2016年 04月 04日

もうピークに達したかな?



a0330864_19544146.jpg

a0330864_19545276.jpg

a0330864_19545882.jpg

a0330864_19551248.jpg


今日は写真展の当番、
月曜日にもかかわらず多くの方にご高覧いただきました。
帰りには「桜散る」、
実に儚さを感じる。
花吹雪の中帰ってきました。


遜 龍明





by fotografkei | 2016-04-04 19:59 | 花写真 | Comments(6)
Commented by korekazu at 2016-04-04 20:03
人物の入れ方が巧みでらっしゃいますね。
一気にドラマティックに感じられます。
Commented by kyuujitunituki at 2016-04-04 21:09
Capa様、こんばんは。
実に楽しそうな桜撮影ですね。
心にゆとりが無いとできませんね。
もっと、楽しんで切り撮るようにしたいと思います。
レンズを覗きながらニコニコされているのが目に浮かびますよ。
メジロさんは、意外に首が延びるんですね。
新たな発見をさせて頂きました!(^^)!

昨日は、栽培された貴重な花たちを雨上がりに撮っていましたが
何故か、いつものようにシャッターを押せませんでした。
やはり、自然の中に何気に微笑んでくれている花の方が良いみたいです。
Commented by fotografkei at 2016-04-05 21:37
korekazuさん、こんばんは
ありがとうございます。
人を入れるときは声をかけるのですが、
自然を撮るならこんなことをしないといけないのは寂しいですね。
Commented by fotografkei at 2016-04-05 21:42
kyuujitunitukiさん、こんばんは
ありがとうございます。
わかりました?
カワセミが来ない間は眼が泳いでいます。笑)

ライティングの練習で切り花を撮っていたんですが苦痛でした。
「練習」「学習」といった言葉に拒否反応を示すのは私だけではないですね。
Commented by miyakokoto at 2016-04-06 10:48
こんにちわ(^^♪
 素敵な多重露光ですネ! 昨日も桜で何枚も何枚も練習しましたが、
上手く行きません(x_x;)シュン  諦めず頑張って繰り返してみます。
魅せて頂き有難うございました<(_ _)>
Commented by fotografkei at 2016-04-06 19:09
miyakokotoさん、こんばんは
ありがとうございます。
焦点距離600に1.4倍のテレコンを入れています。
圧縮効果で適度なボケが作れるんですよ。
花写真などもこの超望遠で撮影します。
バラの花やこれから咲く花菖蒲、アジサイはこの組み合わせに
接写リングを入れて最短撮影距離を縮めます。
多重を使わなくても背景がしっかりボケてくれます。
多重の面白いのは重ねる枚数によって一枚目をまったくボカシてしまい。
2枚目に主役になる花にしっかりピントを合わせ、
3枚目に主役の花のピントリングを望遠側にずらすと輪郭が大きくボケます。
このようにすると柔らかい多重露光ができますよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 純白に埋もれて      満開 >>