日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 05月 14日

清涼感




a0330864_21170481.jpg

今盛りを迎えた新緑の京都を美しく飾る「鴨川をどり」は、
輝かしい伝統と 磨きあげられた洗練の美を誇る京の年中行事。

a0330864_21171153.jpg

舞妓さん、暑いさなかそれを感じさせないいでたち
鴨川をどりの茶席は、立礼式によって行われます。この式は椅子点といって、
明治5年仙洞御所で博覧会が開催された際に、
裏千家11代目玄々齎宗匠が外人客の接待のお茶のために考案された点前作法。

a0330864_21171742.jpg

京都もこれから観光客が増えるでしょう。
芸子さん、舞妓さんの撮影かなうはずもなく、ただ夢見るのであります。

a0330864_21172607.jpg

今回真夏日を思わせる昼日中、バラは逆に涼しさを与えてくれたのであります。

さてさて、このごろ鳥の撮影がないといわれる。
カワセミに始まって9年の月日が流れようとしている。そろそろ被写体のシフトが必要ではないか、
趣味がいつの間にやら仕事となり、会社設立。
おかげさまでいろいろな方からお声がけを頂き順調な滑り出しとなりました。
しばらく鳥とは縁のないブログになりますが、
よろしくお付き合いくださいませ、ませ、、


遜 龍明








by fotografkei | 2016-05-14 21:40 | 花写真 | Comments(2)
Commented by miyakokoto at 2016-05-20 21:23
こんばんわ(^^♪
 お忙しいようですネ
お元気な証拠ですネ 得意な分野でお仕事が出来る事は最高ですネ
>赤いバラが素晴らしいです。 ワタシは赤がつぶれてしまいます。
Commented by fotografkei at 2016-05-21 09:01
miyakokotoさん、おはようございます。
ありがとうございます。
低期高齢者の私でも働く場を与えていただけることを感謝しています。
ところで昔から「赤ボケ・黄ボケ」といいまして難しい色表現なんですね。
私はスポット測光で測光点を変えながら補正を調整します。
同じカットを5~6枚、またはそれ以上撮影します。
ただそれだけでは飽き足らず「年賀はがきの赤」を基準に色調整をしていますよ。
ご参考になれば、、、
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 旅に出ました。      光の中へ >>