2015年 01月 18日

ミサゴ久しぶりのテイクアウト

今日は久しぶりのサプライズ!
頭をかじった魚をいつもの止まり木に持ち帰った。
どこかで食べているところを追われたのかな?
それとも私に似て我慢できなかった。買い物途中で食べ歩き!
そんなわけないな・・・

「Capaさ~ん、」
・・・・・
「Capaさ~ん、」
・・・・・
「Capaさ~ん、聞こえるところに見えるんでしょ、聞こえないふりしてもわかってんですから・・・」
a0330864_17043612.jpg

「はい、Capaです、中継ですね。お任せください」
・・・・・
「今回はですね、魚を加えての木止まり、初めてです」

a0330864_17044377.jpg

「いつも後ろ姿ばかりでしたが、今日は運よく左からのスライディングです」
「スライディングは野球用語で地面を滑りながら塁に到達することではないでしょうか」
・・・・・
「いや~それはどうでもいいことなんですが」
「いえいえ、放送ですから正しい用語を使ってください」
・・・・・
a0330864_17044919.jpg

a0330864_17045597.jpg

a0330864_17050437.jpg

「撮影しています私も興奮しまして、何ショットかピンを盗られてしまいました」
「かなり光が強かったようですね。画像に白トビ、黒ツブレが目立ちますが」

a0330864_17051537.jpg

「ちょうどこの時間はですね、太陽が少し東に傾いていましてですね、明暗差が激しいのでデジタルカメラの弱点ですね」
「ということは左からの射光ですね」
「そうです。そうです」

(本当にCapaさんてプロの方なんでしょうか・・・)
「報道写真ですからあまり深く考えないでください。コンテスト用はもう少しましな・・・」

「あら、聞こえていました」

a0330864_17052519.jpg

「木に飛びつきました、魚の頭が少し欠けているのが見えますでしょうか」
・・・・・
「聞こえますか?」

「聞こえていますけど・・・」

a0330864_17053244.jpg

「どうもありがとうございました」
「次回はですね、食事中の表情をお見せいたします。その顔たるやこれぞ猛禽類です」
「そうですか、楽しみにお待ちします」
「それでは明日をお楽しみに」
・・・・・ プ~ン、バリバリ

「先ほどは放送中に不適切な表現がありましたことを深くお詫び申し上げます」

放送終了後
「ディレクターさん、アシスタンスを交換いただけませんか、どうも相性が良くないようです。これでは今後の中継に支障が出ます」
ディレクター:「Capaさん、ではカメラマンを降板させます」
「いやいやいや、と、とんでもない。私の仕事を奪わないでください」
ディレクター:「アシスタントは売れっ子で、降板はさせられません。カメラマンはいくらでも居ますから」
「い、いまのは、と、取り消してください」
「私には18歳を頭に4人の子供がいまして、これがいつも米がない、米がないと喚くんです」
「上の二人は私にそっくりなんですがね、下の二人は隣のご主人に瓜二つなんです。あはは・・・

・・・・・


明日は会合のため撮影はありません。一日お休みをいただきます。 by Capa



by fotografkei | 2015-01-18 18:05 | ミサゴ | Comments(4)
Commented by itohnori at 2015-01-18 20:06
Capaさん、今晩は。
 やりましたね。
獲物を掴んで止まり木に持ち帰ったのですね。
魚の頭がないのが分かる精細なお写真ですね。
白い部分に強い日が当たると白とびしてし勝ちですね。
咄嗟のことなので露出補正もできないので仕方ないですね。
でも、それも1枚だけなので流石と思います。
Commented by fucanon at 2015-01-18 21:31
こんばんは、
魚を持ち帰ったミサゴを見事に撮られていますね
これだけ背景が複雑な場所でピンがしっかりきていますね
流石です
頭がない魚をミサゴが運ぶ姿良く見かけますが
食事中カラスに邪魔されたのでしょうか
大きい魚だと頭を落として持ち帰るなどと聞いたことありますが、どちらなのでしょう

放送終了後のディレクターとCapaさんの会話、どこまでほんとなのですか~

Commented by fotografkei at 2015-01-19 13:49
itohnoriさん、こんにちは
やりました。でもこの2日前この止まり木からダイレクトで飛び込んだそうです。
それも2回、1回は失敗して2回目に魚を掴んで上がってきたそうです。
この日は別の池で捕食したようですね。
いいんです。これからも通い詰める心がメラメラ燃え上っています。笑)
言われるように露出を操作、見つけたのはすでに頭の上でした、旋回することなく飛びつきました。
明日も出かけます。コメントありがとうございました。 by Capa
Commented by fotografkei at 2015-01-19 14:03
fucanonさん、こんにちは
やはり、頭のない魚を持ち帰るのですか、
カラスが騒げば少々遠くとも気がつくんですよ。
「あっカラスがやかましい、ミサゴが餌を捕ったのでもうすぐ来るかも」ってね。
でもこのときは全く不意を突かれました。いつものコースと違うのです。

測距点は1点で撮影しています。領域拡大や全点ですとどうしてもピンが甘くなりますね。
しかし、確実な作品としたらおそらく数では同じかもしれません。

ディレクターとの会話は落ちがあるんです。
「あははは、隣のお子さん二人とも私にそっくりなんです。なんですかねぇ」ちゃんちゃん!

時折ストーリーが頭に浮かんでくるんです。
「えい、こんな風に書いたら面白いだろうな・・・あははっ」ってね。
漫才師かわたしは・・・
笑っていただければ幸いです。なお、
「これはフィクションであり現実とは異なっております。作者の意向を尊重し再現したものであります」
コメントありがとうございました。 by Capa
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ミサゴのお食事、まだ生きています。      カワセミだけじゃないよ! >>