日々カメラと共に

uccello.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 12月 28日

カワセミ、姿を見るに終わる

今日は07:00am現着、早朝の撮影
昨晩は寝つきが遅かった。眠い

a0330864_17191491.jpg

a0330864_17192363.jpg

カワセミが主役、しかし飛来のみで特にサプライズなし、
モズ♂、ジョウビタキ♀、ツグミ♀、ダイサギ冬羽は雌雄判別不可、止まりもののカワセミ♂のみの撮影に終わる。

a0330864_17193897.jpg

動物界脊索動物門鳥綱スズメ目モズ科モズ属に分類される鳥類。
しかし嘴を見る限り猛禽類に分別されるべきか?

a0330864_17195049.jpg

キャッチライトが入れば申し分ないのだが・・・


番外編
a0330864_17313023.jpg

何とダイサギが小型のスッポンを捕獲、食することなく放棄
ダイサギの雌雄見分け方は、繁殖期になると雄の頭に飾り羽が現れ、そのディスプレーで求愛する。雌雄見分けるのはその時かな?

明日は写真同好会の集まりのため撮影はありません。
天気予報も「雨」ちょうど骨休めができます。

火曜日はミサゴの撮影を予定しています。




by fotografkei | 2014-12-28 17:39 | 小型野鳥 | Comments(4)
Commented by itohnori at 2014-12-28 19:46
Capaさん、今晩は。
 7:00am現着ですか!
早いですねぇ。
と言うより熱心さに脱帽です。
 モズが綺麗にそして高精細に撮れましたね。
発色も申し分なしですね。
この様に写せると最高の気分になりますね。

 ダイサギがスッポンを捕えたシーンが面白いですね。
食べられずに放棄してしまったのですね。
甲羅が固くて駄目なのでしょうか?

 明日はこちらは積雪予報が出ています。
野鳥撮影に都合が良いくらいに降ってくれると良いのですが。
Commented by fotografkei at 2014-12-29 08:25
itohnoriさん、おはようございます。
やはり近くで撮影できると画質が違いますね。もちろんトリミングしてありますが少しで済みます。
迷彩テントはやはり必要ですね。目の前の木にとまりますので望遠レンズが最短焦点距離を割って撮影できないことがあるのです。
新しいレンズがほしいですよ。今度発売されたCANONの100~400はすこぶる良いレンズのようです。
1.4倍のテレコンをつけて、7DmarkⅡとの組み合わせはベストマッチ。
焦点距離も最長で896mm、とても軽く手持ちで撮影できます。
作品を見せていただきましたが、とても解像度が良く、後発の商品はどんどん改良されて良くなりますね。
今は「ほしい!」という誘惑と格闘しています。by Capa
Commented by watanabe-photo-st at 2014-12-29 09:16
おはようございます
モズは畑に来て 最終消費者のごとく 威張っています
きらりと光る精悍な目つきは 猛禽類の獰猛さを感じます

スッポンがいるのですね
こんな小さいものを捕らえ 食すつもりだったのでしょうか はたまた 遊びのつもりだったのでしょうかね 聞いてみたいものです 14代拝
Commented by fotografkei at 2014-12-29 20:00
14代さん、こんばんは
モズは小型の猛禽と言っていいでしょうね。
とにかく精悍な顔ですね。

どうも動くものなんでも突くようです。大きな蛙だって一度は咥えますが、捨てますね。
私も写真を見て気がつきました。14代さんにお料理を・・・
訳ないですね。
もう今年も二日となりました。風邪を召されないようによい年をお迎えください。
コメントありがとうございました。by Capa
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 昨日の撮影分から      恋の季節? >>