PANASONIC DMC-GX8の使用感




a0330864_10234814.jpg

被写体までの距離は約15mでしょう。
カメラの設定はEXテレコン(2倍)、スコープの倍率は25倍、焦点距離は1250mm
ノントリ画像です。画素数は830万画素、絞りf5.6、SS1/1300、ISO1000

a0330864_10235316.jpg

PANASONIC DMC-GX8は有効画素数2030万画素、焦点距離は同じ1250mm、絞りf1.8、SS1/800、ISO1250被写体までの条件は同じ。800万画素といっても画質的にはストレスは感じない。

a0330864_10240088.jpg

a0330864_10240843.jpg

4k動画から切り出した画像はやはり830万画素。焦点距離を3500mm(35倍)までスコープの倍率を上げてみた。
絞りf9.0、SS1/640、ISO1600、倍率を上げると暗くなるので撮影条件は一眼と違ってかなり悪くなる。やはりISOを低感度に、SSを押さえるようにすると画質低下を押さえ、被写体を引っ張ることができる。

a0330864_10241613.jpg

この画像は被写体までの距離が40~50m(目測)、焦点距離は4500mm(45倍)、絞りf1.8、SS1/60、ISO1600、画素数は830万画素一眼と違って画質は被写体とカメラの間に空気感を覚える。一眼レンズとの価格差は望遠鏡とカメラレンズの差であろう。
私はさほどその差を気にすることは無い。そういうものだと受け入れればいいことであって、一眼では写せない被写体を写すことに快感を覚える。もちろんこの画像もノントリです。ただ倍率によっては若干四隅にケラレが出るが、ん~これも受け入れる必要があるかな? 何ならトリミングで解決できる。

レンズの差について書いたようだが、カメラはGX7からGX8に換えることでかなりの画質に差が出る。やはり1600万画素と2030万画素の違いであろうか、
4K動画(4Kプリ)に設定することでシャッターを押した1秒前と1秒後の60コマを830万画素で切り出すことが出来る。
同じように10秒間300コマを連写することもできる。これは今までのカメラの常識を変えたね。メカシャッターでは瞬間を切撮ることが難しいが、4Kプリならいとも簡単に撮れてしまう。ミラーレス特有のシャッターのタイミングロスをなくす画期的な進歩。そのGX8本体価格が9万前後で購入できることも懐にやさしい。
うわさではCANON 1DxmarkⅡの動画機能を使ってオリンピックの撮影が行われるとあるが、この時代にあってカメラの常識を打ち砕く必要があるようだ。

私?・・・ 打ち砕きました。大きくトリミングして粒子の荒れた写真より空気感を選ぶな、、、

午後からは芸術展会場当番です。

遜 龍明





Commented by kyuujitunituki at 2016-07-27 16:36
Capa様、こんにちは。
そちらも、暑い日が続いているのでは?
楽しいカワセミさんの撮影が続いていますね。
ノントリでここまでの解像度が見れるとは、日々時代は進んでいますね。
組み合わせ云々はいまいち理解できませんが、何にしても良いものは良いです。
個々に応じた楽しみ方、何も問題ないと思います。
芸術展もご盛況でしょう!(^^)!
Capaさんの取り組み、皆様の努力の成果が楽しみですね。
猛暑日が続く、九州からでした_(._.)_
Commented by fotografkei at 2016-07-28 18:51
kyuujitunitukiさん、こんばんは
もう今日など湿度が高く大変な一日でした。
カワちゃんの撮影は機材が変わることで新たな取り組み、設定を変えて楽しむ。
遠くのカワちゃんも諦めず撮ったりして、作品の良し悪しは見る方が感じていただければいいことであって、自己満足の世界ですね。笑)
芸術展初日から多くの方にお越しいただきました。作品の説明に明け暮れておりました。年々作品のグレードが上がっているといううれしいお言葉も頂いております。
関東はようやく梅雨が明けたとのこと、こちらでは蝉の鳴き声が耳障りでもあり、すでに夏の終わりを告げているようです。
どうぞご自愛いただき山行をお楽しみくださいね。ありがとうございました。
Commented by watanabe-photo-st at 2016-07-28 20:09
こんばんわ
ハードに関しては 今もってフィルムがいいという小生は 生きる屍以前の死んだ屍の感がします 時代は全く変わりました

最後となる 弟子がいますが どのように教えようか?
暫くは 美学をからです
14代拝
暑いデス 御身大切に

Commented by fotografkei at 2016-07-28 20:35
14代さん、こんばんは
ハードは変われどもソフトなる感性はいつの時代も変わりませんよ。
今もって「土門 拳」さんは私の憧れです。
撮ってもブログ向きではありませんね。笑)
今回芸術展に出品しましたものは「心象写真」、舞台俳優の一面を撮ったものです。
今年も9月になると舞台の撮影が待っています。
このような作品は時代に関係なく美を追求したものになります。
「美学」、喜怒哀楽これすべて美であります。そこに境界線が無いのはうれしいですね。
14代さんもどうぞお体を大事に、またの出逢いを楽しみにしております。
Commented by miyakokoto at 2016-08-03 11:17
ご無沙汰になりました<(_ _)>
 御地の方では激しく落ちたり・・・しておりますネ
>落ちた・・・!? コンテストに・・・思いました。失礼は笑って
お許し下さいませニコ(*^_^*)ニコ
写真展が近くにあれば拝見させて頂きたいです。
カワセミは何時までも居るのですネ 羽の色は変わって居ますが・・・
翡翠色の頃が一番綺麗なのでしょうか?
魅せて頂き有難うございます。
Commented by fotografkei at 2016-08-03 19:36
miyakokotoさん、こんばんは
この頃皆様のところへお邪魔できずご無礼しております。
カワセミは「留鳥」ですから年中会えますよ。カワセミは縄張りを持つと2~3年その場を死守します。
カワセミの綺麗な時期は11月から翌年の2月頃です。年が明けますと婚姻色が強くなり、背中にコバルトグリーンの色が現れます。残念なことに今の時期はその色が見えないんですよ。色が良くなりましたらまたアップしますね。
今回の写真展に展示しました作品は肖像権が発生しますのでここでの公開は出来ず残念です。いつも観光気分で拝見しありがたく思っています。
Commented at 2016-08-05 19:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by fotografkei | 2016-07-27 11:26 | カメラのこと | Comments(7)

野鳥撮影を主に発信しています。


by 遜 龍明
プロフィールを見る