ミヤマホオジロ狙いで行ってきました。

今日はゆっくり起床
のどが痛い??
まさか、こんなに元気なのに・・・
外に出れば治る!
というわけで、お約束通りミヤマホオジロに逢ってきました。

シロハラ♂
a0330864_16302373.jpg

スズメ目ツグミ科。全長 24cm。背面は暗オリーブ褐色,喉は暗灰色,腹は白い。ロシア沿海地方,ハバロフスク地方,中国東北部と,朝鮮半島などに繁殖分布し,日本や朝鮮半島,中国南東部で越冬する冬鳥。雌雄同色であるが雌は顔や腹が白っぽい。

ミヤマホオジロ♂
a0330864_16293853.jpg

スズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類される鳥類、夏季に中華人民共和国や朝鮮半島、ウスリーなどで繁殖し、冬季には中華人民共和国南部や日本、台湾へ南下し越冬する冬鳥。

ミヤマホオジロ♀
a0330864_16295423.jpg

全長が約16 cm、翼開長が約21 cm。雌雄ともに頭頂の羽毛が伸長(冠羽)する。尾羽の色彩は褐色で、外側の2枚ずつに白い斑紋が入る。

同♂
a0330864_16292032.jpg


アオジ
a0330864_16300873.jpg

同じくホオジロ科の鳥。翼長7cm。極東地方および中国西南部に分布し,日本では本州中部以北の低木林で繁殖し,冬は温暖地の林ややぶにすむ。地上または低い枝に皿形の巣を作り,草の種子や昆虫を食べる。
体色から観ておそらく♂の個体、この写真から雌雄確実なる判別は不可能。

359ショットほどシャッターを切ったが結局RAW現像したのは20ショット。ほとんどがごみ箱行きでした。キャッチライトが入って、全体の雰囲気が伝わる作品だけを残した。
あすは・・・、(薬を飲んで早く就寝)
起きたら考えます。
今日は熱燗にしておいたほうが無難ですな。蒸留水でうがいをして・・・



Commented by itohnori at 2015-01-08 17:24
Capaさん、こんにちは。
 狙った通りの鳥を写せるなんて素晴らしいですね。
それも大きく、はっきり、くっきり。
アオジは暗かったのでしょうが、他のお写真は光がとても綺麗ですね。
ミヤマホオジロの枝止まりはなかなか写せないので良いですね。
Commented by kyuujitunituki at 2015-01-08 17:59
Capaさん、こんばんは。
どれも素晴らしい写真ですね。
そして何より鳥の名前もお詳しくて、感心しています。

フォトマスターの検定試験があるんですね。
過去問題集も少し見ましたが、かなり難しそうですね。
将来、動けなくなった時の宿題にします(笑
ノロウィルス・インフルエンザも流行っていますので
余り無理されない様にご自愛下さいね。
Commented by akubi_i at 2015-01-08 19:36
本当に、
ねらった通り、その鳥に会えて、撮れるのですから良いですね~。
ノドの痛みも忘れちゃうでしょう?(笑)
ミヤマホオジロ、こんなにハッキリと見た事がありませんでしたが、可愛いですね。
♂と♀の見分け方が、今日、分かりました。
Commented by 真珠 at 2015-01-08 22:05 x
こんばんは~♪
ミヤマホオジロ、始めて見ました。
スズメ目なんですね、羽根の色を見て納得してしまいます。
雌雄一緒に見せていただくと、オスはきりりと凛々しく
メスは優しい顔立ちで、人と一緒なんだなと思います。

熱燗は効きましたでしょうか?
こちらでは、インフルエンザ警報が発令されています。
しっかり温まってお休みください。
Commented by fucanon at 2015-01-08 22:36
こんばんは、
きれいなミヤマホオジロ、予告通りしっかり捉えましたね
私は予告しません、すっぽかされること多いですから(笑)

