には何が何だかちんぷんかんぷんですね)
そこで考えたのはSTEP UPリングを外し、直接カメラレンズをカプラーに押し込んでみた。
そのままではカプラーの径のほうが大きいため固定できない。カプラーの内径に1mmほどのクッションゴムを当ててみた。何とかぐらつきがないほどに固定。しかしネジで固定されていない分カメラを固定する必要がある。

a0330864_13103798.jpg

このようにカメラとスコープは一体化している。
カメラレンズとスコープのレンズはお互い干渉なく接合できる(カメラレンズの面にグリスを少々、接合して見たがスコープにグリスが付くことはなかった)

a0330864_14010352.jpg

ケラレも無く満足いく作品
Av2.8
SS1/1000
ISO1250
Ev-0.7
焦点距離2500mm(被写体まで目測15m)
スポット測光

a0330864_14011593.jpg

Av2.8
SS1/500
ISO6400
Ev+1.0
焦点距離1250mm(被写体まで目測5m)
スポット測光

一昨日カプラーTA4-2(TA4より2mm間隔が短い)を注文して見た。
今日届いたので早速交換。あいにくの天気であるためカワセミの撮影はできないが、窓から調子を見る限り全域ケラレが確認できない。
ただし、アスペクト比3:2ではスコープのズーム域で若干のケラレが見られる。
私はもともと3:2が嫌いで、いつも4:3で撮影している。まったく問題ない。
今回「でじすこや」冨野店長には大変お気づかいいただきTA4-2のカプラーの情報を頂きました。ブログにてお礼申し上げます。
これで明日にでもカワセミの撮影に行ってきます。また情報更新いたします。なぜLeicaのレンズにこだわるか? 次回書いてみます。



遜 龍明







by fotografkei | 2016-08-24 15:13 | SWAROVSKI | Comments(2)
Commented by kyuujitunituki at 2016-08-25 09:40
Capa様、こんにちは。
デジスコも奥がふかそうですね~。
一生懸命していると、必ず誰かが助けてくれる
良い人脈をお持ちでいらっしゃる。
Capaさんのお人柄がうかがえますね。
こちらは、今日で27日間連続の猛暑日となる予定です(笑
秋は、そこまで来ているのですが台風と一緒にやってきそうです。
先日の日曜日、久しぶりに玄関開けたら歩いて1分の川にカワセミさんのコバルトブルーを見かけました。無事に巣立ってくれたのでしょう。
いつの日か、こちらのカワセミさんにモデルになってもらいたいものです。
意思の疎通ができるまで、まだまだ長い道のりのようです。
10号の動きが気になります。
ご注意下さい。
Commented by fotografkei at 2016-08-25 11:41
kyuujitunitukiさん、こんにちは
このところ多忙につき、なんて暑さに負けているだけです。笑)
しかしこの暑さは過去に経験したかなぁ~、夜何度も起きて少々不眠症です。
デジスコの面白さはレンズやカメラを替えることで画質の違った作品が撮れます。
今までは一眼で何年も撮り続けていましたが、この楽しさを今になって、
難しいが故に楽しい。そう言っても過言ではないでしょうね。

そちらではカワセミの若が見られるのですか、いいですね。
いつかkyuujituさんのブログで拝見できるのを楽しみにしています。
そろそろ夏の疲れが出始める季節になりましたね。朝は涼しかったのですが、いまカワセミの撮影から帰りました。湿気が多く疲れますね。御身大切に!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< カメラレンズテスト      ユリにカワセミ >>