クセ玉です。

今回は標準ズームレンズの元祖、「ヨンサンハチロク」(あるいは「よんさんぱーろく」)の愛称で親しまれたニコンのレンズ。

a0330864_10490857.jpg

昭和38(1963)年に発売されたこのレンズは、ニッコールレンズとしては「Auto NIKKOR Telephoto-Zoom 85~250mm F4~4.5」、「Auto NIKKOR Telephoto-Zoom 200~600mm F9.5~10.5」という二本の望遠ズームに続く三本目のズームレンズであり、国産で初めて世に出た標準ズームレンズである。

今回手に入れたZoom-NIKKOR・C Auto 1:3.5 f=43-86mmは、その第一世代のレンズをマルチコート化したもので、昭和49年(1974)に発売された第二世代であります。

a0330864_10492368.jpg

絞り開放で撮影してみると、トンネルエフェクトや周辺の解像低下が見られる。さらにディストーション(歪曲)が顕著に表れる。広角側では樽型、望遠側で糸巻き型に大きく発生しており、2枚目写真の左にある支柱が樽型に歪んで見られるのがわかるだろうか?
絞り込んでスナップ撮影をしている分にはそれほどでもない。当時としては収差補正がしっかりしている。また逆光では1枚目写真のようにハロ(ハレーション)がかなりきつい。しかし、それも楽しみの一つと考える。


by Capa






このズームレンズ、今風のレンズのように遠くの被写体を引き付けるのではなく、凸レンズの作用をする第 1 群と、凹レンズの作用をする第 2 群と、凸レンズの作用をする第 3 群からなる機械補正式の「3 群ズーム」タイプで、第 2 群をフィルム面に対して固定し、第 1 群と第 3 群が異なる動きをしながら被写体側に前進することによってズーミングをおこなうしくみである。ちなみにレンズ構成は7郡9枚。

a0330864_10493552.jpg

a0330864_10495741.jpg

何を言っているのかって? この代物ズームレンズなのにヘリコイドが一つなのである。ズームとピントがひとつのヘリコイドで合掌するのである。したがって被写体に歩いて近づかなくてはならない。単焦点レンズのようでもあり、ズームレンズでもあるのです???。

a0330864_10503911.jpg

a0330864_10515170.jpg

発売当時は¥38,000.-という値がついた。今回はジャンク品扱いで¥2,000.-で手に入れた。前玉に少々カビが生えていたが掃除をしてまったく問題なし。

a0330864_10520584.jpg

最短撮影距離が1.2mと長いため、私が使用している変換マウントはホクトレンダーから発売されているヘリコイド付きのマウント。フランジパックを延ばすことによって最短撮影距離は0.6mほどに短縮される。しかし、近景撮影状態では当然のこと無限遠でのピントは合わないのであります(悲しいかなこのヘリコイド付きのマウントは高価、普通のレンズが手に入るほどである)。
いや~よいクセ玉が手に入りました。ブロ友のnippaさんの見立てです。感謝!感謝です。




Commented by nippa0927 at 2015-08-23 20:09
ズームレンズの正しい使い方を実践されていますね・・初心者にはあまりお勧めできないのですが・・やはり、安心しました~(*゜▽゜)ノ
Commented by fotografkei at 2015-08-23 20:31
nippaさんこんばんは、
最初は迷いました。ヘイリコイドを回転させると被写界深度がかなり深くなります。
ズームといっても被写体を引っ張るのではなく、単焦点のように寄らないと撮れない。
このレンズ、今の感覚ではついていけないですよ。笑)
もう慣れましたが、開放で撮影する楽しみが盛り沢山です。ありがとうございました。
Commented by kyuujitunituki at 2015-08-24 14:18
Capa様、こんにちは。
人にも個性があるように、物にも個性があるんですね。
単焦点の様な使い方をするレンズなんですね。
初めて知りました。
時代を感じさせないレンズですね。
現代の物は、壊れると使えなくなることが多いですが、良いものは手入れさえすれば長く使えますね。
自分のカメラ・レンズの個性をもっと知らなければいけませんね。
ありがとうございました。
Commented by fotografkei at 2015-08-24 18:27
kyuujitunitukiさん、こんばんは
確かに今のレンズは同じ機種で有れば同じ写りが保証されます。高価になればなるほど、
私もまだこのオールドレンズに魅せられて日が浅いのですが、
同じレンズで同じ写りの保証は有りません。
国産レンズで同じものを数種揃えていますが、やはり違いはありますね。
そこがオールドレンズの魅力なんです。
今のレンズは複雑で1回のお付き合いですね。
製造中止から7年間は部品の供給は有りますが、その後の修理となると高価なレンズも
50/50でガラクタとなってしまいます。
悲しいけど現実です・・・。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by fotografkei | 2015-08-23 11:39 | OLd Lens | Comments(4)

野鳥撮影を主に発信しています。


by 遜 龍明