日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 12月 18日

16:9


sony α7は写真のアスペクト比が3:2および16:9を選ぶことができる。
35mmフルサイズの場合3:2と通常見慣れた縦横比である。

a0330864_19271599.jpg

現在フルハイビジョンテレビ(フルハイデフィニションテレビ)は縦横比が16:9となっている。
私のPCモニターもやはり16:9なのであります。
すっかり慣れてしまったのかノート型のモニターを見ると非常に違和感があるのです。

アナログ時代テレビのモニターは4:3なのであります。
ちなみに写真の全紙サイズは5:4なのであります。(どうでもいいことなのですが)

a0330864_19272254.jpg

たまにはカメラの設定を変え16:9で、
撮影後の写真を背面の液晶で確認する限り若干の違和感、構図を整えるのに数枚の撮り直し。
こうして出来上がると満更ではないのであります。(自己満足)


by Capa




by fotografkei | 2015-12-18 19:48 | 花写真 | Comments(2)
Commented by miyakokoto at 2015-12-18 22:59
こんばんわ(^^♪
 矢張り大きさが色々有るのですネ
椿の花弁がどれも綺麗ですネ 椿は好きな花の一つです。咲いてくると
花弁が痛んで居るのが多くて・・・お見事でした!
Commented by fotografkei at 2015-12-19 17:22
miyakokotoさん、ありがとうございます。
写真といえば35mmの3:2が定番になっているようです。
しかし、フィルム時代は中判カメラや大判カメラのように比率はそのように、

椿はヒヨドリやメジロに痛めつけられます。鋭い爪で留まればすぐ傷んでしまいますね。
花を見つけるのが撮影より大変ですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 在庫の中から      冷え込みが・・・ >>