ミサゴとカラス

今日も半日、ストレスを抱えて帰ってきました。
飛んだり、木止まりに数時間!
最後11:40am飛び出してから一向に帰ってきません。
どこかで捕食して別の場所で食しているんでしょう。007.gif
12:30pmカメラを撤収、後ろ髪惹かれて帰ってきました。

まだ昨日のほうが

a0330864_17280505.jpg

とにかく遠方、200m越え。捕食した魚を狙ってカラスとしばしにらめっこ
a0330864_17290766.jpg

ミサゴが逃げ出した。
a0330864_17292835.jpg

カラスが追う
a0330864_17293917.jpg

a0330864_17294661.jpg

カラスも強いね。執拗に追いかけます。
a0330864_17295934.jpg

やっと逃げ切っていつもの止まり木へ、
a0330864_17301208.jpg

カラスを気にしてか一向に食べようとしません。
しばらくして、食べ始めましたが後ろ向き。
絵にならないので、12:00amカメラ撤収。

a0330864_17302554.jpg

カラスに向かって、えいっ、073.gif
なお、上の時系列の作品とは関係ありません。


明日は別のフィールドへカワセミの撮影に出かける予定です。しかし天気が微妙!




Commented by itohnori at 2014-12-27 19:45
fotografkeiさん、今晩は。
 撃沈どころか素晴らしいお写真をものにされているではありませんか。
カラスに追いかけられているシーンが見事ですね。
ブレていないし、ピントばっちりですね。
それにしても猛禽類が殆どカラスに追いかけられるのは不甲斐ないですね。
ラスト3枚も200m越えのお写真ですか。
精細度が素晴らしいですね。
Commented by fotografkei at 2014-12-27 20:24
itohnoriさん、こんばんは
この作品は昨日のですが、
カラスは集団で行動するときは怖いですね。
このときは2匹でした。オオタカもカラスに追いかけられます。
しかし、時としてオオタカの餌食になるんですよ。
訳がわかりません・・・

最後の3枚は100m弱です。説明不足申し訳ありません。

ここで私も鳥撮影の極意を教えていただきました。
ISOオートで上限を決めて撮影しておりましたが、どうもそれより良い方法があるようです。

まずマニュアルモード(M)にして、SSとAV、ISO感度を固定します。
私の場合、
SS1,600
AV8.0
ISO1600
これでとりあえず固定します。ファインダ内の情報、
特に露出の針を見ながら前のダイヤルでSSを動かし、
空抜けは+1.0、地上は-0.7になるように人差し指で前ダイヤルを調整してSSを変更します。
時間と共に光の加減でISOを上げたり下げたり、その場に応じて変更します。
光が安定しているときは良いのですが、猛禽類などは空抜け、森の中など光がコロコロ変わりますので、
この方法が撮影に適していると思います。by Capa
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by fotografkei | 2014-12-27 17:47 | ミサゴ | Comments(2)

野鳥撮影を主に発信しています。


by 遜 龍明