のどが痛い?
撮影が一番の薬ですか、でも油断しないでくださいよ
今、インフルエンザはやってますから
Commented by watanabe-photo-st at 2015-01-09 06:02
おはようございます
皆さんもお書きになっておられますが・・・
狙って撮れる・・・
小生には神業としか思えません 14代拝
美しいです 御身大切に
Commented by fotografkei at 2015-01-09 19:50
itohnoriさん、こんばんは
枝止まり、ピントが合う頃には飛び立ってしまいます。じっとしていませんね。
30分くらいで団体さんが寄ってきます。
目の前にカケスが、10mほどの枝止まり。
残念、飛び去った後でした。反射神経が鈍くなったのでしょうね。
目で確認してファインダーを覗くのを忘れています。笑)
コメントありがとうございました。 by Capa
Commented by fotografkei at 2015-01-09 19:55
kyuujitunitukiさん、こんばんは
カメラに資格は必要ないと思います。感性ですから、
「写るんです」でコンテストに入賞するのですから・・・
自分の心を切り撮るのに試験を受けなくたって、実力で勝負ですよ。
ソフトあってのハードです。頭でっかちで感動する作品ができなきゃなんのための学力なんでしょうね。
そうです、私も体が動かなくなったら頭の体操程度に試験を受けてみます。笑)
コメントありがとうございました。 by Capa
Commented by fotografkei at 2015-01-09 19:58
akubi_iさん、こんばんは
忘れますね。もう明日のことを考えると風邪がどこえやら、
蒸留水のうがいが効いたんでしょうね。
ついでに明日の分まで今うがいをしてきました。笑)
akubi_iさんも日没まで撮影されているようですので、気をつけてくださいね。
コメントありがとうございました。 by Capa
Commented by fotografkei at 2015-01-09 20:07
真珠さん、こんばんは
先ほど更新のブログを拝見しましたが、お世話も大変ですね。
後ほどお邪魔します。
この時期の渡り鳥は綺麗な姿をしていますね。
逢えるのが楽しみです。昨年のデータを参考に撮りもらしのないように準備をしています。
情報がどんどん入ってきますのであっちへこっちへ連絡を取り合って大変ですが、
毎日が生き生きしています。
やはりこの時期は熱燗ですね。長居をしますと「ブブ漬いかがどすか」って言われますので、
早々に切り上げて自分のお城へと逃げ帰ります。笑)
真珠さんも人中に出かけられていますので風邪には気をつけてくださいね。
私は人中にいませんのでその点よろしいのですが、孫に・・・娘、娘婿、そして私に、いや~孫も駄々っ子なら、風邪もしぶといです。
コメントありがとうございました。 by Capa
Commented by fotografkei at 2015-01-09 20:15
fucanonさん、こんばんは
今のところですよ、時折現地入りしたは良いが、「昨日抜けました」チャンチャン!
昨年のコマドリ、一日違いで撮り逃がしました。ところが翌日「今こちらの公園に来ているよ」
すぐさま飛んでいき撮影できました。その二日後抜けましたからね。
旅鳥は情報が命、待った無しです。

そうですね。今の時期家の中にいたら病気です。
あれっ、毎日撮影に出かけるのが病気? どちらなんでしょうね。
fucanonさんも気を抜かないようにしてくださいね。
コメントありがとうございました。 by Capa
Commented by fotografkei at 2015-01-09 20:23
14代さん、こんばんは
やはりこの時期の野鳥撮影は情報が命です。鳥友さんに支えられ撮影しています。
この時期は用事が作れないんですよ。仕事が入ったらどうしようとドキドキものです。
日曜日は成人式の撮影が午後から入っています。これだけはどうすることもできず仕事を優先します。
恩師もお体大切になさってください。
コメントありがとうございました。 by Capa
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by fotografkei | 2015-01-08 17:07 | 小型野鳥 | Comments(12)

野鳥撮影を主に発信しています。


by 遜 龍明