日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 12月 19日

在庫の中から


来週中まで撮影は有りません。ひょっとすると年内?
今はPCで仕事を片づけます。
そちらの方が体には辛いかも・・・

a0330864_17081485.jpg

カワセミの♂突然飛来が無くなりました。
噂は噂を呼び、猛禽に捕食されたか?
自然界のことですからそれもありかも、、、

a0330864_17094248.jpg

代わりに♀が飛来捕食するようになりました。
♀の縄張りのほうが春には求愛行動が見られますから、

a0330864_17094922.jpg

ちゃっかりモズもカワセミの止まり木に、

a0330864_17095453.jpg

そういえば、モズがこの木に止まるのは初めての撮影のような、

a0330864_17100087.jpg

気まぐれにルリビタキが現れます。

重い機材を持っての撮影は来年までお預けかな?????


by Capa




by fotografkei | 2015-12-19 17:18 | 小型野鳥 | Comments(2)
Commented by fucanon at 2015-12-19 23:14
Capaさん、こんばんは。
いつもながらキレのある御写真素晴らしいですね
7Dの件ですが
Capaさんのような理論と経験を併せ持った方に、こちらからお伝えできることは何もありませんが
7Dでは私の方が先輩なので、私の経験から得た使用感を書いて見ます
7Dの発売当初のメッセージでは、高感度に強くなったということでしたが
先代7Dとあまり変わっていないように感じています
ノイズに対しての受け取り方は、個人差が有るようです
私は、7DではISOオートで使っていますが、上限をISO1600に設定しています
明るいところでISO感度を上げても問題ないですが、肝心の暗いところでは暗部に
ノイズが目立ち、実際の所ISO感度1600まで上がるような暗い所の画像は使えません(ブログでは問題ないですが)
やはりこういう場面では、フルサイズが有利ですね
ですから、暗いISO感度を上げて撮るような場面では5Dを使うようにしています
ちなみに、5Dでは上限を3200に設定していますが全然こちらの方が高感度耐性はすぐれています
5Dを導入した最初の理由は、先代7Dの高感度耐性の無さでした
やはりフルサイズはノイズに強いですね
やはり、作品作りには1DXが最適だと思います
テレコンつけて画質が落ちるとは言っても、APS-Cには負けません
値段の違いは伊達じゃないんですね
メーカーだって、プロ機より良いミドルクラスのカメラを、技術が有ったとしても
出す訳が有りませんね
そんなことしたら自分の首を絞めてしまう、上級機が売れなくなってしまいますから
私も財力が有れば、1DXと思っていますが今は我慢です

参考にならないと思いますが、私の感じてる所を記してみました
Commented by fotografkei at 2015-12-20 08:32
fucanonさん、おはようございます。
ありがとうございます。
おっしゃる通りの感想を持っております。確かにISO1600が上限のようですね。
明るいところに出てくる被写体はまだしも背景が暗いところでは1600でもノイズが目立ちます。
当初前機7Dはノイズが目立つためほぼ1カ月で手放しました。
やはりミドルシップ機は限界があるのですね。
ニコンの7200も同じような作品が出来上がるようです。ハイアマの5Dは候補に挙がっていませんでした。
1Dx今は防湿庫で眠っておりますが、単写で良いからもう一度使ってみます。
(修理代がお高い!笑)
懇切丁寧に御回答いただき誠に持って感謝いたします。
fucanonさんの探究心に感服いたします。これからも教えてくださいね。
ありがとうございました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< a splash      16:9 >>