日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 01月 28日

ヤマセミ


昨日撮影しました「ヤマセミ」
久しぶりに訪れた。
a0330864_20310286.jpg

やっと現れたヤマセミ、背打ちの綺麗なところを頂きました。

a0330864_20304149.jpg

しかし被写体まで遠い、1,344mmで撮影しても200万画素までトリミング。

a0330864_20303585.jpg

もっと近くで撮影すべきでしょうが、このヤマセミ撮影場所には「主」がいるんです。
どうしてかな? 指を咥えてあえて遠くから撮らなくてはならない環境。

a0330864_20304831.jpg

a0330864_20305543.jpg

画素数が少なかろうと、こうしてブログアップできることは良しとすべきかな?


by capa





by fotografkei | 2016-01-28 20:38 | ヤマセミ | Comments(4)
Commented by miyakokoto at 2016-01-28 21:02
こんばんわ(^^♪
 最後の作品・・・下へ下がる白い線・・・
此処まで写るのですネ んん・・・
此の間大阪城でお会いしたカメラマンさんに「本を読んで勉強しなさい」と
言われました。その通りですが、難しいですネ
Commented by fotografkei at 2016-01-28 22:02
miyakokotoさん、こんばんは
ありがとうございます。
少々画質が落ちますがなんとか、
最後の作品は前触れがあるんですよ。このように木止まりで尻尾を大きく上げ下げをしますと、、、
ファインダーを除いて観察していると飛び出しの瞬間だって時としてわかりますよ。
渡り鳥がいつやってくるか、どのあたりにやってくるか、やはり毎年のデータをまとめておく必要があります。
私は珍鳥ハンターではありませんので、範囲は狭いです。
本で読むのもお金がかかりますから、もっぱらネットサーフですよ。
Commented by watanabe-photo-st at 2016-01-29 05:17
おはようございます
和歌山にいたとき 大学の演習林でよく見ました
上流域の小さい河川でしたが 気にする様子もなく魚を捕食していました

これだけ撮れていれば・・・取り敢えずはよしとしませんか
14代拝
Commented by fotografkei at 2016-01-29 07:49
14代さん、おはようございます。
やはり生息域を山間に、プチ遠征です。
ありがとうございます。
600mmに1.4倍のテレコン、Aps-cですから1,344mm、もう限界です。
止まりものなら2,400mmまで伸ばすことができるのですが、
飛びものも考えるとやはり限界ですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 会話の無い朝      ハクセキレイ >>