日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 10月 15日

純白に輝いて



ミサゴを待つ間にカメラのすぐ横に舞い降りたコサギ、
西日に透けてとても綺麗でした。

a0330864_18450500.jpg



by Capa




by fotografkei | 2015-10-15 19:01 | 水鳥 | Comments(6)
Commented by miyakokoto at 2015-10-15 20:04
こんばんわ(^^♪
 綺麗に羽を広げた様は雅ですネ
一瞬の光を取り入れて流石だと思います!
うっとりします。
Commented by watanabe-photo-st at 2015-10-16 06:38
おはようございます
白鷺を見ていると モノクロの時代を思い出します

綺麗ですねぇ・・・

田中徳徳太郎さんでしたか ”しらさぎ”の写真集には感動したものです
黒い風景の中で浮かび上がる 飾り羽

でも 動物写真を撮ることがなく時間がたちました 14代拝
Commented by kyuujitunituki at 2015-10-16 07:23
Capa様、おはようございます。
白鷺の羽根が優雅ですね!(^^)!
一筋の光の力を撮りいれられ、一層羽根の純白が表現され
モノクロの素晴らしさを改めて感じました。
一瞬、カラー?と思うくらいのコントラストが素晴らしすぎです。
モノクロでも表現のやり方でここまで違うのかと感じました。
ありがとうございます。
Commented by fotografkei at 2015-10-16 08:05
miyakokotoさん、おはようございます。
太陽が真上にあると諧調がでません。
こうして射光になると綺麗ですね。
色はいらない、モノクロに変換して表現していますが、
露出はかなりアンダーで撮っています。
綺麗ですね。白鷺
Commented by fotografkei at 2015-10-16 08:07
14代さん、おはようございます。
いかがですか、畑に舞い降りることはありませんか?
といってもいつもカメラ持参で畑仕事はできませんね。
朝の光と夕景は優雅な表現、朝は色温度を高く、青白い鷺も撮りましたが、
やはり夕景に勝るものはありませんね。これからでも遅くはありませんよ。
Commented by fotografkei at 2015-10-16 08:11
kyuujitunitukiさん、おはようございます。
モノクロも色を感じ取ることができると一流と言われます。
まだまだその域には達していませんが、勉強の助けになります。
もう少し寒くなりましたら湖面(農業用水ため池)に靄がかかったら朝一で挑戦です。
週末は山行ですか? 楽しみにしております。お気をつけて・・・
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 光と影、ミサゴ編      ミサゴの効き足(検証) >>