ナルキッソス


己を知らないままでいれば、長生きできるであろう テイレスアート

a0330864_08482234.jpg

ギリシャ神話に出てくるナルキッソスが水を飲もうと、水面を見ると、中に美しい少年がいた。もちろんそれはナルキッソス本人だった。他人を愛せないナルキッソスはひと目で恋に落ちた。そしてそのまま水の中の美少年から離れることができなくなり、やせ細って死んだ。

a0330864_08481331.jpg

話には続きがあるのです。
ナルキッソスが死んだあとそこには水仙の花が咲いていた。この伝承から、スイセンのことを欧米ではナルシス(Narcissus)と呼ぶ。また、ナルシスト(ナルシシズム)、ナルシシストとも言う言葉の語源でもある。

セグロセキレイはこのように水辺で餌を探すのであるが、その姿がいつか読んだナルキッソスの物語を回想させるのである。
水仙ね。今日は椿を撮影に出かけるのですが、まだ水仙は咲いていないよね。(フラワーショップへ行けば・・・)



by Capa


Commented by kyuujitunituki at 2015-12-08 12:47
Capa様、こんにちは。
この話、前半は知っていましたが後半は知りませんでした。
水仙にまつわるお話をありがとうございます。

どんな、椿はどんな表情を見せてくれるでしょかなぁ。
楽しみに、お待ちしたいと思います。
Commented by fotografkei at 2015-12-09 17:57
kyuujitunitukiさん、こんばんは
ありがとうございます。
椿は少々早かった気がしますが何れアップしますね。
それより素晴らしい紅葉に出逢えました。
その感動のほうが大きく、やたら空に向かってシャッターを切っていました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by fotografkei | 2015-12-08 09:05 | 小型野鳥 | Comments(2)

野鳥撮影を主に発信しています。


by 遜 龍明
プロフィールを見る